JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

さらば、金色の眼の女 ~ マリー・ラフォレ逝く ~

Tags: , , ,

 仏メディアによると、女優で歌手の「マリー・ラフォレ」が2日、スイス西部で死去した。80歳だった。1939年、生まれ。「ルネ・クレマン/René Clément」監督の「太陽がいっぱい/原題:Plein soleil」(1960年)でデビュー、「アラン・ドロン/Alain Delon」の相手役を演じて、一躍フランスのアイドルとなった。1960~70年代を中心に歌手としても活躍し、売り上げたアルバムは累計3,500万枚に上るという。1978年以降は、ジュネーヴに在住し、スイス国籍となっている。
   
 私が高校へ入学してからすぐの名画鑑賞会で見たのが、「太陽がいっぱい」。サスペンス一杯のストーリー、「ニーノ・ロータ/Nino Rota」の哀切極まりない音楽、「アラン・ドロン」の際立った二枚目ぶりが話題になった映画であった。しかし、私はその映画のヒロイン、吸い込まれるような眼をもち、実在感が希薄な、まるで「竹久夢路」が描く絵のような女性の「マリー・ラフォレ」に釘付けになってしまったのである。あの物憂げな表情と眼にやられ、いっぺんでファンになってしまった。(参照拙ブログ「青春のシネマ・グラフィティ(2) ~金色の眼の女/マリー・ラフォレ~」


 その後、「赤と青のブルース/原題;Saint-Tropez Blues(サントロペ・ブルース)」(1961)、「金色の眼の女/原題;La Fille aux yeux d’or」(1961年)、「素晴らしき恋人たち/原題;Amours célèbres」(1961年)、「女は夜の匂い/原題;À cause, à cause d’une femme」(1963年)、「ジャガーの眼/原題;Marie-Chantal contre le docteur Kha」(1965年)と立て続けに公開され、ほとんどストーリーなんか覚えていないが、あの眼に魅了された。間違いなく我が青春のシネマ・グラフィティを彩る女優の一人であった。
   
さらば、金色の眼の女。  合掌 ・・・。
   
 あの頃のフランスの女優さんたちは、みな歌ったんですね。「ブリジッド・バルドー/Brigitte Bardot」、「ジャンヌ・モロー/Jeanne Moreau」、「カトリーヌ・ドヌーヴ/Catherine Deneuve」 ・・・、「マリー・ラフォレ」も。「赤と青のブルース」は、他愛もない青春ラブコメ映画でしたが、この主題歌はヒットした記憶がある。そして「金色の眼の女」を見たのは高校1年、多分「太陽がいっぱい」を見て、ノックアウトされた直後の頃であったろう。ただ、彼女見たさに映画館に行ったので、ストーリーなどはよく覚えていない。「ナルシソ・イエペス/Narciso Yepes」の奏でるギターのメロディを今でも爪弾けるほどはっきりと覚えている。
    
 他愛もない青春ラブコメ映画でしたが、この主題歌はヒットした記憶がある。「赤と青のブルース」を。

Les Vendanges De L’amour
Marie Laforêt
Imports


    
    

「Marie Laforêt – Saint Tropez blues」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 映画「金色の眼の女(原題;LA FILLE AUX YEUX D’OR)」のテーマ曲。「ナルシソ・イエペス」の奏でる哀調を帯びたメロディにのって、あの「マリー・ラフォレ」の「眼」に魅かれた頃の甘酸っぱい想い出が甦ってくる。

「La Fille aux yeux d’or - Narciso Yepes」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 最後は、彼女が劇中ギターを爪弾くシーンもあった映画「太陽がいっぱい」のテーマ曲を ・・・。「ヨーロピアン・ジャズ・トリオ/European Jazz Trio (Featuring Art Farmer)」の演奏が、YOUTUBEでは見当たらなかったので、映画のサウンド・トラックから。

「Plein Soleil(太陽がいっぱい) – Nino Rota」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

