JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

久しぶりの弾丸帰省、実家の周りは ・・・

Tags: , , , ,

DSCN1180
DSCN1183
 久しぶりの単身弾丸帰省。急な用事で松本までの日帰り帰省。往復900km、片道5時間のドライブ。朝6時に家を出て、帰ってきたのは夜の8時であった。車での日帰りは初めてだったが、思ったよりもスムーズに、大した疲れもなく、安全に帰って来れた。というのも、今年3月の新名神高速の一部開通により、我が家か10分もかからないところにインターができたため、ほとんどが、高速を走るだけという、一般道を走るのに比べ、負荷の軽い長距離ドライブだからである。用事の合間に、墓参りもし、放ってあった実家もチェックもすまし、市場でリンゴも仕入れるという効率の良さ。午前中、曇り空だったが、午後には晴れ間が広がり、青空が顔を出し始めたが、残念なことに、北アルプスは雲に覆われたまま。

 久しぶりの秋の信州松本。実家近くの路傍一面に咲く「コスモス(秋桜)」。実家から見える北アルプスを代表する山は、常念岳、槍ヶ岳、乗鞍岳だが、この日は見えなかった。山は恵那SAから見えた夕焼けに染まった「御嶽山」。次に見るのは、いつになるだろうか。

 さあ、懐かしの歌声は、残念なことに、去年の8月に62歳の若さで亡くなってしまった、オーストラリアを代表する人気シンガー、「ジャネット・サイデル/Janet Seidel」。その優しい歌声ゆえ、私が「ほっこりおばさん」と呼んで、このブログでも随分と取り上げてた。

20180920
 そんな1周忌になる彼女を偲ぶに相応しい、未発表音源からなる追悼盤がリリースされた。彼女が生前残したスタジオ・セッションやライヴ音源から、プロデューサーでありベーシストでもあった兄の「デヴィッド・サイデル/David Seidel」が、今までアルバムに収録されることのなかった楽曲や、数々のライブの中でも忘れることができない未発表ベスト・パフォーマンスを厳選したという。

 聴いてみて、懐かしいその歌声は、やはり「ほっこりおばさん」とよぶのにふさわしい

614iSz-4p1L__SL1000_
    
ユー・アー・ゼア~あなたの面影/You Are There
ジャネット・サイデル/Janet Seidel
MUZAK, INC


      
     

 まだYOUTUBEにはアップされていないが、このアルバムに収録されている曲で、過去のアルバムに収録されている別バージョンの曲をアップしておきましょう。

「Janet Seidel – I Wish You Love」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video


「The Very Thought Of You – Janet Seidel」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    

    

誰も見ていなくても花は咲く

Tags: , ,

アヤメ (2)
DSCN1666
DSCN1658

今年初めての弾丸帰省。いつものように、伸び放題になっている庭の雑草を刈る。施設に入り、去年他界した母。愛でる主がいなくなってからもう5年経つんだ。世話をしてくれていた妹も他界し、誰も見なくなった庭にも美しい花は咲く。

8780cd866584304085fe840121d86e01

主なき庭。「ダイアナ・クラール/Diana Krall」の歌に「Abandoned Masquerade (直訳;見捨てられた仮面舞踏会)」があるのを思い出しました。「ダイアナ・クラール」が2004年に発表した7作目のスタジオ・アルバム、「The Girl In The Other Room」に収録されている。

その前の年、2003年にクラールの夫となった「エルヴィス・コステロ/Elvis Costello」と共作した6曲を中心としたアルバム。コステロは主に作詞の面で貢献しており、タイトル曲を除く5曲の作曲は、クラールが単独で行っている。コステロがアルバム、「インペリアル・ベッドルーム/Imperial Bedroom」(1982年)で発表した曲「オールモスト・ブルー/Almost Blue」のカヴァーも収録されている。

コステロらしい意味深な凝った歌詞である。

【 Abandoned Masquerade 】       by Diana Krall/Elvis Costello

「♪ The glitter on a paint and plaster face  ペイントやプラスターの表面の輝きは
   Is covering desire and disgrace       その奥に潜む欲望や恥辱を隠してくれる
   We could be lovers               恋人同士になるかもしれない私たち
   But no one suspects at all           誰もそのことを気づきはしない
   Once you’re inside that costume ball   仮面舞踏会に紛れ込んでしまえば  

