JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

紅葉の中で窯木づくりに汗をかく

Tags: , ,

DSCN1628
DSCN1626
DSCN1613
DSCN1631
 周り一面の紅葉に囲まれての窯木づくり。今年の窯木づくりは例年の3K作業とは違って、作業環境が抜群にいいので、作業がはかどることこの上もない。おかげさまで、まず一窯分の窯木は十分確保できた。そして「クヌギ(椚、櫟)」を伐採したため、林の見通しがよくなり、「イロハモミジ(いろは紅葉)」の紅葉が一段と鮮やかに見えるようになったことも嬉しい。

 さて11月も終わり、12月へ。あと1ヶ月ほど、もう一窯分の窯木づくりが続く。それを終えたら、いよいよ年が明け、我々のメイン・イベントというべき平成最後の「炭焼き」が始まるのである。

 今宵の曲、ひと月遅れではあるが、「When October Goes」。「10月が過ぎると ・・・」とでも訳しましょうか。オリジナルは、「バリー・マニロウ/Barry Manilow」の自身の作曲になるヒット曲である。そして、作詞は、「ミスター・アメリカ」と呼ばれ、「Moon River」、「The Days Of Wine And Roses」などでオスカーをとった有名な作詞家、「ジョニー・マーサー/Johnny Mercer」(1976年没)である。こんなエピソードが伝えられている。彼の妻が彼の死後、遺品を整理していた時に、この詩を偶然見つけたそうである。彼女は、そのとき直ちに「マニロウに曲をつけて歌ってもらおう」というインスピレーションが閃いたそうで、また詩を渡されたマニロウも、この詩の奥に流れている「スピリチュアルなもの」に動かされ、曲を完成させるのに15分もかからなかったそうである。

【 When October Goes 】  by Johnny Mercer,Barry Manilow

「♪ And when October goes    そして、十月が過ぎ去ると
   The snow begins to fly     雪が降り始める
   Above the smokey roofs    煙たなびく煙突の上に
   I watch the planes go by    飛行機が飛んでゆく
   The children running home  子どもたちは家路を急ぐ 
   Beneath a twilight sky      暮れなずむ空の下
   Oh, for the fun of them     なんと楽しかったか
   When I was one of them    私もそんな子供達の一人だった

   And when October goes      そして、十月が過ぎ去ると
   The same old dream appears   かってのあの夢がよみがえってくる
   And you are in my arms      今あなたは私の腕の中で
   To share the happy years     幸せな時を共に味わっているが
   I turn my head away         私は頭を逸らせ         
   To hide the helpless tears      流れる涙を隠す
   Oh how I hate to see October go  ああ、十月よ、行かないで

   ・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・ ♪」

 歌姫は前回に続いて、ご贔屓、「インガー・マリエ(グンナシェン)/Inger Marie (Gundersen)」。アルバムも、前回紹介の最新作「Feels Like Home」(2018)から。

61SzAXGGuiL__SL1000_
       

Feels Like Home
Inger Marie
Stunt


       
       

   
「When October Goes – Inger Marie Gundersen」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

     

     

窯木作りの日々が続く

Tags: , ,

DSCN1578a
 太陽も顔を出さず、一段と寒さが増したこの日。燃えるように真っ赤な紅葉の下で、今日も、「クヌギ(櫟、椚)」の伐採、炭焼きに向けての窯木作りの作業をこなす。そろそろ紅葉の見頃も終わりかな ・・・。

love-letters
 今宵の曲、「Sitting In A Tree」。個性的この上もない歌手の一人、ドイツを代表するジャズ・シンガー「リャンビコ/Lyambiko」の 自身の名をつけたメジャー・デビュー・アルバム、「Lyambiko」(2005)から。

 「リャンビコ」は、1978年、タンザニア人の父親とドイツ人の母親の間に生まれたドイツ出身の女性JAZZ歌手である。1930年代にすでにジャズ・コンボのメンバーだった祖父、教会の聖歌隊のメンバーであった父親という音楽的にアクティブな家族の中で育ったという。2枚のCDをリリースした後、メジャー・デビューは2005年、「LYAMBIKO」。スキャットをまじえたオーソドックスなジャズ・ヴォーカルとボサ・ノヴァが話題となった。抜群の存在感、歌唱力、そして個性を持った彼女のヴォーカルは、まさに「ニーナ・シモン/Nina Simon」を継ぐシンガーとして、注目されている。

