JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

カーネーションとピアノ

Tags: , ,

カーネーション2
DSC_0563

  ことしも「母の日」。定番のカーネーションが届きました。孫娘は、上手にタブレットを操って、ピアノ演奏のプレゼントも ・・・。妻、大喜び。

 さて、今宵の曲。「母」に関する曲をピックアップ。まずは、お気楽でファンキーなノリの「ファンキー・ママ/Funky Mama」。「ルー・ドナルドソン/Lou Donaldson」です。アルバムは、ファンキー・ジャズ、真っ盛りの頃の「The Natural Soul」(1962)。パーソネルは、「Lou Donaldson (alto saxophone)」、「グラント・グリーン/Grant Green (guitar)」、「トミー・タレンタイン/Tommy Turrentine (trumpet)」、「ビッグ・ジョン・パットン/Big John Patton (organ)」、「ベン・ディクソン/Ben Dixon (drums)」というファンキーな面々。

Natural Soul

Lou Donaldson / Blue Note Records


  
「Lou Donaldson - Funky Mama」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 すこし重たいですが、「ジョン・レノン/John Lennon」の曲に「マザー/Mother」という曲がある。父は失踪、母は同棲してたためにおばさんに育てられたジョン。「ヨーコ・オノ」と出会い、セラピー療法をうけてたころの歌だという。アルバムは、「PLASTIC ONO BAND」(1970)。「ジョン・レノン」の生涯を追ったヒストリー・フィルム、「イマジン~ジョン・レノン/Imagine (Original Soundtrack)」(1988年)のサントラ盤にも収録されている。レノンの悲痛な心の叫びのようだ。

PLASTIC ONO BAND

JOHN LENNON / Capitol

Imagine (Original Soundtrack)

Capitol

【 Mother 】  by John Lennon

「♪ Mother, you had me,      お母さん 僕はあなたのものだったけど
     but I never had you     あなたは僕のものではなかった 
  I wanted you,          僕はあなたを求めたけれど
     you didn’t want me     あなたは僕を求めなかった
  So I, I just got to tell you    今は言えるよ
  Goodbye, goodbye        さようなら さようなら お母さん

  Father, you left me,       お父さん あなたは僕をすてたけれど
     but I never left you      僕はあなたをすてられなかった
  I needed you,          僕はあなたを必要としたけど
     you didn’t need me      あなたは僕を必要としなかった
  So I, I just got to tell you    今は言えるよ
  Goodbye, goodbye        さようなら さようなら お父さん

  Children, don’t do what I have done  子供たちよ 僕と同じことを繰り返さないで
  I couldn’t walk and I tried to run    歩けもしないのに走ろうとしたんだ
  So I, I just got to tell you     今は言えるよ
  Goodbye, goodbye         さようなら さようなら 子供たち

  Mama, don’t go          ママ 行かないで
  Daddy, come home        パパ 帰ってきて        ♪」

「John Lennon – Mother」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

母の日近づく ・・・

Tags: , ,

haha
 
久しぶりの雨。春に降る雨には3種類あるそうだ。花に降る「紅雨」、新緑に降る「緑雨」、にわか雨の「白雨」。窓から見る今日の雨は、山の緑を煙らす「緑雨」か ・・・。

さて、毎年訪れる「母の日」。今年は5月の第2日曜日、5月12日である。我が家は、子供は男ばかりだったので、長じてからは誰も「母の日」なんて言いだすことも、まして祝うこともなかった。ところが次男が結婚してから状況が劇的に変わったのである。次男がお嫁さんにせかされてか、次男夫婦が毎年、「母の日」のプレゼントを持ってくるようになったのである。その結果、この時期になると、妙にそわそわしているのが妻である。今年も12日に来たいという電話があった。

バレンタイン同様、業界に踊らされていることは十分分かっていても、感謝の言葉やプレゼントを贈られるのは誰しもうれしいもの。きっと今年は、大分言葉を覚えてしっかりと話ができるようになってきた孫娘からプレゼントを渡されるのであろう。妻にとって、この日が最良の日になることは、間違いのないところ。さて、お次は6月16日、「父の日」か ・・・。

enya_2
 
ところで、「母の日」のプレゼントに、音楽を添えてと考えている方に、格好の曲があります。「愛」がテーマの歌が山ほどある中で、そのクリアで呪文のようなフレーズが耳に残っている曲があります。「エンヤ/Enya」の「アマランタイン/Amarantine」。

「エンヤ」。ケルト音楽をベースに独自の音楽を展開するアイルランド生まれの女性ミュージシャンで、今なお、生まれ故郷であるアイルランドでの活動を続け、各国でアルバムが発売され、世界的な人気を得ている。日本でも、この歌を含め、CMや番組のエンディングなどに彼女の曲が多用されているので聴いた方も多いであろう。

タイトルの「アマランタイン(Amarantine)」は、詩人が「永遠の花」を語る時に使う言葉だという。エンヤ曰く、「アマランタインと呼んだのは永遠性を込めてのことなの ・・・。」
ちなみに、母の日に贈られるピンクのカーネーションの花言葉は、 「感動」、「感謝」、「美しい仕草」だそうです。

アマランタイン

エンヤ / ワーナーミュージック・ジャパン

【 Amarantine (アマランタイン) 】   作詞・作曲;Roma Ryan, Enya,Nicky Ryan

「♪ You know when you give your love away  愛を人に贈ると 
   It opens your heart, everything is new    心が開かれて、すべてが新しくなる  
   And you know time will always find a way  そして時は、必ずそれが真実だと 
   To let your heart believe it’s true          あなたが信ずるように導いてくれる

   You know love is everything you say      あなたが口にする全てのものは愛
   A whisper, a word, promises you give     囁きも、言葉も、交わす約束も
   You feel it in the heartbeat of the day     あなたは一日の鼓動にそれを感じる
   You know this is the way love is          愛はそういうもの

   Amarantine、Amarantine、Amarantine      アマランタイン、・・・・・・・
   Love is. Love is. Love….                 愛はそういうもの ・・・・  ♪」

「Enya – Amarantine」
 
       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 
 
 
 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.