ポスト桜、山の主役、脇役は ・・・

Tags: , , ,

b0102572_1813160
b0102572_1814672
ハナカイドウ
ザイフリボク
クロモジ (3)
 いつも桜の後は、ひと呼吸おいて山の主役ががらっと変わるのだが、今年は並行して競演状態。といっても、ポスト桜の主役は、「コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)」。そして従うように、バラ科でリンゴと同属の「ハナカイドウ(花海棠)」、やはりバラ科で別名、「シデザクラ(紙垂桜、四手桜)」とも呼ばれる「ザイフリボク(采振り木)」と続く。

 そして地味な脇役が、「クロモジ(黒文字)」。花のあと茂ってくる若葉を煎じて「黒文字茶」を喫するのが、我が家の楽しみとなっている。

image-original

 今宵もフランス女優、歌の共演の続き。「ジャンヌ・モロー/Jeanne Moreau」から。

 唇をへの字に曲げ、にこりともしない悪女役。当てもなくパリをさまよう「死刑台のエレベーター/原題;仏:Ascenseur pour l’échafaud」のシーンに流れた「マイルス・ディビス/Miles Davis」のJAZZとともに、強烈な印象を残した彼女。そして、フランスを代表する映画監督、「フランソワ・トリュフォー/François Roland Truffaut」監督の奔放な愛し方しか知らない女をめぐる二人の男を描く「突然炎のごとく/原題;Jules et Jim 」(1961) 。

 彼女も歌います。トリュフォー監督の映画、「突然炎のごとく」中で歌ったシーンをご記憶の方も多いのでは ・・・。あの映画の中で、ジャンヌが歌うシャンソンは、「つむじ風/Le Tourbillon」。撮影中に遊びでつくったものを、トリュフォーがその場で即興で映画に取り入れたものだという。 その「つむじ風」をアルバム・タイトルにして、シャンソン、ボサ・ノバ、ジャズ、ポップスを、けっして上手いとはいえないが、軽やかに歌うアルバムがあります。

つむじ風

ジャンヌ・モロー / マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

「Jeanne Moreau - Le Tourbillon De La Vie (in Jules et Jim) 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

lancel_cafe_03
 さて、「マリリン・モンロー/Marilyn Monroe」と並ぶ、「永遠のセクシードール」といえば、「ブリジット・バルドー/Brigitte Bardot」でしょうか。モンローの「MM」に対して、「BB(=べべ)」と呼ばれ、小悪魔イメージを売りにし、自由奔放に恋愛を楽しんだ恋多き女だったという。

 しかし、宝石やオートクチュールなどの華美な装飾品や贅沢品が大嫌いで、晩年は、動物愛護に注力し、特に毛皮には容赦なかった。そんなところに、ただの「恋多き女」ではなく、一本筋が通っていたようだ。彼女も歌います。20枚を超えるアルバムをリリースしているようだ。

R-2031557-1259789965_jpeg

      
La Madrague
Brigitte Bardot/ブリジッド・バルドー
Philips


       
       

「Brigitte Bardot – Tu veux ou tu veux pas」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

marie-laforet_13972_5220b932b3c79
 高校へ入学してすぐ名画鑑賞会で見たのが、ルネ・クレマン監督、「太陽がいっぱい/原題;Plein soleil 」(1960年)。サスペンス一杯のストーリーといい、「ニーノ・ロータ/Nino Rota」の哀切極まりない音楽といい、「アラン・ドロン/Alain Delon」の際立った二枚目ぶりといい、高校生の私がたちまち映画のとりこになってしまうには絶好の映画であった。しかし、私はその映画のヒロイン、吸い込まれるような眼をもち、実在感が希薄な夢路が描く絵のような女性の「マリー・ラフォレ/Marie Laforêt」に釘付けになってしまった。

 あの物憂げで儚気な表情と眼に惹かれ、彼女見たさに映画館に行ったので、ストーリーなどはよく覚えていないその映画は、「赤と青のブルース/原題;Saint-Tropez Blues(サントロペ・ブルース)」。

b0102572_17404787

    
赤と青のブルース [DVD]
出演: マリー・ラフォレ, ジャック・イジュラン
監督: マルセル・ムーシー
アイ・ヴィ・シー


       
      
     

b0102572_17415897

    
Les Vendanges De L’amour CD, Import
Marie Laforêt
Imports


     
    

「Marie Laforêt – Saint Tropez blues(赤と青のブルース)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
     

    



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.