 「Sitting On A Tree」でもなく「Sitting In A Trees」でもない。大きな洞(うろ)の中にでも入っているのでしょうか、「木の上」と訳しましたが、「Sitting In A Tree」は、ピアノを弾く「マルク・ローエンタール/Marque Lowenthal」の作詞・作曲とある。 

【 Sitting In A Tree 】 by Marque Lowenthal

「♪ You and me,you and me           あなたと私 あなたと私
  We could be so true and free ,true and free  偽りなく自由でいられるのに 
  If we wanted                 もしふたりで望むならね
  Talk to me,walk with me           私に話しかけてよ 一緒に歩こうよ
  And Tell me what you want to be,   何が欲しいのか、偽りなく自由にいたいのかどうか
            true and free     教えてよ
  In this crazy place           こんなクレイジーな場所で生きていくから
  Tell me why,you and I             教えてちょうだい あなたと私
  Why we can’t find time to be,true and free なぜ偽りなく自由でいる時間が持てないのか
  Far away,yesterday,we were both in love again 遠い昔に私たちは恋に落ちたのね
  Now and then,with each other          今も昔も お互いにね

  Cause I want you to be with me,        あなたと一緒にいたかったから
  I dreamed that you were sitting in a tree  木の上に座っているあなたを想像したわ
  Then I learned to kiss my dreams away  でもそんな夢にはいつかサヨナラしていたわ
  I never thought I’d live to see the day    そんな日が来るなんて思いもしなかったの
  When you would be right next to me,      まさか木の上で、あなたが私の右隣に
             sitting in a tree         座ってくれる日がくるなんて

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」
   

LYAMBIKO

 リャンビコ/マーク・ローウェンサル/ロビン・ドラガニック/トルステン・ツィンゲンベルガー/ジョルジオ・クロブ ヘルマー・マルチンスキー/ソニーミュージックエンタテインメント

「LYAMBIKO – Sitting in a Tree」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

今日も一日 ・・・

Tags: , ,

dscn6469

クヌギの伐採、窯木作り。最後の追い込み、今日も山作業に汗を流す。空は抜けるように青いが、寒波の襲来で、風は身を切るように冷たい。しかし作業を始めるとすぐ体が暖かくなる。11月から始めた伐採と窯木作り。2回の炭焼き分、2年後に必要な薪も含め、約800本の窯木を作ることができた。

午後は午後で、次の休みに行う一般の方を対象としたイベント、「ミニ門松とクリスマス・リースを作ろう。竹パンも ・・・」の準備に大わらわ。多くの予約が入っていると聞く。木に巻き付いて成長を阻害する蔓を引き剥がし、近くの竹林から100本近くの青竹を伐りだして、切断し、また松葉も用意しなくてはならない。準備を終え、家路に着く頃には、日は西に傾き、気温も冷え込み出してきた。

3434187_1600_900

さて、今宵は、スウェーデンの女流ピアニストで、作曲家、歌い手、また女優としても多彩な才能を発揮してる「モニカ・ドミニク/Monica Dominique」。1940年生まれ、76歳。「ご長寿ピアニスト」といってもいいでしょう。もうよちよち歩きをする前から、ピアノのレッスンを始め、幼い頃から、音楽を一生の仕事にしていこうとも決めていたという。「ストックホルム王立音楽アカデミー」卒業後、「モニカ・ゼッタールンド/Monica Zetterlund」や「カーラ・ブレイ/Carla Bley」などといった大物とも共演し、キャリアを積んだという。

トリオのアルバムは、「ティレグィナン/Tillagnan」。「献身」という意味だそうだ。CDの帯には「美しさ、儚さ、切なさ… 全てが優しくブレンドされた ・・・」とある。北欧だけにとどまらず、欧州ジャズピアノ、男性アーティストがほとんどといっていい中で、スウェーデンの清冽な風土がこんな美しいアルバムを紡ぎだしたといえよう。そのご近所のおばさんのような人懐っこいまん丸な笑顔そのままの演奏におもわずホッとする。

ティレグィナン

モニカ・ドミニク・トリオ / ヴィヴィド・サウンド

「Tillagnan I (Dedication I) – Monica Dominique Trio」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

360度紅葉に囲まれて ・・・

Tags: , ,

dscn2512
dscn2496
dscn6325
%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%84%e3%82%b8%e3%81%ae%e7%8b%82%e3%81%84%e5%92%b2%e3%81%8d
dscn2505

