JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

路傍の花、樹々の鳥(45 ) ~ 薫りは金木犀から ~

Tags: , ,

DSCN7896‐1
 
ウォーキングをしていると、あの甘い特徴のある薫りがあちこちから漂ってくる。「キンモクセイ(金木犀)」である。ウォーキングの道筋には街路樹をはじめとして、庭先や生垣として、手入れの行き届いた「キンモクセイ」を植えている家が多く、この季節にはこの強い薫りのためか、ほかの花の存在感が薄れてしまっているとさえ感じる。

「キンモクセイ」。中国南部原産で、日本には江戸時代に渡来し、主に庭木として観賞用に植えられている。花冠は白ワインに漬けて、「桂花陳酒」としたり、茶に混ぜて「桂花茶」と呼ばれる花茶にするという。

その薫りがきつすぎるので、我が家では「キンモクセイ」は植えていないが、その代わり、小さな株ではあるが、「ミヤギノハギ(宮城野萩)」と「ヤマホロシ(山保呂之)」(「ツルハナナス(蔓花茄子)」ともいう)が、今が見頃である。

DSCN7890
 
Robi_Lakatos_2
 
さて、今宵のピアニストは、ハンガリー出身、澤野工房の看板ピアニストといってもいいでしょう、「ロバート・ラカトシュ/Robert Lakatos」。
澤野工房からいくつものアルバムがリリースされ、私はトリオでのライブを聴きに行ったこともあり、(参照拙ブログ「もしもピアノが弾けたなら(9) ~至福のハンガリアン・ナイト~」)、同郷ハンガリーの歌姫、「ニコレッタ・セーケ/Nikoletta Szoke」の歌伴でもおなじみである。

「ロバート·ラカトシュ」。1975年、ハンガリー・ブダペスト生まれ。父はハンガリーの著名なピアニスト、「ベーラ・サチ・ラカトシュ/Bela Szakcsi Lakatos」。オールラウンドなマルチ・キーボード・プレイヤーとして活躍しているという。実兄、「ベーラ・サチ・ラカトシュ・ジュニア」も、ジャズ・ピアニストとして活躍。

ブダペストの「バルトーク音楽院」でクラシック・ピアノを学び、やがてジャズへと転向した彼は、深い音楽的共感を共有できる音楽的同志とでも言うべき、「ファビアン・ギスラー/Fabian Gisler (b)」、「ドミニク・エグリ/Dominic Egli (ds)」と出会い、トリオを結成する。その後、「国際ジャズ·コンペティション」や「国際ソロ・ピアノ・コンクール」での優勝など国際的にも高い評価を得、2005年澤野工房」より、「SO IN LOVE」で日本デビューした。

そんな彼のソロ・ピアノ・アルバムが、「Marmosets」(2007年録音)。たしか、2008年、西宮の県立芸文センターで開かれた彼のコンサート会場で求めた限定版のアルバムだったと思う。冒頭の「Psalms」を除いて後の10曲はスタンダード。トリオもいいが、11曲に散りばめられたソロでの美音と詩情あふれる流麗なタッチを改めて認識したアルバムである。

image_b
 
MARMOSETS
ロバート・ラカトシュ ピアノ・ソロ/澤野工房

Robert Lakatos : piano

彼のYOUTUBEもほとんどアップされていません。もちろん、ソロ・アルバム「MARMOSETS」も ・・・。お聴きになりたい方は、澤野工房のアルバム紹介ページでさわりをどうぞ。

上記アルバム収録の欧州におけるジャズの先駆者、「ジャンゴ・ラインハルト/Django Reinhardt」に捧げた、MJQの楽曲「Django」を、ラカトシュを中心にしたクインテットの演奏で ・・・。ハンガリアン・ムードとういうか、哀愁のジプシー・ムードというか、民族色あふれる演奏になっている。出典は不明。

「Django – Gábor Bolla, Robert Lakatos, Heiri Känzig, Jojo Mayer & Lajos Sarközi」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

