JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

路傍の花、樹々の鳥(187) ~ 実家の庭を思い出しながら哀愁のモルナを聴く ~

Tags: , ,

ツワブキ?
 ウォーキングの道筋に咲くのは「ツワブキ(石蕗、艶蕗)」。つやのある大きな葉を持っており、毎年秋から冬に、菊に似た黄色い花をまとめて咲かせる。そのため「石蕗の花(つわのはな)」は、日本では初冬の季語となっているという。母が好きで、実家の庭にも咲いていた花。

 さて、今宵は哀愁のラテン。「セザリア・エヴォラ/Cesária Évora」。大西洋の中央、北アフリカの西沖合いに位置する「カーボ・ベルデ共和国/Republic of Cabo Verde」出身で、同国を代表する音楽ジャンルである「モルナ/Morna」の女性歌手。

b0102572_1615170

 この「モルナ」、哀愁を帯び、ゆったりとしたメロディーが特徴の音楽で、悲しみやあこがれ、郷愁などをテーマにした歌が歌われることが多いという。15世紀から1975年までポルトガル領であったことから、ポルトガルのファドに極めて近いトラディショナルなフォーク・ソング、いわば日本の歌謡曲にあたる音楽のようだ。その「モルナ」にアフリカン・ブルースを融合させ、独特の哀愁感、寂寥感漂うバラードに仕立てたのが、「セザリア・エヴォラ」である。

 「セザリア・エヴォラ」。1941年、生まれ。もともとは国内の盛り場で歌を歌って糊口を凌ぐ生活を送っていたが、40代半ばの1988年、パリに渡り、47歳という年齢で制作したメジャー・デビューアルバム、「裸足の歌姫/La Diva aux pied nus」で一躍世界の注目を集めた遅咲きのディーヴァである。1992年にフランスでリリースしたCDの中に収められた曲、「ソダージ/Sodade」が大ヒットし、その後世界各地で活躍するようになったという。1995年、「Cesaria」がグラミー賞ベスト・ワールド・ミュージック・アルバムにノミネートされ、2004年には「Voz d’Amore」で、グラミー賞ベスト・コンテンポラリー・ワールド・ミュージック・アルバムを受賞している。2011年12月17日、70歳で生涯を終えたが、「マドンナ/Madonna」を始めとして、多くの若い世代のミュージシャンに影響を与えたという。「モルナ」という音楽は、人生の苦痛を音楽で表現したブルースのようなもの」と彼女は語っている。(Wikipediaなど参照)

The Essential Cesaria Evora

Cesaria Evora / Masterworks

81P2ojAKTXL__SL1500_



Best of CD, Import
セザリア・エヴォラ
RCA Victor Europe

  
   
    

 世界的にブレイクするきっかけとなった、「ソダージ/Sodade」などを ・・・。

「Cesaria Evora – Sodade」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Cesaria Evora – Ingrata」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Besame Mucho ー Cesaria Evora」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

ちょっと気になる哀愁

Tags: , ,

DSC_0387

特に予定が入っていない日の午後。こんな日は、YOUTUBEで私が知らないアーティストや曲を気ままに探すことが多い。しかし、どうしてもJAZZ系やワールド・ミュージック系になってしまうのだが ・・・。

そんな中で、その哀愁の歌声が、ちょっと気になり、その日、ずっと聴き続けたいた歌手がいる。「セザリア・エヴォラ/Cesária Évora」。カーボ・ベルデ出身で、同国を代表する音楽ジャンルである「モルナ」の女性歌手だという。「セザリア・エヴォラ」という名も初めて、もちろん「カーボ・ベルデ/Republic of Cabo Verde」という国の名も、「モルナ/Morna」という音楽ジャンルも ・・・。

around_caboverde

「カーボ・べルデ共和国」は、ポルトガル語で「緑の岬」を意味し、アフリカ、セネガルの西、600kmに浮かぶ諸島である。1460年代には無人の群島だったこの国に、ポルトガルが奴隷貿易の基地を設け、後に大西洋航路の補給地及び植民地として、その支配下に置かれていたが、1975年に独立したという。ポルトガルの植民地であった過去からポルトガル文化が根付き、ポルトガル特有の、郷愁に近い情感を意味する「サウダーデ」が ブラジルにおいて「サウダージ」として花開いたように、「カーボ・べルデ」では、それらとほぼ同じ意味の「ソダージ」という言葉が核になって発展した音楽が「モルナ」だという。(Wikipedia,NETなど参照)

evora_2088194b

哀愁を帯び、ゆったりとしたメロディーが特徴の音楽で、悲しみやあこがれ、郷愁などをテーマにした歌が歌われることが多いという。ポルトガルのファドに極めて近いトラディショナルなフォーク・ソング、いわば日本の歌謡曲にあたる音楽のようだ。その「モルナ」にアフリカン・ブルースを融合させ、独特の哀愁感、寂寥感漂うバラードに仕立てたのが、「セザリア・エヴォラ」である。初めて聴いたときは、「ブイカ/Concha Buika」の世界と同質の世界という印象を受けた。「ちょっと気になる」どころか、「気になってしかたがない」アーティストになってしまったようだ。

cesaria-evora-6

「セザリア・エヴォラ」。1941年、カーボ・ベルデ生まれ。もともとは国内の盛り場で歌を歌って糊口を凌ぐ生活を送っていたが、40代半ばの1988年、パリに渡り、47歳という年齢で制作したメジャー・デビューアルバム、「裸足の歌姫/La Diva aux pied nus」で一躍世界の注目を集めた遅咲きのディーヴァである。1992年にフランスでリリースしたCDの中に収められた曲、「ソダージ/Sodade」が大ヒットし、その後世界各地で活躍するようになったという。1995年、「Cesaria」がグラミー賞ベスト・ワールド・ミュージック・アルバムにノミネートされ、2004年には「Voz d’Amore」で、グラミー賞ベスト・コンテンポラリー・ワールド・ミュージック・アルバムを受賞している。2011年12月17日、70歳で生涯を終えたが、「マドンナ/Madonna」を始めとして、多くの若い世代のミュージシャンに影響を与えたという。「モルナという音楽は、人生の苦痛を音楽で表現したブルースのようなもの」と彼女は語っている。

彼女とモルナを俯瞰できるベスト盤と思われるのは、「The Essential Cesaria Evora」。

The Essential Cesaria Evora

Cesaria Evora / Masterworks

「Cesária Evora – Lua Nha Testemunha」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Césaria Évora - Sodade」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

第46回グラミー賞受賞のアルバムは、「Voz D’Amor」。「Voz」とは、ポルトガル語で「声」。さすれば、「愛の叫び」或いは「愛の囁き」というような意味か ・・・。泣きのメロディー溢れる「ソダーヂ」いっぱいのアルバム。

Voz D’Amor

Cesaria Evora / RCA Victor

「Cesaria Evora – Voz d’Amor」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

グラミー賞受賞後の1時間半のパリのコンサートの模様は、「Cesaria Evora Live D’amor 2004 (Complete Concert) 」。

「Cesaria Evora Live D’amor 2004 (Complete Concert) 」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.