   And now I’m sitting here before the mirror いまは鏡の前に座っている
   I have the skill still to disguise my tears   涙をごまかす術は未だ健在
   Then as the magic starts to fade       そしてその魔法が消え始めるとき
   I find myself abandoning the masquerade  私自身が見捨てられた仮面舞踏会
                                        そのものであることに気が付く
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ♪」

The Girl in the Other Room

Diana Krall / Verve

いや、この頃のクラールはほんとうによかった。

「Abandoned Masquerade – Diana Krall」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「オールモスト・ブルー/Almost Blue」も聴いてみましょうか。

「Diana Krall – Almost Blue」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

弾丸帰省の夜は ・・・

Tags: , ,

DSC_0018

今年2回目の弾丸帰省。「弾丸帰省」とは、母親のケアのため、一泊二日ないしは二泊三日の故郷帰省を私が勝手に名づけている帰省である。今回、行きは快晴とまでは行かなかったが、まずまずの天気。中央道駒ケ岳SAから臨む中央アルプスは、「木曽駒ケ岳」でしょうか、その荒々しい岩肌が迫力を持って迫ってくる。一度「千畳敷カール」を訪れてみたいと長年思っているが、未だ果たし得ないでいる。

一転して帰りは、松本は朝から雪。起きたら実家の周りにも数センチ積もっていた。ニュースの気象情報では、大雪注意報が出ているし、中央道の長野県内はすべてチェーン規制がかかっている。ひどい積雪で閉鎖にならないうちに中央道を抜けてしまおうと、母親のケアは前日に済ませていたため、帰路へ。案の定、高速はシャーベット状態。やはり、スタッドレス・タイヤの効果は大したもので、順調に中央道を走る。恵那山トンネルを抜けたら、雪は雨に変わっていた。

翌日は、今度は長男が弾丸帰省。結婚相手を連れての報告。久しぶりに次男家族を呼んで、鍋を囲んでの家族大宴会となった。こんな弾丸帰省なら何度でも嬉しい。

wasilewski

実家のCDラジカセで聴いたのは、「マルチン・ボシレフスキ/Marcin Wasilewski」率いるピアノ・トリオのアルバム、「Trio」。厳しい信州の寒さの中で聴いてみようかと選んで持っていったアルバム。

「マルチン・ボシレフスキ」は、1975年生まれのポーランド出身のピアニスト。13才の時に手に入れた「キース・ジャレット/Keith Jarrett」のアルバムに感銘し、強い影響を受けたという。ポーランド・コシャリンの音楽学校で同年の「スワヴォミル・クルキエヴィッツ/Sławomir Kurkiewicz(ベース)」とセッションするようになり、後に「ミハウ・ミスキエヴィッツ/Michał Miśkiewicz (ドラム)」が加入し、「シンプル・アコースティック・トリオ/Simple Acoustic Trio(SAT)」を結成。いずれも10代の若さであった。1993年の「ジャズ・ジャンポリー・フィスティヴァル」で高く評価され、1994年にトランペッターの「トーマス・スタンコ/Tomasz Stanko」とのセッションに加わる。1994年にSATは、「クシシュトフ・コメダ/」の作品集、「Komeda」でアルバム・デビュー。このアルバムは1曲を追加し、「Lullaby for Rosemary」のタイトルで再発された。(Wikipediaより)

marcin-1a

そして、ECMの創設者でプロデューサーの「マンフレート・アイヒャー/Manfred Eicher」との知遇を得て、2004年にオスロの「レインボー・スタジオ」で録音し、翌年にリリースしたのが「Trio」。雪に包まれた静謐、凍る様な透明感、流麗で美しいタッチ、雪の中を続く足跡だろうか、ジャケも好み。パーソネルは、「マルチン・ヴァシレフスキ/Marcin Wasilewski (Piano)」、「スワヴォミル・クルキェヴィッチ/Sławomir Kurkiewicz (Bass)」、「ミハウ・ミスキエヴィッツ/Michał Miśkiewicz (drums)」。いずれも30歳前後、才気溢れるというのは、まさしく彼らのこと。

電気毛布をつけ、布団を頭までかぶり、暖かさと心地よさに包まれながら、いつしか眠りについた。

Trio

Marcin Wasilewski / Ecm Records

「Marcin Wasilewski – Sister’s Song」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

オリジナルは、「ビョーク/Björk」の「Hyperballad」。

「Marcin Wasilewski Trio - Hyperballad」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.