JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

買い物に行き、今日が七夕ということを思い出した

Tags: , ,

b0102572_13554973
 とにかく、続く豪雨と強風 ・・・。家からも出るに出られないので、引きこもり状態が続いている。すこし雨足が収まったので、食料などの買い出しにスーパーへ。休日ということもあって、結構多くの人でいっぱい。しかし物流に支障が出ているため、品不足の商品もあるようだ。店内には、「七夕セール」のポスター。それを見て、今日が七夕ということを思い出した。心の余裕がなかったんでしょう。

 ふるさと松本の七夕は、八月七日、旧暦で行われるが、松本地方の風習で、七夕にお雛様や五月人形と同じように、子供たちの健やかな成長を祈って、男女一対の木製や和紙で作られた「七夕人形」を飾る習わしがある。家に帰ってから、さっそく「七夕人形」を飾った。

32178317_469929560104462_2685717202799165440_na

 こんな時こそ、夜はピアノをじっくりと聴く。届いたばかりの、イタリアの巨匠、「エンリコ・ピエラヌンツィ/Enrico Pieranunzi」の最新ソロ・アルバム、「Wine and Waltzes(ワインとワルツ)」。タイトル通り、2017年6月6日、イタリア・ワインのワイナリー、「Bastianich Winery」の酒蔵でのライブ・アルバムである。使用したピアノは、「ファツィオリ社/Fazoili」の F278 という。薫り、味、色、音の響き ・・・。研ぎ澄まされた五感や想像力、感受性を全開にして演奏したワルツは8曲。ワインのように複雑で芳醇な味わいに仕上がっている。私もワインが欲しくなった。

 「ワインを作り出したローマの酒の神バッカスや、このワイナリーで演奏の機会を与えてくれた皆さんに感謝する」と上機嫌で語るピエラヌンツィ。

71ngrG0G+gL__SX679_

    
Wine & Waltzes
Enrico Pieranunzi
Cam Jazz


      
      


「Wine and Waltzes – Enrico Pieranunzi」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 この曲が本アルバムでの白眉ではと思うのは、「フェリーニのワルツ/Fellini’s Waltz」。

「Enrico Pieranunzi – Fellini’s Waltz」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    

     

織姫と彦星のみる夢は

Tags: , ,

b0102572_13161260a

 七月七日。今年も「七夕人形」を飾る。孫娘の誕生から我が家の習わしとなっている。ふるさと松本の七夕は、八月六日から七日にかけて、旧暦で行われる。全国でも松本地方だけの風習らしいが、この地方では七夕に「人形」を飾るのである。一般的な「七夕飾り」と共に、男女一対の木製や和紙製で作られた「七夕人形」を軒下につるしてお祝いをするのである。

 この「七夕人形」を飾る風習は、江戸時代から今に伝えられている風習で、お雛様や五月人形と同じように、赤ちゃんの誕生の初節句に、その健やかな成長を祈って贈られる人形である。そんな所以で、我が家でも孫娘の健やかな成長を願って、今年も「七夕人形」を飾る。その孫娘を今日は預かって、夕刻、3月に卒園した保育園の縁日、「七夕夕涼み会」につれて出かけることになっている。

 さて、「ドリーム」といえば、この曲、多くの歌手に歌われ、多くの人に愛された曲、1944年、「ジョニー・マーサー/Johnny Mercer」によって作られた「ドリーム/Dream」でしょう。もう70年以上愛されているスーパー・スタンダード。

Johnny_Mercer,_New_York,_N_Y_,_between_1946_and_1948_(William_P__Gottlieb_06121)

  「ジョニー・マーサー」 (1909年 – 1976年)。アメリカの作詞家・作曲家で、「キャピトル・レコード」を共同設立したことでも知られている。「ヘンリー・マンシーニ/Henry Mancini」とのタッグで数々のヒット曲、例えば、「ムーン・リバー/Moon River」(1961)、「酒とバラの日々/Days of Wine and Roses」 (1962)、「シャレード/Charade」(1963)を飛ばし、アカデミー音楽賞にノミネートされること19回、そのうち4回は受賞。外国語曲にも作詞し、最も有名なのは、「枯葉/Autumn Leaves(フランス語:Les Feuilles Mortes)」。生涯、1500曲以上書きたと言われる。

【 Dream 】   by Johnny Mercer 

「♪ Dream when you’re feelin’ blue      ブルーな気持ちの時は夢を見ることね
  Dream that’s the thing to do        夢を見ることがするべき方法よ
  Just watch the smokerings rise in the air  タバコの煙の輪が浮かぶのを見れば
  You’ll find your share of memories there   きっとなにか思い出すわ

