JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

いろいろな実を楽しむ

Tags: , , , , , , ,







 秋です。花も楽しめるが、いろいろな実の形や色も楽しめる。「ムラサキシキブ(紫式部)」の艶やかな紫。「ヘクソカズラ(屁糞葛)」と「カマツカ(鎌柄)」の赤。この実は食用にもなるという。「ナンテン(南天)」は、色づくのはまだまだのよう。夏、次々と咲いて長い間楽しませてくれた「ヒオウギ(檜扇)」。もうしばらくすれば、弾けて真っ黒い「ヌバタマ(射干玉)」が現れる。「フウセンカズラ(風船葛)」も愛らしい。ご近所の「サルスベリ(百日紅)」は、花を残しながら、実はもう真っ赤に。
   
 今宵の歌。「奇妙な果実/Strange Fruit」という歌がある。1930年に「ルイス・アレン/Lewis Allan」によって書かれ、1939年からは、「ビリー・ホリデイ/Billie Holiday」のレパートリーとした、有名なアメリカの人種差別を告発する歌である。題名や歌詞の「奇妙な果実」とは、木にぶら下がる黒人の死体のことである。作られてから90年近くたった今、トランプ大統領の登場をきっかけに、人種差別が世界中で再びあらわになってきたようだ。
    
【 Strange Fruit 】   作詞 / 作曲 Lewis Allan
    
「♪ Southern trees bear a strange fruit       南部の木には、奇妙な実が成る
  Blood on the leaves and blood at the root    葉には血を流れ、根にまで血が滴る
  Black bodies swingin’ in the Southern breeze   黒い体は南部の風に揺れている
  Strange fruit hangin’ from the poplar trees  奇妙な果実がポプラの木に吊るされている
   
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・     ♪」
   


    
 まずは、目ヂカラ姉御、「カサンドラ・ウィルソン/Cassandra Wilson」、1995年のヒット・アルバム、「New Moon Daughter」でも歌っていますが、最新アルバム、「Coming Forth By Day」(2015)からの歌唱。このアルバムは、伝説的ジャズ・ボーカリスト、「ビリー・ホリディ(1915年4月生まれ)」の生誕100年を記念して制作されたという。アルバム・タイトルは、古代エジプトの「死者の書」の英訳に由来しており、ウィルソン自身は、「私からすれば、ビリー・ホリデイの魂を21世紀に蘇らせる思想は、「死者の書」における再生の概念とも関係がある」と説明しているという。

COMING FORTH BY DAY
カサンドラ・ウィルソン/Cassandra Wilson
COLUM


   
    

「Cassandra Wilson – Strange Fruit」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video


 もうひとりは、自分の声を様々な楽器のように扱う、スイス出身の異色の女性ボーカル、「ルツィア・カドッチュ/Lucia Cadotsch」。そのスタンダード集、「Speak Low」 (2015年ポーランドにて録音、2016年リリース)。
   
 「ルツィア・カドッチュ」。1984年スイス、チューリッヒ生まれ。幼少の頃は、クラシックの声楽とピアノの教育を受けたが、ベルリンとコペンハーゲンの音楽学校でジャズを学んだという。そして、キャリアを重ねたあと、このアルバムが初のリーダー・アルバムだという。

スピーク・ロウ/Speak Low
ルツィア・カドッチュ/Lucia Cadotsch
MUZAK,INC.


   
    

「LUCIA CADOTSCH - Strange Fruit」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    
    
     

木枯らし1号襲来 慌てて冬服を出す

Tags: , ,

DSC_0847
 台風の後は、木枯らし1号。今朝は本当に寒かった。ボランティア活動に出かけるために、慌てて冬用の作業着を引っ張り出す始末。だんだんと朝布団から離れるのが辛くなってくる季節。

