JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

買い物に行き、今日が七夕ということを思い出した

Tags: , ,

b0102572_13554973
 とにかく、続く豪雨と強風 ・・・。家からも出るに出られないので、引きこもり状態が続いている。すこし雨足が収まったので、食料などの買い出しにスーパーへ。休日ということもあって、結構多くの人でいっぱい。しかし物流に支障が出ているため、品不足の商品もあるようだ。店内には、「七夕セール」のポスター。それを見て、今日が七夕ということを思い出した。心の余裕がなかったんでしょう。

 ふるさと松本の七夕は、八月七日、旧暦で行われるが、松本地方の風習で、七夕にお雛様や五月人形と同じように、子供たちの健やかな成長を祈って、男女一対の木製や和紙で作られた「七夕人形」を飾る習わしがある。家に帰ってから、さっそく「七夕人形」を飾った。

32178317_469929560104462_2685717202799165440_na

 こんな時こそ、夜はピアノをじっくりと聴く。届いたばかりの、イタリアの巨匠、「エンリコ・ピエラヌンツィ/Enrico Pieranunzi」の最新ソロ・アルバム、「Wine and Waltzes(ワインとワルツ)」。タイトル通り、2017年6月6日、イタリア・ワインのワイナリー、「Bastianich Winery」の酒蔵でのライブ・アルバムである。使用したピアノは、「ファツィオリ社/Fazoili」の F278 という。薫り、味、色、音の響き ・・・。研ぎ澄まされた五感や想像力、感受性を全開にして演奏したワルツは8曲。ワインのように複雑で芳醇な味わいに仕上がっている。私もワインが欲しくなった。

 「ワインを作り出したローマの酒の神バッカスや、このワイナリーで演奏の機会を与えてくれた皆さんに感謝する」と上機嫌で語るピエラヌンツィ。

71ngrG0G+gL__SX679_

    
Wine & Waltzes
Enrico Pieranunzi
Cam Jazz


      
      


「Wine and Waltzes – Enrico Pieranunzi」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 この曲が本アルバムでの白眉ではと思うのは、「フェリーニのワルツ/Fellini’s Waltz」。

「Enrico Pieranunzi – Fellini’s Waltz」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    

     

我が家の夏模様

Tags: , ,

DSC_0926
DSCN1932

妻が育てている「ゴーヤ」の雌花が次々と咲きだした。
 
ちょっと遅くなってしまったが、例年通り「七夕人形」を飾った。今年は、男雛が向かって右側にくる京都式。「七夕人形」は、旧暦の七夕にふるさと松本で行われる独特の習わしで、お雛様や五月人形と同じように、子供たちの健やかな成長を祈って、一般的な「七夕飾り」と共に、男女一対の木製や和紙製で作られた「七夕人形」を軒下につるしてお祝いをする。(参照拙ブログ「ふるさとエレジー(2) ~七夕人形がつなぐ想い~ 」 など)

さて、「七夕人形」に因んで聴きたいと思ったちょっと切なくて美しいラブ・ソングは、「You Don’t Know Me」。この歌は、1955年、「エディ・アーノルド/Eddy Arnold」が頭に浮かんだタイトルと詩のストーリーを基に、「シンディ・ウォーカー/Cindy Walker」によって書かれた。翌年アーノルド自身によってレコーディングされた。以後、「エルヴィス・プレスリー/Elvis Presley」, 「ボブ・ディラン/Bob Dylan」、「ウィリー・ネルソン/Willie Nelson」など多くの歌手によってカバーされたが、もっともヒットしたのは、「レイ・チャールス/Ray Charles」であろうか。1962年の「the Billboard Hot 100 chart」で第2位にランキングされているという。レイ自身も、いろんなアーティストとのデュオ・アルバム、「Genius Loves Company」の中で、「ダイアナ・クラール/Diana Krall」と再録音をしている。

また、「メリル・ストリープ/Meryl Streep」が主演映画、「ハリウッドにくちづけ/原題;Postcards from the Edge」(1990)でこの歌を歌っていたことも思い出した。

【 You Don’t Know Me 】 written by Cindy Walker & Eddy Arnold

「♪ You give your hand to me   あなたが私に手を差し出して 
   And then you say hello    「やあ」なんて言うでしょ
   And I can hardly speak    途端に私は言葉が出なくなってしまうの
   My heart is beating so     私の心はドキドキしてしまって 
   And anyone can tell      誰もが気軽に話せるというのに
   You think you know me well  あなたは私をよく知ってるって言うけど
   But you don’t know me     実は私のこと、なにも知らないのね

   No you don’t know the one   いいえ、あなたは知らないわ
   Who dreams of you at night   夜毎誰かがあなたの夢を見ているなんて
   And longs to kiss your lips   あなたのキスを待ち焦がれて
   Longs to hold you tight     強く抱きしめて欲しいと思っているなんて
   To you, I am just a friend    そう私はただの友達
   That’s all I’ve ever been    ずっとそうだったの
   Cause you don’t know me   だって、私のことなにも知らないから

   ・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

b0102572_20574831

歌姫は、つい先だっても取り上げた「シェリル・ベンティーン/Cheryl Bentyne」。人気ジャズ・コーラス・グループの最高峰に立つ「マンハッタン・トランスファー/The Manhattan Transfer」で、ソプラノ・パートを担当し、近年はソロでの活躍も目覚ましいことにも触れた。

アルバムは、「ザ・ブック・オブ・ラヴ/The Book of Love」(2006)から。ハリウッド版「シャル・ウィ・ダンス/Shall We Dance?」の挿入歌としても使われた、「The Book of Love」をアルバム・タイトル曲としている。文字通り「愛の教科書」。7つのチャプターとエピローグで綴られたこのアルバムは、憧れ、戯れ、欲望、愛、歓び、幻滅、そして別れ ・・・、シェリルはひとりの女性の愛の変遷、軌跡を歌に託して優しく綴ってくれるが、この曲は冒頭、「憧れ」と位置づけられている。(参照拙ブログ「路傍の花、樹々の鳥(125) ~ ここだけの炎天の花 ~ 」

Book of Love

Cheryl Bentyne / Telarc

「You Don’t Know Me – Cheryl Bentyne」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

結果的に「レイ・チャールス」の遺作となってしまったのが、アルバム、「Genius Loves Company(直訳;天才は仲間が好き)」。「ダイアナ・クラール」との素晴らしいデュエットを。

Genius Loves Company (Dig)

Ray Charles / Concord Records


「Ray Charles & Diana Krall – You Don’t Know Me」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

   



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.