  So dream when the day is thru       一日ずっと夢を見ていようよ
  Dream and they might come true      夢を見てさえいればきっとかなうから
  Things never are as bad as they seem    考えているほど物事は悪くないよ
  So dream, dream, dream           だから、夢を、夢を見ようよ ♪」
  

 さて、空模様が怪しいが、織姫と彦星のみる夢、「Dream」は、好漢、「マイケル・ブーブレ/Michael Bublé」の歌唱。オーソドックスでシンプル、しかし、エモーショナルにうたわれる。アルバムは、「Call Me Irresponsible」から。

Call Me Irresponsible

Michael Buble / Warner Bros

「Michael Buble – Dream」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

我が家の夏模様

Tags: , ,

DSC_0926
DSCN1932

妻が育てている「ゴーヤ」の雌花が次々と咲きだした。
 
ちょっと遅くなってしまったが、例年通り「七夕人形」を飾った。今年は、男雛が向かって右側にくる京都式。「七夕人形」は、旧暦の七夕にふるさと松本で行われる独特の習わしで、お雛様や五月人形と同じように、子供たちの健やかな成長を祈って、一般的な「七夕飾り」と共に、男女一対の木製や和紙製で作られた「七夕人形」を軒下につるしてお祝いをする。(参照拙ブログ「ふるさとエレジー(2) ~七夕人形がつなぐ想い~ 」 など)

さて、「七夕人形」に因んで聴きたいと思ったちょっと切なくて美しいラブ・ソングは、「You Don’t Know Me」。この歌は、1955年、「エディ・アーノルド/Eddy Arnold」が頭に浮かんだタイトルと詩のストーリーを基に、「シンディ・ウォーカー/Cindy Walker」によって書かれた。翌年アーノルド自身によってレコーディングされた。以後、「エルヴィス・プレスリー/Elvis Presley」, 「ボブ・ディラン/Bob Dylan」、「ウィリー・ネルソン/Willie Nelson」など多くの歌手によってカバーされたが、もっともヒットしたのは、「レイ・チャールス/Ray Charles」であろうか。1962年の「the Billboard Hot 100 chart」で第2位にランキングされているという。レイ自身も、いろんなアーティストとのデュオ・アルバム、「Genius Loves Company」の中で、「ダイアナ・クラール/Diana Krall」と再録音をしている。

また、「メリル・ストリープ/Meryl Streep」が主演映画、「ハリウッドにくちづけ/原題;Postcards from the Edge」(1990)でこの歌を歌っていたことも思い出した。

【 You Don’t Know Me 】 written by Cindy Walker & Eddy Arnold

「♪ You give your hand to me   あなたが私に手を差し出して 
   And then you say hello    「やあ」なんて言うでしょ
   And I can hardly speak    途端に私は言葉が出なくなってしまうの
   My heart is beating so     私の心はドキドキしてしまって 
   And anyone can tell      誰もが気軽に話せるというのに
   You think you know me well  あなたは私をよく知ってるって言うけど
   But you don’t know me     実は私のこと、なにも知らないのね

   No you don’t know the one   いいえ、あなたは知らないわ
   Who dreams of you at night   夜毎誰かがあなたの夢を見ているなんて
   And longs to kiss your lips   あなたのキスを待ち焦がれて
   Longs to hold you tight     強く抱きしめて欲しいと思っているなんて
   To you, I am just a friend    そう私はただの友達
   That’s all I’ve ever been    ずっとそうだったの
   Cause you don’t know me   だって、私のことなにも知らないから

   ・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

b0102572_20574831

歌姫は、つい先だっても取り上げた「シェリル・ベンティーン/Cheryl Bentyne」。人気ジャズ・コーラス・グループの最高峰に立つ「マンハッタン・トランスファー/The Manhattan Transfer」で、ソプラノ・パートを担当し、近年はソロでの活躍も目覚ましいことにも触れた。

アルバムは、「ザ・ブック・オブ・ラヴ/The Book of Love」(2006)から。ハリウッド版「シャル・ウィ・ダンス/Shall We Dance?」の挿入歌としても使われた、「The Book of Love」をアルバム・タイトル曲としている。文字通り「愛の教科書」。7つのチャプターとエピローグで綴られたこのアルバムは、憧れ、戯れ、欲望、愛、歓び、幻滅、そして別れ ・・・、シェリルはひとりの女性の愛の変遷、軌跡を歌に託して優しく綴ってくれるが、この曲は冒頭、「憧れ」と位置づけられている。(参照拙ブログ「路傍の花、樹々の鳥(125) ~ ここだけの炎天の花 ~ 」