一庫公園の遊びの山。遊び場の春は、ぐるり360度の桜。秋は、360度紅葉である。一庫ダムの湖面にも映る紅の山々。紅葉の絨毯を踏んでクヌギ林へと向かう。紅一色の中で秋咲きの「ヤマツツジ(山躑躅)」がなんとも清々しい。これから野鳥の大好物となる「柿」も熟してきた。そんな景色をゆっくりと愛でる余裕もなく、「クヌギ(櫟、椚)」を伐採し、炭焼きのための窯木づくりに、今日も汗をかく。

b0102572_20292913

さて、今宵も、「ティエリー・ラング/Thierry Lang」の演奏をいくつか ・・・。再発盤が少ないためか、多くのアルバムに高値が付き、入手困難となっているが、そこはYOUTUBEでカバーということで、取り上げてみたい。

入手困難アルバムの中から、「ティエリー・ラング」が1998年にリリースしたアルバム(録音は91年)、「Between A Smile And Tears」。アルバム全体を聴いたのではないが、このアルバムも、「Private Garden」同様、彼の美しいピアノの世界にじっくりと浸れるであろうことは容易に想像できる。パーソネルは、「Thierry Lang (pf)」、「Ivor Malherbe (b)」、「Marcel Papaux (ds) 」。

ビトゥイーン・ア・スマイル・アンド・ティアーズ(紙ジャケット仕様)

ティエリー・ラング / P-JAZZ

「ホレス・シルヴァー/Horace Silver」の手になる「Peace」を ・・・。

「Peace – Thierry Lang Trio」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

そして、ソロ・アルバム、「Guide Me Home」から。

Guide Me Home

Thierry Lang / EMI Import

「Thierry Lang – Guide Me Home」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

オリジナルは、なんと「クイーン/Queen」の「フレディ・マーキュリー/Freddie Mercury」だという ・・・。

「Bohemian Rhapsody – Thierry Lang piano solo」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

急に寒くなってきたが、クヌギの伐採は順調に進む

Tags: , ,

DSCN0454

順調に「クヌギ(櫟、椚)」の伐採が進んでいる。昨日の小雨とはうって変わって、本日は久しぶりの快晴。気象予報通り寒冷前線の通過で、気温は急激に冷え込んだ。兵庫県の日本海側では初雪も降ったという。本格的な冬支度に身を固め、遊びの山へと向かう。すっかり色づいたクヌギの葉が青空に映えて美しいが、残念なことに愛でている暇はなく、すぐに伐採に取り掛かる。風は相当寒いが、作業をはじめるとすぐに、コートを脱がなければならないほど温もってくる。今年の炭焼き分を賄うクヌギの伐採の予定は24株。この日までの作業で、21株の伐採を終えた。あと1、2回伐採と窯木づくりで材料の準備は完了する。

先月、公園の紅葉の名所をよく見えるようにと手入れをしたが、その後、暖かい日が続いたので、色付きが遅れていた。ここ数日の寒さで、やっと色づき始めた。来週あたりが見頃のようだ。

DSC_0528

laurie-wheeler

さて、今宵のお久しぶり歌姫は、「ローリー・ウィーラー/Laurie Wheeler」。「ダウンビート」誌の読者人気投票、世界の女性ジャズ・ボーカル部門で、2年連続トップ10入りをし、もう20年以上もテネシー州、ナッシュビルを拠点に活動している大ベテラン。その割には、知名度もほとんどなく、リリースされたCDも4枚ほどといたって寡作である。あの「ラリー・カールトン/Larry Carlton」が全面参加、プロデュースのアルバムと知ったことも後押しをし、ジャケ買いしたアルバムが、「トワイライト/Twilight」だった。

「Killer! This girl sings jazz. (いやあ参ったね!彼女まさにジャズっているね)」とは、彼女を評した「ラリー・カールトン」の言葉。たしかに大人の雰囲気。そして、声をまるで楽器のようにコントロールしている。高速スキャットになると、それがさらに際立ってくる。しかし機械的でなく、伸びやかで暖かい声なのだ。いろいろな温度の声を持っている大人の歌手ようだ。

Twilight

Laurie Wheeler / 335 Records

細切れのアップしかYOUTUBEにはないようで、音質が悪くてすみませんが、収録されている曲のさわりをいくつか。アイスランドのジャズ・フェスでの「ラリー・カールトン」とのコラボから。

「Laurie Wheeler – Iceland Jazz Fest 」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.