JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

夏は来ぬ

Tags: , ,

DSCN0470
DSCN0498
 梅雨の中休みですか、暑くなってきました。夏になると、公園の「丘の流れ」には、水遊びをする多くの子供たちがやって来る。車でしかくる手段がないので、天気の良い休日は、開園してすぐに駐車場も満車になってしまうくらい。入園料も駐車料金も無料。お弁当を持ってくれば、広い自然の中で、一日安全で楽しく遊べるし、いろいろなイベントも行っている。そんなことから、口コミで人気が広がっているらしく、年々来園者がふえているという。今年は、開園してから20周年を迎える。

 今宵は、夏讃歌。「サマー・ソング/Summer Song」。1961年、あの「デイブ・ブルーベック/Dave Brubeck」が作曲し、奥さんの「アイオラ・ブルーベック/Iola Brubeck」が作詞した曲。恋の素晴らしさを夏に例えた歌で、「ルイ・アームストロング/Louis Armstrong」をフューチャーしたアルバム、「ザ・リアル・アンバサターズ/The Real Ambassadors」で発表したという。

【 Summer Song 】 by Iola Brubeck / Dave Brubeck

「♪ Love to me is like a summer day,      私にとって愛は夏の日のよう
  Silent, ’cause there’s just too much to say. 静かで、簡単には言えない多くの理由もある
  Still and warm and peaceful !        ひっそりとして暖かくそして平和
  Even clouds that may drift by,        流れる雲でさえ
  Can’t disturb our summer sky.        私たちの夏の空を乱すことはできない
  I’ll take summer, that’s my time of year.   夏が一番いい、夏こそが一番
  Winter shadows seem to disappear.     冬の気配は全くせず
  Gayest, warmest season!          最も陽気で、暖かい季節
  That’s the reason I can say,         それが理由さ
  That’s I love a summer day.          私が夏を愛する理由さ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

b0102572_11535364

 歌うは、 イタリア出身のジャズ歌手で、美しく艶やかでいて情熱な「アリーチェ・リチャルディ/Alice Ricciardi」。アルバム、「カムズ・ラヴ/Comes Love」(2008)から。

 「アリーチェ・リチャルディ」は、1975年イタリア、ミラノ生まれ。「プッチーニ」などを輩出した「ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院」に入り、バイオリンとピアノを学び、その後、「ミラノ国際音楽アカデミー」で、彼女より一足先にJAZZシンガー・デビューを果たしている「ロバータ・ガンバリーニ/Roberta Gambarini」などと共にヴォーカルの勉強もスタートさせたという。デビュー作後、消息を聞かなかったが、2ndアルバム、「Optics」(2014)を聴いた時は、「しばらく見ぬ間に、すっかり大人の風格をもち、本格派のジャズ歌手に脱皮した」、そんな印象を持った。

カムズ・ラヴ

アリーチェ・リチャルディ / EMIミュージック・ジャパン

「Alice Ricciardi – Summer song」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

    

     

一庫公園 桜づくし

Tags: , , ,

ヒトクラエドヒガン3
ヒトクラエドヒガン19
ヒトクラエドヒガン8
ヒトクラエドヒガン20
ヤマザクラヒトクラ4
オオシマザクラ3
 森林ボランティアの活動フィールドである兵庫県立「一庫公園」。市天然記念物に指定されている「エドヒガン(江戸彼岸)」群生林の整備を続けてきたが、お待ちかね「エドヒガン」をはじめとして、「ヤマザクラ(山桜)」、「オオシマザクラ(大島桜)」が、一斉に咲き出した。例年は開花の時期に時差があるのだが、厳冬が続いた後、一気に暖かくなったためか、百花繚乱、一斉に咲き誇りだした。やはり「桜」が咲かないことには ・・・。

71xXDWIQzhL__SL1083_

 今宵の曲、この百花繚乱に似合う曲、バッハの「G線上のアリア/Air on the G String」のジャズバージョンをいくつか。

 といえば、まっさきにこの人でしょう。「ジャック・ルーシェ/Jacques Loussier」。

「ジャック・ルーシェ」は、1934年にフランス西部のアンジェで生まれ、15歳で「パリ音楽院」に入学したが、中退。その後、ジャズに魅せられ、「ジャクリーヌ・フランソワ/Jacqueline Francois」や「シャルル・アズナヴール/Charles Aznavour」等の伴奏を務める。その後、バッハ作品をジャズの表現の中に生かそうと、1959 年に初の「プレイ・バッハ」発表、大成功を収める。たしか第1集から第6集まで出されたが、1974年に病に倒れ、以後10年間はトリオの演奏活動を休止した。しかし、バッハ生誕300周年を翌年に控えた1984年、デジタル録音版の「デジタル・プレイ・バッハ」で見事にジャズのバッハ弾きのトップ・アーティストとしてカムバックした。初期の「Play Bach」に比べ、より流麗で、JAZZYに洗練されたアルバムになっている。まさに「バッハ弾き」の真骨頂が味わえる。

デジタル・プレイ・バッハ

ジャック・ルーシェ / キングレコード


「JACQUES LOUSSIER – Air On A G String (J.S.Bach) 1984」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

3cd196_7a1bb37138284f088a5112458b601f4c~mv2

 さて、もうひとつのピアノ・トリオは、「トリオX・オブ・スウェーデン/Trio X of Sweden」。「レナート・シモンソン/Lennart Simonsson (p)」、「パー・ヨハンソン/ Per V Johansson (b,elb)」、「ヨアキム・エクバーグ/Joakim Ekberg (ds)」の3人によって、2002年に結成されたスウェーデンのピアノ・トリオである。

 そんな彼らが、これまでの成果を一枚に結実したというアルバムが、「トロイメライ/Traumerai」(2012)。そう、シューマンのトロイメライ、バッハのアリア、ベートーベンの月光 ラベルのボレロなど、クラシックの楽曲を彼らなりのプログレッシヴな方法で、ジャズ化した作品。ところどころ、e.s.tのような雰囲気も感じますが、やはり同じスウェーデン出身だからでしょうか、北欧ジャズ・ピアノ特有の乾いた空気と叙情性、ロマンティシズムを感じさせる。

 「トロイメライ/Traumerei」という言葉は、ドイツ語で、「白昼夢」、「幻想」、「夢想」を意味する言葉。たった一週間ほどの百花繚乱の桜の夢。

Traumerai

Trio X Of Sweden /


「Trio X Of Sweden – Air ( J.S. Bach)  From Orchestral Suite No 3 BMW 1068」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 最後は、「MJQ」こと、「マンハッタン・ジャズ・クインテット/Manhattan Jazz Quintet」。ホーンをどうアレンジするか ・・・。「デヴィッド・マシューズ/David Matthews」の腕の見せどころ。パーソネルは、「ルー・ソロフ/Lew Soloff – trumpet」、「ジョージ・ヤング/George Young – truor sax」、「David Matthews – piano」、「チャーネット・モフェット/Charnett Maffett – bass」、「ヴィクター・ルイス/Victor Lewis – drums」。

4135ESZDW9L

     
G線上のアリア/Air on the G String
マンハッタン・ジャズ・クインテット/Manhattan Jazz Quintet
テイチクエンタテインメント


     
     

「Manhattan Jazz Quintet - Air on the G string」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

   



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.