Book of Love

Cheryl Bentyne / Telarc

「You Don’t Know Me – Cheryl Bentyne」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

結果的に「レイ・チャールス」の遺作となってしまったのが、アルバム、「Genius Loves Company(直訳;天才は仲間が好き)」。「ダイアナ・クラール」との素晴らしいデュエットを。

Genius Loves Company (Dig)

Ray Charles / Concord Records


「Ray Charles & Diana Krall – You Don’t Know Me」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

   

サウダージの夏

Tags: , ,

DSCN9868
DSCN9872
DSCN9874

妹の一周忌の法事などで5日間の帰省。かっては真夏に、「信州に帰省します」というと周りから羨ましがられたものだが、最近は信州も日中はうだるように暑く、車の外気温計は35.5℃を示しているのでそれほど有り難みはなくなったかも。いや、故郷も暑くなったものだ。しかし、暑いといっても朝晩は涼しく、湿度も低い。

「七夕人形」、「ホオズキ(鬼灯、酸漿)」、「カブトムシ」 ・・・。松本市内、実家の近所のマーケットなどで見つけた夏のサウダージのいくつか。

「サウダージ/Saudade(サウダーヂあるいはサウダーデともという)」ポルトガル語がある。よくボサノバなどの歌詞で聴く言葉である。一般的には「郷愁」と訳されているが、単なる郷愁(nostalgie、ノスタルジー)でなく、温かい家庭や両親に守られ、無邪気に楽しい日々を過ごせた過去の自分への郷愁や、大人に成長した事でもう失くしてしまったかもしれない感情、古き良き時代への憧憬、懐かしい人への思慕、切なさなど幅広い感情を意味する言葉と言われる。

今年は、母と妹の新盆を迎える「サウダージの夏」。

a0110730_18333954

日本人でこの「サウダージ」を歌えることのできる歌手の一人と言われているのが「松田美緒」。2005年、「アトランティカ/Atlantica」で鮮烈デビューしたポルトガル帰りの歌姫である。秋田県生まれ、九州・京都育ちという。「アマリア・ロドリゲス/Amália Rodrigues」の「ファド/Fado」に出会い、ポルトガル語を独学で学びながら歌い始める。2001年ポルトガルを初めて訪れ、リスボンに住み、ファド・ハウスやレストランで歌い、生きたファドの文化を現地の人々との深い交流を通して学んだという。その後、ヨーロッパの旅やリスボンでの留学を通じ、様々なミュージシャンと交流し、ファドはもちろんポルトガル語圏のさまざまな音楽を歌う。2004年10月、リオ・デ・ジャネイロで1stアルバムをレコーディング。2005年8月、全曲ブラジル録音による「アトランティカ」で日本デビューを果たす。ポルトガルを起点に、ブラジル、世界へと国境を感じない音楽を追い求め、ワールド・ミュージック・シーンで活動する女性シンガーが、「松田美緒」。

d_matsuda_mio

最初に彼女に出会ったのは、ハワイ、沖縄からカリブまで、南のアイランドに寄せる郷愁を集めたコンピレーション・アルバム「リゾート・エア~パシフィカ/Resort Air~Pacifica」(2005)。そこに収録されている「OUTRA LUA/島唄(ポルトガル語バージョン)」 を聴いたとき、見事にこの歌が「ファド」に溶け込んでいると感じた。そして、日本デビュー・アルバム、「アトランティカ」と彼女の繰り広げる「サウダージ」の世界にはまってしまったのだ。元来、フォルクローレ、ファド系、ボッサ系に弱いという私の弱点?を見事に突かれた。

リゾート・エア~パシフィカ

オムニバス 松田美緒 サンディー 夏川りみ ケアリイ・レイシェル オータサン BEGINビクターエンタテインメント

アトランティカ

松田美緒ビクターエンタテインメント

いずれも、残念なことにYOUTUBEにアップされていないようなので、最近のアルバム、「クレオールの花」(2010)からアップしておきましょうか。雰囲気だけでも ・・・。

クレオールの花

松田美緒 / オーマガトキ

「Hugo Fattoruso & Mio Matsuda – Un canto para mamá (de Eduardo Mateo) 」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

一ヶ月早いが七夕人形を飾る

Tags: , ,

DSC_0456
b0102572_1657562

ふるさと松本の七夕は、八月七日、旧暦で行われる。そして、全国でも松本地方だけの風習らしいが、この地方では七夕に、お雛様や五月人形と同じように、子供たちの健やかな成長を祈って、男女一対の木製や和紙で作られた「七夕人形」を飾るのである。(参照拙ブログ「ふるさとエレジー(2) ~七夕人形がつなぐ想い~」