日本デビューアルバムから、「Palm Song」を。

 

SO IN LOVE

ロバート・ラカトシュ・トリオ / 澤野工房

「Palm Song – Robert Lakatos Trio」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

ソロ・アルバム冒頭の「Psalms」、「詩篇」と名付けられた曲は、ラカトシュの実兄、「ベーラ・サチ・ラカトシュ・ジュニア」のオリジナルで、彼は同名のタイトルのアルバムを出している。この繊細で美しい曲の「ロバート・ラカトシュ」自身による演奏がアップされていないのは残念であるが、、「ベーラ・サチ・ラカトシュ・ジュニア」の演奏を前述の拙ブログから再録しておきましょう。「路傍の花、樹々の鳥 (27) ~庭の片隅の紅葉~」

「Szakcsi Jr Trio ‐ Psalms」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

可憐な花だと思いきや ・・・

Tags: , ,

DSC_0066
 
お茶もかねて、時々行く宝塚の「あいあいパーク」、ガーデニングの店をひやかしていたら、見慣れない可憐な花が目に留まった。薄紫と白の花が混在していて、つる性の木。鉢には「ヤマホロシ」と書いてある。「ヤマボウシ(山法師、山帽子)」を連想させる和風の名前で何となく語感もいい。我が家の北側のフェンスにどうだろうかと思って買った。

帰ってきてさっそく調べてみた。通称、「ヤマホロシ(山保呂之)」、「ツルハナナス(蔓花茄子)」、「ソケイモドキ」、「ソラナム」などともいう。ナス科の常緑つる性低木で、花期は5月ー11月、紫から白へ変わる花をつける。耐寒性があって、暖地では露地植えでも越冬可能。-5度でも大丈夫だという。これといった病害虫も付かないので初心者向きで、暑さにも強く、乾燥にも強いとある。ここまでは大正解である。しかしその後の説明が気になった。ただし頑健すぎて、庭に植えた場合、他の植物を駆逐することもある。よく形が似ていて、繁殖力が強く、山をも滅ぼすので、日本にもともと自生する、「ヤマホロシ」という名前の植物とよく混同されるらしい。 さて、困りましたね。多分、「クズ(葛)」のように繁茂するんでしょうね。まっ、直植えせずに何とかフェンスに這わせて育ててみましょうか。なんて言ったて、花が可憐ですから ・・・。

JZ110125-03
 
可憐といえば女性ボーカル。北欧系の例外はあるが、私はどちらかといえば、成熟した大人の女性のボーカルが好きである。私にとって、女性ボーカルのエバー・グリーン・アルバムはいくつかあるが、その筆頭は、「アンバートン/Ann Burton」の「バラード&バートン/Ballads & Burton」と「ブルー・バートン/Blue Burton」であろうか。最初に購入した時はレコードであったから、40年近く前のことである。女性ボーカルに目覚めたアルバムでもある。このアルバムに収められている歌唱すべてが、私にとっての珠玉の歌唱であるといっても過言ではない。(参照拙ブログ「60歳過ぎたら聴きたい歌(6)~ Bang Bang ~」「第5回 二人目の「A」・・・・」 など)

そんなアルバムから、1曲づつ ・・・。評論、解説、コメント一切不要の珠玉の歌唱 ・・・。絶妙のピアノは、「ルイス・ヴァン・ダイク/Louis van Dijk」。

バラード&バートン

アン・バートン ジャック・スコルズ ルイス・ヴァン・ダイク ジョン・エンゲルス ルディ・ブリンク/ソニーミュージックエンタテインメント


 
「Ann Burton & Louis van Dijk – Try A Little Tenderness」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

ブルー・バートン

アン・バートン ジャック・スコルズ ルイス・ヴァン・ダイク ピエ・ノールディク ジョン・エンゲルス/ソニーミュージックエンタテインメント


 
「Ann Burton - Someone to watch over me」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 
 
 

 
 
 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.