JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

首の周りがもう汗でベトベト

Tags: , ,

DSCN0786
 今日は、土砂崩れで破損したクヌギ再生林の鹿除けネットの修復作業。鹿が入り込んでいるので、一刻も早い修理が必要。いつも使っている丘の上の駐車場までのアクセスが、先の大雨の土砂崩れでまだ遮断されているので、麓のダム湖の湖畔の駐車場から、360階段を登って公園へ。もうそれだけで、汗びっしょり。

DSCN0784
 迎えてくれたのは、入園者が途絶えた公園で、ますます我が物顔に闊歩している鹿と、うるさいくらいに鳴きだした「セミ(蝉)」。我々、70歳を超える爺さんたちです。命に関わる危険な暑さの中で、熱中症にだけは気をつけて、こまめな給水と休憩を取りながら、この日予定していた修復作業を終えた。それにしても暑い。こうなると、もう酷暑を通り越していますね。お見舞い申し上げます。

b0102572_15553892
 「♪ 首の周りがもう汗でベトベト ・・・」。そんな歌詞の歌がある。1966年にビルボードで1位になったという曲、「ラヴィン・スプーンフル/Lovin’ Spoonful」の「サマー・イン・ザ・シティ/Summer In The City」。この曲は、いろいろなアーティストたちにカバーされたが、「ジョーコッカー/Joe Cocker」も1982年にカバー、いまでは彼の持ち歌としてのほうが有名でしょう。

 イギリス出身のシンガーで、そのソウルフルな歌唱で人気のあった「ジョー・コッカー」。ハリのある苦みばしったしゃがれ声が大好きで、このブログでも何度となく取り上げた「ジョー・コッカー」。2014年に鬼籍に入ってしまった。

【 Summer In The City 】  by Lovin’ Spoonful

「♪ Hot town summer in the city       この街の夏はメチャ暑い
  Back of my neck getting dirt and gritty   首の周りはもう汗でベトベト
  Been down, isn’t it a pity          ダウンしそうだ もううんざりだぜ
  Doesn’t seem to be a shadow in the city   日陰なんてどこにもないみたいだぜ
  All around people looking half dead    周りの人たち皆はもう半分ゾンビ状態
  Walking on the sidewalk hotter than a match head マッチより熱い頭でふらふら歩いてる

  But at night it’s a different world  でも夜になれば別世界だぜ
  Go out and find a girl         外へ飛び出しナンパしようぜ
  Come on, come on and dance all night  さあ、一晩中踊ろうぜ
  Despite the heat it will be alright     この暑さなんてそっちのけでさ
  And babe, don’t you know it’s a pity    知ってるかいベイビー、きっとがっかりするぜ
  The days can’t be like the night      昼間は夜とは全く違うってことに
  In the summer in the city         この町の夏では
  In the summer in the city         この町の夏では

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

Ultimate Collection

Joe Cocker / Hip-O Records

 「(C) 2013 」とあるから、多分亡くなる前の年のライブ。しかし、衰えたとはいえ、そのエネルギッシュな歌唱には驚かされます。

「Joe Cocker – Summer in the City (Live Video)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

    
    

熱中症も怖いですが ・・・

Tags: , ,

DSCN5574
 
さて本日、猛暑の中での山作業は「熱中症」が怖いのであきらめて、手入れをしている山の「ナラ枯れ調査」をすることになった。「ナラ枯れ」は、「松枯れ」とならんで、全国に被害が拡大していて、深刻な問題になっている。「ナラ枯れ」とは、「ナラ菌」というカビの仲間の病原菌と、その病原菌を媒介する「カシノナガキクイムシ」という体長5㎜ほどの昆虫によって、ナラ類、シイ、カシ類の樹木を枯らす「樹木の伝染病」である。

d0128163_18243227
 
ミズナラ、ブナ、コナラ、クヌギなどのナラ類、シイ、アラカシ、シラカシなどのカシ類は、身近な森林を形成している馴染のある樹木であるから、「ナラ枯れ」は身近な自然に係わる怖い問題でもある。「カシノナガキクイムシ」は、病原菌を体内に入れて運び、夏から秋に樹木に無数の穴をあけ、卵を産み付け、翌年の6月にその幼虫が羽化し、また新しい樹木に卵を産み付け ・・・といったことを繰り返すのである。ナラ菌は孔道を伝わって蔓延するため、水分が上がらなくなり、真夏から晩夏にかけ急速に葉が萎れ、茶色や赤茶色に枯れてしまう。1本の木から数万頭が羽化するといわれ、一度罹ると、その森には爆発的に被害が拡がるという。

実は、京都府は全域、兵庫県でも丹波篠山あたりまで被害が拡大しており、この近くの山でも被害が見つかったという報告もあるので、我々の山でも時間の問題かと危惧されていた。早い時期に被害を発見し、拡大しないように、対策うつため、幼虫が羽化した後の被害を発見しやすいこの時期に、目視により被害確認を行おうとするものである。

「ナラ枯れ」は木に水分が上がらないために発症し、「熱中症」も水分不足で熱がこもるため発症する。ナラ枯れ調査の我々が、熱中症になってはシャレにもならないので、十分な水分と塩飴などを持って、調査を開始する。2時間ほど調査を行ったが、我々の受け持ち区域では、幸いなことに被害木は発見できなかった。

森に入ると、緑陰。すっと暑さが和らぎ、尾根に出ると吹き抜ける風に爽快感を覚える。今年初めて聴く蝉の声。やはり梅雨は明けたんだ。山頂近くで見つけた「野いちご」の「赤」が、この日の厳しい暑さを忘れてしまうほど、一際鮮やかであった。
 
午後からは、この暑さにめげずやってきたシニアの里山ウォーキングのグループを案内し、さらにこの暑さで例年より早く熟れてしまった「ヤマモモ(山桃)」の実を、食育イベントのために採集して、この暑い一日を終える。

img_179894_1431231_2
 
「熱中症」も怖いが、もっと怖いらしい「恋の熱中症」に誘う薬は、「惚れ薬、媚薬、ラブ・ポーション/Love Portion」である。「愛の妙薬」という偽の惚れ薬をめぐるオペラを半分眠りながら見たことがありますが ・・・。さて、その昔、1960年ころだったと思うが、「ザ・クローヴァーズ/The Clovers」だったか、「ザ・サーチャーズ/The Searchers」だったかによってヒットした曲に、「ラブ・ポーションno.9/Love Potion No.9」という曲があった。邦題は、「恋の特効薬」、たしか「サザン・オールスターズ」もカバーしていたと思います。いまや「寺嶋レコード」の看板女性ボーカル、「MAYA」もカバー・タイトルのアルバムをコロンビア時代に出しています。ハスキーがかった声で、ジャズ、ラテン、ポップスを自在に歌いこなす小悪魔的な独特の魅力を持つ彼女に、インディ・レーベル時代から魅かれていた。まっ、彼女の振り撒く「ラブ・ポーション」にすっかりやられたのでしょう ・・・。

Love Potion No.9

Maya 松尾明 TAKE TEN フェビアン・レザ・パネ 吉野弘志 岩瀬立飛コロムビアミュージックエンタテインメント

タイトル曲のいいアップがYOUTUBEに見当たらないので、ここはひとつ、「祝!サザン復活」、「夏をあきらめて」と参りましょうか。「LOVE POTION NO.9」、「MAYA BEST」に収録されています。

「MAYA - 夏をあきらめて」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 
 
 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.