今年も、例年通り、昨日訪れた孫娘の健やかな成長を願って、一ヶ月早いが七夕人形を飾った。そして、かって「和紙人形」づくりを趣味としていたが、今年の2月に亡くなってしまった母親が作った可愛らしい「七夕人形」も ・・・ 。人形作りをしていた母親の在りし日の姿が目に浮かぶ。

jan_s

さて、今宵もほっこりおばさん、「ジャネット・サイデル/Janet Seidel」を続けてみましょうか。彼女のアルバムのほとんどは、スタンダードを中心としたカバー曲である。そんな彼女が往年の人気女性歌手3人に捧げたアルバム、トリビュート3部作がある。3人とは、「ペギー・リー/Peggy Lee」、「ドリス・ディ/Doris Day」、「ブロッサム・ディアリー/Blossom Dearie」であるが、残念なことに、「ペギー・リー」は、2002年1月、「ブロッサム・ディアリー」は2009年2月鬼籍に入ってしまった。

「ベッドで煙草はよくないわ~ペギー・リーへ捧ぐ」が、2002年の日本でのデビューCDだったと思う。ここに収録されている「ブラック・コーヒー/Black Coffee」もなかなかいい雰囲気。私が、高校生の頃に酔いしれた歌、西部劇「大砂塵」の挿入歌、「ジャニー・ギター/Johnny Guitar」や、「ゴールデン・イアリングス/Golden Earrings」もシニアの私を泣かせる。



ベッドで煙草はよくないわ~ペギー・リー・トリビュート
ジャネット・サイデル / 徳間ジャパンコミュニケーションズ
 

「Johnny Guitar - Janet Seidel」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Janet Seidel – Don’t Smoke In Bed」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

アメリカが生んだ国民的スター、「ドリス・ディ」のレパートリーをカヴァーしたアルバム、「ドリス&ミー」。

ドリス&ミー ~センチメンタル・ジャーニー

ジャネット・サイデル / ミューザック

「Janet Seidel – Sentimental Journey」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Janet Seidel – Embracеable You」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

永遠のウィスパリング・ミューズ、「ブロッサム・ディアリー」に捧げたアルバム。

ディア・ブロッサム

ジャネット・サイデル / インディペンデントレーベル

「Janet Seidel – I’m Hip」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

まさに「リラックス」、「メロウ」、「ムーディ」、「ジェントル」、「スイート」とは彼女の歌のためにある言葉のようだ。

ふるさとエレジー(21) ~ レトロなグラスで焼酎を飲む ~

Tags: , ,

DSC_0228
 
いつものように、母親と実家のケアのため帰郷する。松本と言えども、今年の厚さは厳しく、家に入るとむっとする。窓をすべて開け放つと、やっと涼しい風が通りだした。かって親父が丹精込めた庭は見る影もなく、青々と雑草が生い茂っている。汗だくになりながら、手刈りで雑草を刈った。手入れをしなければ廃屋と化していってしまう。いつまでもつかわからないが、次回は刈払い機でやらなければ体が持たないかもしれない。

DSC_0235
 
一休みしてから、夕食の買い出しやら何やらで街中まで出かける。いつもの「蔵通り」には、七夕人形が飾られている。お雛様や五月人形と同じように、子供たちの健やかな成長を祈って、旧暦の七夕に飾られる松本独特の風習である。

ひとしきり街歩きを楽しんだ後、実家に帰り、蔵通り、「ちきりや」にて求めた、涼しげで、すこしレトロなグラスで、「みずしろ」の山葵漬けを肴に焼酎をロックで飲む。夜の帳に包まれ、気温もすっかり下がり、いや至福の時間 ・・・。こんな時は、あまり考えることもなく、ただ流れる音楽に身を委ねていたいのである。

そこで、実家で聴けるように用意していったアルバムは、「デニース・ドナテッリ/Denise Donatelli」の「ソウル・シャドウズ/SOUL SHADOWS」。そして、「クリスティーナ・トレイン/Kristina Train」の「Dark Black」など。

about
 
「クリスティーナ・トレイン」。風呂井戸さんのブログで紹介してもらったが、名門ブルーノート・レーベルが「ノラ・ジョーンズ/Norah Jones」らに続いて送り出した注目のシンガー・ソングライターである。1986年1月、ニューヨーク生まれ。子供の頃から、同じ世代の子供たち夢中になる流行の音楽とは無縁で、家で母親がかける「ジョニ・ミッチェル/Joni Mitchell」、「キャロル・キング/Carole King」、「ナット・キング・コール/Nat King Cole」、「アレサ・フランクリン/Aretha Franklin」などを好んで聴いていたという少し大人びた子供だったという。そんなためか、彼女の音楽世界には、古きよき時代のブルースやソウル、ジャズ、ポップスなどが色濃く反映している一方、彼女が今生きている現代の都会の喧騒、孤独といった雰囲気も強く伝わってくる。暗いというより、むしろ落ち着いた雰囲気といった方がいいかもしれない。そんな、ただ酒を飲みながら身を任せていたいアルバムは、デビュー2作目、「Dark Black」。

