JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

里山の語り部としても

Tags: , ,

DSCN8939
 秋晴れの空の下、今日も台場クヌギの伐採。気温も、太陽も、わずかに吹いてくる風も、チェーンソーの唸る音も、心地よい。汗を拭うのは、久しぶりである。作業をしていると園内を散策している人から、「どうして木を伐っているんですか? 何の木ですか? どうするんですか? 皆伐しても大丈夫ですか?」などの質問を結構受ける。菊炭のこと、地域の伝統文化だった炭焼きのこと、台場クヌギのこと、そして里山と人々の暮らしのことなど ・・・。そんなことを来園者に丁寧に語るのも、森林ボランティアの重要な役目である。

 こんなに天気が良かった日の夜は、空気が澄んで、一段と月が綺麗。そんな夜に聴くのは、「大石学」のピュアなピアノ。

b0102572_15563739

 「大石学」。1963年、横浜生まれのジャズピアノ・キーボードプレイヤー、編曲家。「ヤマハ ネム音楽院」卒業後、プロとしての活動をはじめる。「阿川泰子」、「松山千春」、「野口五郎」等のレコーディング・コンサートツアーに参加しつつキャリアを積んだという。私が知っているだけでも、「レディ・キム/Lady Kim」、「ケイコ・リー」、「伊藤君子」、「石野見幸」、「土岐麻子」などとのレコーディングやステージに、アレンジャー、歌伴として参加している。

 1997年に初リーダー・アルバム「Tears Rained Down」をリリース。2002年、「イーストワークス・エンターティメント(ewe)」より、「大石学トリオ」の1st「PAITED DESERT」を発表、以後2005年までの間にトリオ名義で4枚、トータルでは7枚のアルバムをeweから発表している。 また、2010年からは、澤野工房から、「Water Mirror」「Gift」「ETERNAL」などをリリース。その澄み切った音色と、静寂の「間(ま)」の絶妙なバランスにいつも魅かれてしまう。

 アルバム、「Water Mirror」と「Eternal」に収録されている曲から、ソロのメドレー。静かで穏やかな夜を思わせる「Calm」、「Winter Waltz」。彼自身の言葉によると、「WATER MIRROR=明鏡止水」だという。「ただただ、美しい音を出そう」という一念で奏でたその美しい響きが、鏡のように磨き上げられたような水面を波紋のように拡がっていく。

WATER MIRROR

マナブ・オオイシ / 澤野工房

ETERNAL

マナブ・オオイシ・トリオ / 澤野工房

「Calm ~ Winter Waltz - 大石学」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 アルバム、「TOSCA」からタイトル曲を。

TOSCA

大石学 / インディペンデントレーベル

「TOSCA – 大石学」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 ソロ・アルバム、「Water Mirror」に収録されている、「After The Rain」。アルバムからのアップがありませんでしたので、サックス奏者「土岐英史」との演奏で。

「Hidefumi Toki & Manabu Ohishi – After The Rain」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

真夏の一日は神戸案内人に

Tags: , ,

885

三男が首都圏から帰ってきた。いわゆるUターン。8年間首都圏であるメーカー勤めをしたが、その会社にも首都圏にも馴染めなかったようで、さっさと転職先を神戸に探し、住む先も決めて8月から新天地で頑張るという。新居の確認と再就職のお祝いにと久しぶりに神戸まで出かけた。

新居を訪れ、場所を確認してから、私たち夫婦ご贔屓の旧居留地にあるレストランで昼食。そのあとは、神戸の遊び場を知っておきたいという息子のリクエストに応えて、旧居留地界隈から、ハーバーランド、ポートアイランド、神戸空港、六甲山 ・・・へと。街から海へ、そして山へと、真夏の一日は神戸案内人に。

さて神戸は日本のJAZZ発祥の地。そして、私がジャズ・ピアノ、とりわけヨーロッパのアーティストを贔屓にしていることは、このブログに何度となく書いてきた。そんなヨーロッパのジャズ・ピアニストと同じ雰囲気、美学や資質を感じる日本のジャズ・ピアニストが「大石学」である。

OISHI-145f9

1963年、横浜生まれのジャズピアノ・キーボードプレイヤー、編曲家。「ヤマハ ネム音楽院」卒業後、プロとしての活動をはじめる。「阿川泰子」、「松山千春」、「野口五郎」等のレコーディング・コンサートツアーに参加しつつキャリアを積んだという。私が知っているだけでも、「レディ・キム/Lady Kim」、「ケイコ・リー」、「伊藤君子」、「石野見幸」、「土岐麻子」などとのレコーディングやステージに、アレンジャー、歌伴として参加している。

1997年に初リーダー・アルバム「Tears Rained Down」をリリース。2002年、「イーストワークス・エンターティメント(ewe)」より、「大石学トリオ」の1st「PAITED DESERT」を発表、以後2005年までの間にトリオ名義で4枚、トータルでは7枚のアルバムをeweから発表している。 また、2010年からは、澤野工房から、勝手紹介したことのある、「Water Mirror」「Gift」「ETERNAL」などをリリース。

ohishi_colb-1ca4f

eweからの数枚が、7月で廃盤予定と聞いたので、2006年発売の「Voyager」を入手し早速聴いてみた。澤野工房からの一連のシリーズでは、美メロ、透明感といった面が強く出ていたように感じたが、このewe時代の大石は、もっともっと疾走感やダイナミズムに溢れているように感ずる。

彼がピアノを弾くきっかけは、「本田竹広」氏と「ジョー・サンプル/Joe Sample」だったという。16才の頃、「ネイティブ・サン/Native Son」のコンサートを観、同じ頃FMで、「ジョーサンプル」のソロ、「虹の楽園」を聴き、17才の時、文化祭で「完コピ」を披露したという。故「本田竹広」氏へ捧げたタイトル曲、「ボイジャー」を含む9曲のオリジナルと、絶妙なインタープレイが冴え渡る「チャーリー・パーカー/Charles Parker」の「コンファメーション/Confirmation」を収録。ピアノに加え、ハモンド・オルガン、ピアニカを操る「大石学」。見事なインプロヴィゼーション、入魂のベースは「米木康志」。冴えるリズムを刻む「原大力」。

Voyager

大石学トリオ / ewe records

このアルバムの楽曲は残念ながらアップされていません。アルバム、「TOSCA」からタイトル曲をアップしておきます。

TOSCA

大石学 / インディペンデントレーベル

「TOSCA - 大石学」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

出典は不明ですが、多分自宅でのプライベートな録音でしょうか。ソロを ・・・。

「Amazing Grace ~ Peace - 大石学」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.