JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

今年も丸山湿原でサギソウを見る

Tags: , , , ,




 「サギソウ(鷺草)」が咲いたという知らせ。今年もまた、この猛暑の中を「丸山湿原」まで車を走らせる。「丸山湿原」は、宝塚市西谷地区、「宝塚西谷の森公園」近くにある兵庫県内最大規模の湧水湿原群で、合計面積は、約3,900㎡。ボランティアの皆さんの保全活動により、動物89種、植物153種におよぶ生態系が維持されており、平成26年4月に、宝塚市教育委員会により「宝塚市天然記念物」に指定され、現在は県の天然記念物となっている。



 駐車場に車を置き、林の中を15分ほど歩くと「丸山湿原」。第1湿原、第2湿原はまだチラホラであったが、奥の第4湿原はかなりの数が咲いていた。ラン科の多年草で、花の大きさは約3センチ。兵庫県版レッドデータブックでは、絶滅の危険が増大している種のBランクに指定されている。花の後ろに垂れ下がる「距(きょ)」の中に蜜を蓄えるという。一時は絶滅の危機もあったらしいが、今年もその名のとおり、鷺が舞うような純白の優雅な姿を見せてくれる。誰も訪れる人がいない中で、贅沢な時間を独り占め。




 同じく兵庫県版レッドデータブックで、Cランクに指定されている、体長わずか2cmで、「日本一小さいトンボ」の「ハッチョウトンボ(八丁蜻蛉)」や、色々の蝶も見ることができた。ずっとこれからもこの生物多様性が維持されていくことを願うばかり。




 その他、湿原には、「ミズギボウシ(水擬宝珠)」、林道のあちこちには、採ったキノコを刺して持ち運んだことからその名が付いたという、「チダケサシ(乳茸刺し)」、「ヒヨドリ(鵯)」が鳴く頃に開花することから付けられたという、「ヒヨドリバナ(鵯花)」も咲き出している。目の前を、一匹の野うさぎが駆け抜けていった。空は真っ青、蝉時雨。夏本番。
    
 さて、今宵も聴くのは、熱帯夜で寝不足気味の体と心がクールダウンする美メロ・ピアノ。最近ハマっているイタリア出身のロマン派ピアニスト、「ミケーレ・ディ・トロ/Michele Di Toro」を聴く。
    
 ソロ・アルバム「Come promesso」(2014)からの演奏を2曲。まず、「ククルクク・パロマ/Cuccurucucu」。「ククルククと鳴く鳩」という意味。


    
Come promesso (Piano solo)
Michele Di Toro
Wide Sound


   
    

「Cuccurucucu – Michele Di Toro」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 続いて、「La favola continua」。イタリア語で、「物語は続く」という意味のようです。

「Michele Di Toro – La favola continua」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   
    
   

夢でもあなたを想う花

Tags: , ,

DSC_0743
DSC_0759

 来週にも車が納入されるので、今の車に乗るのもあとわずか。新しい車はディーゼル車。ガソリンもできるだけ使い切ってしまわねばと、「そろそろ見頃では、台風の前に」と思って隣町、宝塚市の天然記念物にも指定されている「丸山湿原」まで車を走らせる。お目当ては「サギソウ(鷺草)」。別名が「サギラン」。ラン科の湿地性の多年草で、環境省により、レッドリストの準絶滅危惧(NT)の指定を受けている。

 車を走らすこと40分。私以外に全くほかの車はない駐車場に車を止めて林道を歩くこと20分。お目当ての「丸山湿原」に到着。5つほどの湿原があるが目指すのは一番奥の第4湿原。ボランティアの皆さんが設えてくれた木道のその先に、30株ほどの「サギソウ」が咲いている。純白の白鷺の乱舞を思わせるところから、その名がつけられたという。私以外には誰もいない貸切状態の湿原で眼前に繰り広げられる乱舞。しばし見とれていた。

 「鷺草」。小雨が似合いそうな気がする。そして、「鷺草」の花言葉は、「夢でもあなたを想う」だとか。はるか遠い昔にそんな想いもあったような ・・・。

preview-norma-winstone

 今宵の女性シンガーはちょっと異色。「ノーマ・ウィンストン/Norma Winstone」。1941年、ロンドン生まれのヴォーカリスト、ジャズ・シンガーであり、詩人でもある「ノーマ・ウィンストン/Norma Winstone」。40年を超えるキャリアを持ち、その独自の実験的な声の使い方、「wordless improvisations(言葉なき歌によるインプロヴィゼーション)」と呼ばれる「声」自体を活かす唱法がよく知られ、ジャズ・ファンからも多くの支持を得ているという。「ピアノの詩人」とも呼ばれ、「チャーリー・ヘイデン/Charlie Haden」ともデュオ・アルバムのある、イギリス人のピアニスト、故「ジョン・テイラー/John Taylor」の元妻でもある。

 いくつか代表作があるのだが、5アルバムのエッセンスを詰め込んだのが、アルバム、「ロンドン・イン・ザ・レイン/London in The Rain」。この歌唱を、なんと表現したらいいのだろうか。ECM的ボーカルとでも、或いは管楽器のようなボーカルとでも ・・・。アルバムのクレジットの多くには、「VOCAL」ではなく、「VOICE」と書かれている。

ロンドン・イン・ザ・レイン

ノーマ・ウィンストン / コアポート

 オリジナル・アルバム、「Manhattan in the Rain」からの2曲を手始めに ・・・。

Manhattan in the Rain

Norma Winstone / Enodoc


「Norma Winstone ー The Heather on the Hill」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video


「Manhattan in the rain ー Norma Winstone」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

Fred Hersch / Norma Winstone: Songs & Lullabies

Fred Hersch / Sunny Side

「A Wish ー Norma Winstone」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

Like Song Like Weather

Norma Winstone / Enodoc

「everybody ‘s song but not my own ー Norma Winstone with John Taylor」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.