Dark Black

Kristina Train / Umg

「Kristina Train – Dark Black」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

何回かもう数えきれないほど、兵庫県と松本とを車で往復しているが、今度の帰り道、気がつけば、車の距離計は「10万㎞」を超えていた。これだけ乗っても、新車の時と変わりない、つかれることのない乗り心地と走行の安定感に感謝。

DSCN5586
 
 
 
 

早逝のシンガー・ソングライターが誘う癒しの世界

Tags: , ,

DSC_0163
 
何年か前に故郷・松本で買い求めた「七夕人形」を、今年も飾った。松本の七夕は、旧暦で行われる。短冊を笹や竹につるして飾る一般的な「七夕飾り」と共に、男女一対の木製や和紙製で作られた「七夕人形」を軒下につるしてお祝いをするのである。この「七夕人形」を飾る風習は、江戸時代から今に伝えられている風習で、お雛様や五月人形と同じように、赤ちゃんの誕生の初節句に、その健やかな成長を祈って贈られる人形である。(参照拙ブログ「ふるさとエレジー(2) ~七夕人形がつなぐ想い~」) 孫娘が生まれると分かった年の七夕から、毎年、新暦のこの日から旧暦まで、この故郷の人形を飾ることにしている。

Judee+Sill+Judeepng
 
盆も近づくこの時期になると、不幸にして願いかなわず、早逝してしまった女性ジャズ・シンガーを思い出す。「べヴァリー・ケニー/Beverly Kenney」、「エヴァ・キャシディ/Eva Cassidy」、ノルウェイの「ラドカ・トネフ/Radka Toneff」などが浮かんでくる。そんな歌手ほど癒し系の様な気がする。「ジュディ・シル/Judee Sill」も、シンガー・ソングライターではあるが、そんな一人である。

「ジュディ・シル」。私と同世代の、1944年生まれのアメリカのシンガー・ソングライター。1970年代初頭のわずかな間だけ、音楽シーンに浮上したが、1979年に薬物の過剰摂取によって、35歳の若さで他界。それまでにリリースしたアルバムは、たった2枚である。彼女は、子供の頃に親兄弟と死別、養父のDVで家出、放浪を繰り返し、10代で結婚したが、すぐ離婚。その後、ドラッグや犯罪に手を染めて刑務所行きというお決まりの転落コースをたどったうえで、ついにコカインの過剰摂取により1979年11月に死亡。その彼女の歌にスポットライトが当たったのは、今世紀になってのことだという。

死後、未発表の音源などで構成され、リリースされたアルバムなどもいくつかあるが、生前にリリースされたオリジナルの2枚こそが、彼女の生き様やアイデンティティを雄弁に語っている。1971年発表のファースト・アルバム「ジュディ・シル/Judee Sill」と、2年後にリリースされた、「ハート・フード/Heart Food」の2枚である。

これらのアルバムからは、ヒッピー・ジェネレーションの典型的ともいえるような波乱の青春時代を送り、挙句の果てに悲惨な死を遂げた彼女の人生からは、全く想像できないような穏やかで優しく、信仰心に溢れた「癒しの世界」が見えてくる。きっと彼女は現在の不道徳で穏やかならざる自分と、それとは全く違う本質的な自分がよくわかっていたのでしょう。だからこそ、本質的な自分が生きたい世界を、歌に託して表現したのでしょう。
 
ミステリアスな「モダン・フォーク系シンガー・ソングライター」と称された、「ジュディ・シル」が1971年に発表したファースト・アルバム。長い間、幻の名盤と言われたが、2013年デジタル・リマスタリング盤として再発売。私もこの盤で初めて彼女を知った。

ジュディ・シル

ジュディ・シル / ワーナーミュージック・ジャパン

「Judee Sill – Lady-O」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

1973年発表したセカンド・アルバム「Heart Food」。彼女のやさしい歌声とやわらかで純粋な音の世界は、40年後のいまなお、人々を「癒しの世界」へといざなう。

ハート・フード

ジュディ・シル / ワーナーミュージック・ジャパン

セカンド・アルバムから「the kiss」をライブで ・・・。

「JUDEE SILL – the kiss – Live 1973」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 
 
 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.