JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

路傍の花、樹々の鳥(341) ~ 一気にいろんな花が ・・・ ~

Tags: , , , , , ,









 この暖かさに誘われて、一気に咲き出した。「ユキヤナギ(雪柳)」、「ツツジ(躑躅)」、「モクレン(木蓮)」、「ユスラウメ(梅桃、山桜桃梅)」、「レンギョウ(連翹)」、「トサミズキ(土佐水木)」・・・。 そして、「ソメイヨシノ(染井吉野)」。

 今宵の曲、「咲いた花はやがては散ってしまう。そんな僕たちの束の間の恋も ・・・」 そんなほろ苦い想いが込められた歌で1955年に作られた、「A Blossom Fell」。


 「ナット・キング・コール/Nat King Cole」の歌唱が一番知られているでしょう。「花は散ってしまった」という意味なので、これからの時期にはふさわしくないかもしれないが、美しいメロディのせつない思いの曲である。「ハワード・バーンズ/Howard Barnes」、「ハロルド・コーネリアス/Harold Conelius」、「ドミニク・ジョン/Dominic John」によるこの歌、今宵、「ダイアナ・クラール/Diana Krall」、「シモーネ/Simone Kopmajer」、「スー・レイニー/Sue Raney」の名花3人の競演で。

【 A Blossom Fell 】  by Howard Barnes, Harold Conelius, Dominic John

「♪ A blossom fell from off a tree  枝から花びらが散った
  It settled softly on the lips you turn to me 僕の方を振り向いた君の唇にそっと付いた
  The gypsies say and I know why ジプシーの言伝えにあるようにその訳を僕は知っている
  A falling blossom only touches lips that lie 散った花びらは嘘をついた唇に付くってね

  A blossom fell and very soon   花びらが散ってすぐに
  I saw you kissing someone new  君が別の人とキスをしているのを見てしまったんだ
  Beneath the moon         月の光の下で

  I thought you’d love me    君は僕を愛していると思っていた
  You said you love me      たしかそう言ったよね
  We planned together      二人一緒に夢も描いていたね
  To dream forever        永遠に続く夢を

  The dream has ended      でも夢は終わってしまった
  For true love died        まことの愛は死んでしまったから
  The day a blossom fell      花びらが散り
  And touched two lips that lied  嘘をついた唇に付いたあの日に ♪」

 まずは、欧州はオーストリア出身、2000年以降ニューヨークを中心に活動している新進女性ジャズ歌手「シモーネ/Simone」(本名はSimone Kopmajer)の日本デビュー第2作「ロマンス/Romanse」(2005)から。大人の色気を感じさせ、雰囲気のあるスタンダードを歌う女性ボーカル。


  

ムーンライト・セレナーデ
ロマンス
シモーネ ヴィーナスレコード


     
    
   


「Simone Kopmajer - A Blossom Fell」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 カナダ出身。1990年代以降に最も成功したジャズ歌手の一人といわれ、1999年から5度のグラミー賞を獲得している。「ナット・キング・コール/Nat King Cole」へのオマージュ・アルバム、「All For You: A Dedication To The Nat King Cole Trio」から。

All for You
ダイアナ・クラール
Universal Jazz


    
    
    


「Diana Krall – A Blossom Fell」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 ちょっとレトロになりますが、「スー・レイニー/Sue Raney」。1960年代に活躍した白人美人シンガーのひとり。大ヒットした2枚目のアルバム 「雨の日のジャズ/Songs for a Raney Day」(1960)は、女性ジャズボーカルの名盤に必ず選ばれるほどの「スー・レイニー」の代名詞的アルバムとなっている。今年御年78歳、彼女はいまも現役として活躍しているとか。


     
      

雨の日のジャズ/Songs for a Raney Day
スー・レイニー
ユニバーサル ミュージック

    
      
    

「Sue Raney – A Blossom Fell」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
     
     

    

路傍の花、樹々の鳥(107) ~ 春の花くらべ始まる ~

Tags: , ,

DSCN1043
DSCN1045

「サンシュユ(山茱萸)」の花がまさに咲かんとしている。いよいよ春である。「ミズキ(水木)」の仲間の落葉小高木。その花の色から、「ハルコガネバナ(春黄金花)」、秋になると実るその実の鮮やかな色から、「アキサンゴ(秋珊瑚)」、「ヤマグミ(山茱萸)」とも呼ばれる。奥に咲くのは「ウメ(梅)」。春の花くらべが始まった。

DSCN1042

つは、「レンギョウ(連翹)」。英名は、「ゴールデンベル/golden bells、golden bell flower」というらしい。 その名のとおり、壁いっぱいに蔓を伸ばして繁っている。繁殖力が旺盛のようだ。まだ葉が芽吹く前であるが、黄色い4弁の花が、細い枝に密にびっしりと開く様は華麗。

さて、春の曲です。クラシックなスタンダードから。「Spring Is Here/邦題;春が来たと云うけれど」。1938年のミュージカル、「私は天使と結婚した/I MARRIED AN ANGEL」のために、「リチャード・ロジャース/Richard Rodgers」が作曲、「ロレンツ・ハート/Lorenz Hart」が作詞をしたというから、相当古いですね。シナトラをはじめ多くのカバーがあるが、今宵は歌姫?二人を聴いてみましょうか。「春が来た。でも楽しくない、憂鬱なだけ。」という、ちょっとグルーミーな歌。ミュージカル・ナンバーなのでヴァースから始まりますが、本文の一部を ・・・。

【 SPRING IS HERE 】  Lorenz Hart / Richard Rodgers

「♪  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   Spring is here!                  春が来た
   Why doesn’t my heart go dancing?  でも、私の心が浮き浮きしないのはなぜ?
   Spring is here!                  春が来た
   Why isn’t the waltz entrancing?     ワルツを聴いても心が弾まないのはなぜ?
   No desire, no ambition leads me     欲しいものもやりたいことも何もない
   Maybe it’s because nobody needs me  多分誰も私のことを必要としていないから
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

b0102572_1015645

まずは、「ミリー・バーノン/Milli Vernon」。かって「向田邦子」が、そのエッセイ集「眠る盃」の中の「水羊羹」で、「水羊羹に一番似合う」と評した女性シンガー。アルバムは、「イントロデューシング/Introducing」(1956年録音)。(参照拙ブログ「向田邦子の愛したJAZZ ~水羊羹にあうJAZZ~」

『水羊羹を食べる時のミュージックは、ミリ―ヴァーノンの「SPRING IS HEAR」が一番合うように思います。この人は、1950年代に、たった一枚のレコードを残して、それ以来、生きているのか、死んでいるのか、まったく消息のわからない美人歌手ですが、冷たいような、甘いような、けだるいような、生ぬくいような歌は水羊羹にぴったりに思います。』 (向田邦子:「眠る盃」)より

イントロデューシング

ミリー・ヴァーノン / ミューザック

「Spring Is Here - Milli Vernon」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

もうひとりのクラシックな歌姫は、「クリス・コナー/Chris Connor」。代表作、「バードランドの子守唄/Lullaby Of Birdland」(1954)から。

バードランドの子守唄 +2

クリス・コナー / SOLID/BETHLEHEM

「Chris Connor – Spring Is Here」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.