JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

梅の便りがなかなか来ないので ・・・

Tags: , ,

DSCN9720
DSCN9722
 梅の便りがなかなか届かない。ご近所の梅の花も、まだ固い蕾のまま。ことしは寒さの影響で、1~2週間遅れているとか・・・。しからば、春の気分に浸ろうと、隣町の「宝塚あいあいパーク」へとお茶も兼ねて出かける。ここはあの阪神淡路大震災で倒壊した住宅地を市が公園と公民館として再開発した場所。英国調の建物の中庭にある大きな園芸屋さんには、早咲きの「ツバキ(椿)」をはじめ、一足先に色とりどりの花たちが ・・・。外はときどき小雪が舞う天気だったが、ここだけはもうカラフルな春といっぱいの暖かさ。

b0102572_2226385

 かって「向田邦子」が、そのエッセイ「水羊羹」で、『水羊羹に一番似合う』と評した女性シンガーがいる。「ミリー・ヴァーノン/Milli vernon」である。こんなふうに評している。

 『水羊羹を食べる時のミュージックは、ミリ―ヴァーノンの Spring Is Here が一番合うように思います。この人は、1950年代にたった一枚のレコードを残して、それ以来、生きているのか、死んでいるのか、まったく消息のわからない美人歌手ですが、冷たいような、甘いような、けだるいような、生ぬくいような歌は水羊羹にぴったりに思います。』 (向田邦子;「眠る盃」より)(再録)

眠る盃

向田 邦子 / 講談社



b0102572_1015645

 そのアルバムは、「イントロデューシング/Introducing」。『水羊羹に合う』かどうかは別にしても、どの曲も、しっとりと、やや憂いを含んで、ムーディに、歌い上げている。「向田邦子」が、『水羊羹に一番あう』と評した「スプリング・イズ・ヒア/Spring Is Here(邦題;春が来たと云うけれど)」は、1938年、「リチャード・ロジャース/Richard Rodgers」、「ローレンツ・ハート/Lorenz Hart」のゴールデン・コンビの手になる、古い時代のミュージカルの曲。

 「恋人がいないから春が来ても心が弾まず、憂鬱なの」と、甘く、けだるく、しかし情感豊かに歌われる。全編を通じ、レトロだが、聴いたあとの後味がいいというか、どこか豊かな落ち着いた気持ちにさせてくれる曲とアルバム。

【 Spring is here 】     by Richard Rodgers, Lorenz Hart

「♪ Sprinh is here              春が来たって
   Why doesn’t my heart go dancing    でも、私の心が浮き浮きしないのはなぜ
   Spring is here              春が来たって
   Why isn’t the waltz entrancing     でも、ワルツを聴いても心が弾まないのはなぜ
   No desire no ambition leads me     欲しいものもやりたいことも何もない
   Maybe it’s becaus nobody needs me   多分誰も私のことを必要としていないから

   Spring is here              春が来たって
   Why doesn’t the breeze delight me   でも、そよ風に私の心が浮き立たないのはなぜ
   Stars appear                美しい星たちも
   Why doesn’t the night invite me      でも、夜が私を誘わないのはなぜ
   But maybe it’s because nobody loves me  多分誰も私のことを愛していないから

   Spring is here               春が来たって
   Spring is here               春が来たって
   Spring is here I hear           春が来たっていうけど ♪」

イントロデューシング

ミリー・ヴァーノン / ミューザック

 「Spring Is Here」。「春が来たのに、なぜ私の心は浮き浮きしないのかしら?」と微妙な女心を歌う。アルバム、「Introducing Milli Vernon」から。ミュージカル・ナンバーなのでヴァースから始まりますが ・・・。

「Spring Is Here ー Milli Vernon」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 そして、この曲をリリカルに奏でるのは、ご存知「ビル・エヴァンス・トリオ/Bill Evans trio」。名盤「ポートレイト・イン・ジャズ/Portrait in Jazz」(1959年)。「ビル・エヴァンス(p)」、「スコット・ラファロ/Scott LaFaro(b)」、「ポール・モチアン/Paul Motian(ds)」からなるトリオのスタジオ・アルバム。

ポートレイト・イン・ジャズ+1

ビル・エヴァンス / ユニバーサル ミュージック クラシック

「Bill Evans trio-Spring is here」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

    

   