 寒くなるにしたがって、その紫色が深みを増してくるのが、「ムラサキシキブ(紫式部)」。花も楽しいが、実もしばらくは目を楽しませてくれる。

aaron_neville_sq-188d3a1595224d6eab4f3ef69f3695afb74184c6

 今宵は、ブラック・コンテンポラリーの異才、そのとろけるような深みのあるファルセット・ヴォイスで、人気がある「アーロン・ネヴィル/Aaron Neville」。

 1941年生まれ、ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のR&Bシンガー。「ドリフターズ/The Drifters」、「プラターズ/The Platters」などに影響を受けたアーロンは、いくつかのヴォーカル・グループで活動した後、1960年、ニューオーリンズのレコード・レーベル、「ミニット・レコード/Minit Records」よりソロ・デビュー。1989年には、「リンダ・ロンシュタット/Linda Ronstadt」のアルバム、「Cry Like a Rainstorm」、「Howl Like the Wind」に参加。このアルバムに収録された「Don’t Know Much」、「All My Life」の2曲がそれぞれ1990年、1991年のグラミー賞ベスト・デュオ賞を受賞したという。

 ヨーデルを彷彿させる甘い独特な美声は、その後も根強い人気を保っている。ジャズ・スタンダードに取り組んだアルバム、「ネイチャー・ボーイ~ザ・スタンダード・アルバム/Nature Boy: The Standards Album」(2003)からいくつかを。
   

ネイチャー・ボーイ~ザ・スタンダード・アルバム

Aaron Neville / ユニバーサル ミュージック クラシック

「Nature boy ー Aaron Neville」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Aaron Neville – Blame It On My Youth」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「In The Still of the Night – Aaron Neville」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

  

我が庭の秋の定番は

Tags: , ,

DSC_0431
DSC_0430

我が家の狭き庭の秋の定番である。まず、「フジバカマ(藤袴)」。原産は中国ともいわれるが、秋の七草の一つ。万葉の昔から日本人に親しまれ、「源氏物語」にも登場する花。かつては日本各地の河原などに群生していたが、今は数を減らし、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)種に指定されているという。

「おなじ野の 露にやつるゝ藤袴 あはれはかけよか ことばかりも」
           (源氏物語より 夕霧が玉鬘に藤袴を差し出して詠いかける歌)

そんな「源氏物語」の作家「紫式部」ゆかりの「ムラサキシキブ(紫式部)」。この時期、美しい宝石のような実をつけるが、どうも実際のところは「コムラサキ(小紫)」ではないだろうか。

40753_2

女性に由来する和名の秋の花。先週に比べ、日差しが強くなり、すこし気温が上がってきた秋の日の午後。妻はお出かけ、久しぶりのひとりの時間。コーヒーを飲みながらと、久しく聴いてなかった日本の女性シンガーのアルバムを引っ張り出してきた。歌唱力も実力も十分ありながら、「Jazzy,not Jazz」と「Jazz」で揺れ動いているようにも思える日本の女性シンガーたちにエールを ・・・。

オーガニック系、まったり系、癒し系などと評されている何人かを ・・・。まず、「ヌーン/noon」。大阪生まれで、わが町にも住んだことがあるといっていた。デビュー・アルバム、「better than anything」(2003)、セカンド・アルバム「my fairy tale」(2004)から。

better than anything

noon / ビクターエンタテインメント

「noon – I’ll Never Fall In Love Again」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

my fairy tale

noon / ビクターエンタテインメント

「Noon - So Far Away」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

profile_photo

二人目は、「アン・サリー/Ann Sally」。本名(旧姓)、「安 佐里」。1972年生まれ。名古屋市出身の歌手、シンガー・ソングライター。現役の内科医であり、2児の母親でもある。幼少時からピアノを習い音楽に親しみ、大学時代よりバンドで本格的に歌い始めた。卒業後も医師として働きながらライヴを重ね、2001年「Voyage」 でアルバムデビュー。2002年から3年間、ニューオリンズに医学研究のため留学、帰国後は医師としての勤務の傍ら、日本全国でライヴ活動を行い、2児の母となっても活動を続けている。

