JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

台風21号の後始末をする

Tags: , , ,

DSCN1024
DSCN1019
 先々週の台風20号に続いて、21号が近畿地方直撃、今度は、我が地域付近を台風の中心が通過するという、ほぼど真ん中のストライク・コース。20号に比べ、大型に加え、進むスピードが早かったので、かなり強い「風台風」だったらしく、各地で風の被害が凄かったようだ。 我が公園も、今回は、公園内のいたるところで木が倒れているという報告。朝、震度7の大きな地震が北海道で起こったというニュースに驚きながら、遊びの山の被害調査と後片付け、修復へと向かう。

DSCN1028あ
DSCN1032
 森林内の倒木。来園者の安全に問題なければ、これも自然のサイクルの一環として放っておくのだが、自然観察路付近の倒木やクヌギの再生林の場合はそうはいかず、早く処理、復旧をしなければならない。7月の西日本豪雨、8月の台風20号に続いての後始末である。これも自然と向き合っているボランティア活動ならば仕方のないことである。愚痴や文句を言うメンバーは一人もいない。そんな仲間と共に、倒木処理やネットの修理、21号の後始末にせっせと精を出す。倒れてしまった貴重な台場クヌギは、次回の炭焼きの窯木として使えそうなため、80cmに玉切りをして作業を終える。

 さて、今宵の歌。先日惜しくも他界し、「ソウルの女王」とも呼ばれた「アレサ・フランクリン/Aretha Franklin」。曲は、「キャロル・キング/Carole King」の名曲のカバー、「You’ve Got A Friend (邦題:君の友だち)」と「アメイジング・グレイス/Amazing Grace」。ソウルフルな歌唱は、まさにゴスペルである。アルバム、「 アメイジング・グレイス/Amazing Grace」(1972)から。「Precious Lord (慕いまつる主なるイエスよ)」や「Take My Hand」などのゴスペルを被せた編曲。録音は、1972年、バプティスト派の大きな教会で、信者席に熱烈なオーディエンスを迎え、大編成のファンキーなバンドと「サザン・カリフォルニア・コミュニティ・クワイア/Southern California Community Choir」をバックコーラスに従えて行われた。このアルバムは全米で200万枚売上を 記録し、グラミー賞(the 1972 Grammy Award for Best Soul Gospel Performance)に輝いたという。

514hM8YWSeL
      
Amazing Grace
アレサ・フランクリン
Atlantic / Wea


      
       

「Aretha Franklin – Precious Lord, Take My Hand – You’ve Got A Friend」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 16分を超える熱唱 ・・・。

「Amazing Grace – Aretha Franklin」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
     

        

台風直撃の日は ・・・

Tags: , , , ,

DSCN1004
 先々週の台風20号に続いて、21号が近畿地方直撃、今度は、ほぼど真ん中のストライク・コース。神戸に再上陸後、我が地域付近を台風の中心が通過した。20号に比べ、かなり強い台風という予報だったので、こんな日は早々に買い物を済ませ、読書、音楽か、海外TVドラマ三昧と決め込んでいた。学校は休み、企業も交通機関の運休を受け、早々に休みを決めたとあって、開店直後にも関わらず、スーパーは朝から結構な数の買い物客。10時頃には、市内の一部の地域に「避難準備・高齢者等避難開始」が発令されたいうメールもあり、今回は、心構えも準備万端。やがて昼過ぎから風、雨足ともに強くなり、午後2時過ぎにピークを迎えたが、それもたった10分程度。関空やら大阪では風の被害が大き方らしいが、我が地域では、全くの拍子抜けであった。それにしても今年はよく来ます。 

aznavour-club-bg
 じっくりと読んだ朝の朝刊。シャンソンの大御所、「シャルル・アズナヴール/Charles Aznavour」が、94歳で来日、2日間のコンサートをこなすという記事。1924年生まれ、94歳ですよ!! いままで1400曲以上のシャンソンを書く傍ら、俳優としても大いに活躍し、「フランソワ・トリュフォー/François Truffaut」のヌーヴェル・ヴァーグ映画の名作、「ピアニストを撃て/原題;Tirez sur le pianiste」(1960)などに60本以上の映画に出演しているという。その秘訣は何なんでしょうね。