春を待たずに咲く花

Tags: , ,

DSCN6638
 
まるで春のようなぽかぽか陽気。3月下旬の気候だとか、立春も間近 ・・・。その陽気に誘われて向かった先は「宝塚あいあいパーク」。英国調の建物の中庭の植木屋さんには、春を待たずに、「ロウバイ(蝋梅)」の黄色い花、早咲きの「ツバキ(椿)」がいっぱいの花を咲かせていた。やはりこの陽気に誘われてか、園内は花を買い求める人や、園芸用品を買い求める人で一杯。春の訪れも、もうすぐであることを実感。
 
caecilie%20norby%2001
 
さて、今宵の「お久しぶり熟女シンガー」は、「セシリア・ノービー/Caecilie Norby」と参りましょうか。北欧美女シンガー図鑑でも取り上げた北欧デンマークの大姉御。(参照拙ブログ「北欧美女シンガー図鑑(その7 最終回) ~デンマークを彩る個性的な歌姫たち~」

彼女のキャリアを再掲すると、1964年、デンマークのコペンハーゲン生まれ。クラシック作曲家の父、オペラ歌手の母に持ち、当然のようにクラシックの教育を受けたが、セシリアは、「ナンシー・ウィルソン/Nancy Wilson」、「アレサ・フランクリン/Aretha Franklin」、「ダイナ・ワシントン/Dinah Washington」といったジャズ・ミュージシャンに影響を受け、クラシックではなくジャズ、ロック&ポップの分野からデビューすることになった。そして、彼女の2作目であるが、デンマーク人として初めて「ブルーノート/Blue Note」からのメジャーでのデビュー・アルバムとなったのが、「マイ・コーナー・オブ・ザ・スカイ/My Corner of the Sky」(1995年NY録音)である。

My Corner of the Sky

Norby Ceacilie / EMI Europe Generic

ロック的、R&B的な雰囲気も醸し出している「Set Them Free」を。

「Caecilie Norby - Set Them Free」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

時は経って、2011年の野心作が「アラベスク/Arabesque」。「ミシェル・ルグラン/Michel Legrand」、「アビー・リンカーン/Abbey Lincoln」、「ラヴェル/Joseph-Maurice Ravel 」、「サティ/Erik Alfred Leslie Satie」らの作品を「セシリア・ノービー」の解釈とアイデアでの表現。彼女のパフォーマンスを支えるベースの大御所でパートナーの、「ラーシュ・ダニエルソン/Lars Danielsson」らのサポートも極めて強力。

Arabesque

Caecilie Norby / Ais

そんな中から、アラビックな雰囲気に包まれた「シェネラザード/Schenerazade」。

「Cæcilie Norby -Schenerazade」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

公私ともに彼女の最高のパートナーである「ラーシュ・ダニエルソン」と組み、ストリングスやら、「ラーシュ・ヤンソン/Lars Jansson(p)」、「ランディ・ブレッカー/Randy Brecker(tp)」などが次々と登場し、まるで万華鏡のような演奏を繰り広げるアルバムは、「Slow Fruit」(2007)。

Slow Fruit

Caecilie Norby / Enja

その中から、ソフトで、メロウで、アーバンな渋さで人気が出ていると聞く「カーティス・スタイガース/Curtis Stigers」とボサノバ・タッチで、デュエットを聴かせるのは、「Big Time」。これぞ大人のデュエット!

「Caecilie Norby & Curtis Stigers -Big Time」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

そして、2013年、彼女のとって9作目になるソロ・アルバム「Silent Ways」がリリースされた。彼女が影響を受け、JAZZを志すきっかけともなった「ナンシー・ウィルソン/Nancy Wilson」へのトリビュート・アルバムである。やはり、パートナーの「ラーシュ・ダニエルソン」を中心にしたカルテットをベースに、「ボブ・ディラン/」の「Like A Rolling Stone」、「ポール・サイモン/」のHearts And Bones」、「トム・ウェイツ/」の「Diamonds And Gold」などのカバーを相変わらずの透明感溢れる北欧JAZZの響きに満ち溢れている。

Silent Ways

セシリア・ノービー / Act Music + Vision

「SILENT WAYS - Cæcilie Norby」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

そして、「ラーシュ・ダニエルソン」の参加は当然ながら、注目すべきは、ご贔屓のポーランドのピアニスト、「レシェク・モジュジェル/Leszek Mozdzer」がスタジオ録音にも、サイレント・ウェイ・ライブにも参加していることである。(参照拙ブログ「路傍の花、樹々の鳥(31 )~ご近所は薔薇の季節~」「子供120人と里山をちょっとだけ学ぶ」など) ライブの様子をちょっと見てみましょうか。

「Cæcilie Norby – Like A Rolling Stone (Silent Ways Live) 」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

そして、最後はアルバムには収録されていないが、ライブでは演奏された曲、「青春の光と影/Both Sides Now」。以前、ロンドン、パリの公演で、同じくラーシュとのベース・デュオで大喝采を博した曲である。

London/Paris

Caecilie Norby / Import

いや、豹柄?の衣装が板についています。

「Cæcilie Norby – Both Sides Now (Silent Ways Live)」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.