デビュー・アルバム、「Voyage」(2001年)から。

ヴォヤージュ

アン・サリー / ビデオアーツ・ミュージック

「Smile - Ann Sally」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

maxresdefault

そして、「村上ゆき」。1971年生まれ。福岡県飯塚市出身の歌手、シンガーソングライター、ピアニスト。大学在学中より弾き語りを始め、ジャズ・ピアニスト&ボーカリストとして活動。 2004年9月に1stアルバム、「Both sides, now~青春の光と影」でデビュー。 また、現在まで、数多くのCMソングへの起用が多いことから、「おとなのCMソングNo.1歌姫」と名付けられたという。

そんなCMソングを中心に集めたカヴァー・アルバムが、「おんがえし」(2012年)。多分一度くらいは聴いたことがあるでしょう「積水ハウスの歌」、「ウィスキーがお好きでしょ」などが、「ヘブンズ・ヴォイス」とも称される優しい歌声と、高い演奏力のピアノによって弾き語られる。

おんがえし

村上ゆき / ヤマハミュージックコミュニケーションズ

「ウィスキーがお好きでしょ  ー 村上ゆき」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

宣伝するつもりはありませんが、外せませんですね、「積水ハウスの歌」。

「積水ハウスの歌 CM柴犬編+50周年バージョン - 村上ゆき」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

爆音は10月の風物詩?

Tags: , ,

DSC_1003
 
住宅地の空気を揺るがせる爆音。自衛隊の十機のヘリコプターの編隊が飛来し、何度か旋回をした後、飛び去っていく。この地に引っ越してきて、最初にこの爆音を聴いたときは、本当にびっくりして、家から飛び出したものである。それから十数年、毎年のことでもうすっかり慣れてしまった。

陸上自衛隊中部方面隊の駐屯地が隣町伊丹市にあり、市民との交流を目的とした「伊丹駐屯地祭」が毎年「文化の日」に行われるので、そのパレードに参加するため、空挺部隊であろうか、福知山の基地からヘリコプターの編隊が飛来する。そのための予行演習なのである。集団的自衛権など自衛隊にかかわる議論はさておき、本番の11月初旬も含め、この爆音の飛来は、この地域の秋の風物詩になっているのである。しかし、もし毎日ということになれば、そんな悠長なことは言っていられないか ・・・。

そして爆音轟くこの時期に、狭き庭に「ムラサキシキブ(紫式部)」(或いは「コムラサキ(小紫 )か?)の実が、宝石のように輝く。

DSC_1013
 
cassandra-wilson-image
 
「目ヂカラ熟女シンガー」、その第2弾は、「カサンドラ・ウィルソン/Cassandra Wilson」。「ヴァン・モリソン/Van Morrison」がオリジナルのロマンチックなバラード、「Crazy love」はいかがでしょうか。1970年のアルバム、「Moondance」がオリジナルで、結構多くのミュージシャンがカバーをしているようです。「マイケル・ボルトン/Michael Bolton」や「マイケル・ブーブレ/Michael Buble」、「リタ・クーリッジ/Rita Coolidge」、「ロッド・スチュアート/Rod Stewart」なども・・・。

「カサンドラ・ウィルソン」はこの歌を、「エルヴィス・コステロ/Elvis Costello」なども参加している、1994年リリースのヴァン・モリソン・トリビュート・コンピレーション・アルバム、「No Prima Donna: The Songs of Van Morrison」で歌っている。

No Prima Donna

Various / Polydor

【 Crazy love 】    Van Morrison

「♪ I can hear his heart beat for a thousand miles  
                  どんなに離れていたって、彼の鼓動が聞こえる
  And the heavens open every time he smiles
                  どんなに離れていたって、彼の笑顔が見える
   And when I come to him, that’s where I belong
                  どんなに離れていたって、彼と会えば、そこが私の居場所
  And I’m running to him like a river’s song
                  そこに向かって、川のせせらぎのように駆けているわ
   He gives me love, love, love, love, crazy love
                  彼は愛を教えてくれた、狂おしいほどの ・・・     
   He gives me love, love, love, love, crazy love
                  彼は愛することを教えてくれた、狂おしいほど ・・・ ♪」

まっ、ざっとこんな歌詞ですが ・・・。


「Cassandra Wilson -Crazy love」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.