 ジャズ好きの私にとっても、もう残念なことに二人共鬼籍に入ってしまった、「アンリ・サルヴァドール/Henri Salvador」、「ピエール・バルー/Pierre Barouh」とならんで、気にかかる存在だった男性シャンソン歌手である。1960年代から70年代にかけて、日本で起こった「シャンソン・ブーム」の立役者でもあり、「帰り来ぬ青春/Hier encore 」、「ラ・ボエーム/La bohême」、「哀しみのヴェニス/Que c’est triste Venise」、「世界の果て/Emmenez-moi」、「コメディアン/Les comédiens」、「イザベル/Isabelle」など、多くの曲に日本語の訳詞がつき、多くの日本人シンガーによって、いわゆる「シャンソン喫茶」でよく歌われた。

buenos-aires
 私の思い出となる彼の曲は、「忘れじのおもかげ」という邦題がつけられた、「She」。最初は、イギリスのTVドラマのために作られたというが、その後、「ジュリア・ロバーツ /Julia Roberts」、「ヒュー・グラント/Hugh Grant」主演の映画、「ノッティング・ヒルの恋人/原題;Notting Hill」(1999)の主題歌として、「エルヴィス・コステロ/Elvis Costello」がカバーし、リバイバル・ヒットした。その映画「ノッティング・ヒルの恋人」を、妻とヨーロッパへ向かう機内で観て、この曲を知った。ベタな甘い歌詞が綴られた曲であるが、秋の気配が近づくと、年甲斐もなく聴きたくなるラヴ・ソングでもある。

【 She 】  作詞;Herbert Kretzmer 作曲;Charles Aznavour

「♪ She may be the face I can’t forget    きっと忘れない彼女の表情
  The trace of pleasure or regret       彼女は愛の喜び、それとも後悔の軌跡
  May be my treasure or the price I have to pay  彼女は僕の宝物、それとも代償
  She may be the song the summer sings   彼女は夏が奏でる詩
  May be the chill the autumn brings      彼女は秋が運んでくる涼やかな風
  May be a hundred different things   彼女は一日のなかで起こるたくさんの出来事の
  Within the measure of a day         優劣を決めてくれる   

  She may be the beauty or the beast    彼女は美女、それとも野獣
  May be the famine or the feast        彼女は飢え、それともご馳走
  May turn each day into a heaven or a hell  彼女次第で毎日が天国にも地獄にもなる
  She may be the mirror of my dream      彼女は僕の夢を映す鏡
  The smile reflected in a stream        彼女は小川のせせらぎに映った微笑
  She may not be                でもひょっとしたら
       what she may seem inside her shell   彼女は見かけとは違うかもしれない

       ・・・・・・・・・・・

  She may be the reason I survive  彼女は僕が辛くても負けずに生きていける理由
  The Why and when for I’m alive    僕が生きている理由そのもの
  The one I’ll care for through      これまで何年もの間様々な起伏を乗りこえて
        the rough in many years      彼女を見守ってきた
  Me,I’ll take her laughter and her tears  時に彼女を笑わせ、時には泣かせ
  And make them all my souvenirs     それが今はたくさんの思い出になっている
  For where she goes I’ve got to be    たとえ彼女がどこへ行こうと僕はついていこう
  The meaning of my life is she,she,she  僕の人生の意味は、彼女、そう彼女だから ♪」
  
   

 ノッティングヒルの恋人 [DVD]

 トレヴァー・ジョーンズ / 松竹
   

 ベスト・オブ・エルヴィス・コステロ

 エルヴィス・コステロ / マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

「Elvis Costello ー She」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 そして、この来日がもう最後であろうといわれている、大御所「シャルル・アズナブール」も聴いてみたいですね。ベスト・アルバム、「Greatest Hits」(2001)。
   

 グレイテスト・ヒッツ・フォー・ジャパン

 シャルル・アズナブール / EMIミュージック・ジャパン

 映像は、カーネギーホールでのライブのようです。


「She – Charles Aznavour」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 そして、JAZZYな演奏と歌唱も ・・・。

 ピアノ・ソロで美しいメロディを紡ぎだすのは神戸出身の「小曽根真」。ピアノによる「She」もロマンチックで流麗でうっとりするほど美しい。ソロからオーケストラまで最近の活躍を集めたベスト・アルバム「バラード」(2008)から。

 バラード

 小曽根真 / ユニバーサル ミュージック クラシック

「小曽根真 ー She」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 フリューゲル・ホーンの若手の名手でありながら、その甘い声とマスクで女性に人気があるという「TOKU」。最近は、「カレン・ソウザ/Karen Souza」などとも共演している。 なんのCMだったか忘れたが、TVCFでも彼が歌うこの曲が使われていたとおもう。アルバムは、「Love Again」(2008)。

 ラヴ・アゲイン

 TOKU / SMJ(SME)(M)


「She - トク/TOKU」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

     

      



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.