JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

主役はやはり紅葉

Tags: ,

DSCN8930
DSCN8911
DSCN8912
 燃えるような紅葉。朝夕の寒暖の差が激しいので、今年の色付きは見事。今、公園の主役はやはり紅葉。近隣の施設から多くのお年寄りが訪れていた。紅葉を脇目にクヌギの伐採へと向かう。

56795_10150099612659416_595114415_7383927_2620577_o

 さて、今宵のお久しぶり歌姫は、「サーシャ・ダブソン/Sasha Dobson」。1980年、カルフォルニア州サンタクルーズで生まれ、ニューヨークを拠点に活動するシンガー・ソングライター。父はジャズ・ピアニスト、母は歌手、兄はドラマー&ヴィブラフォン奏者という音楽一家に育ち、5歳から、「ザ・ダブソン・ファミリー・バンド/The Dobson Family Band」で、家族と共にジャズを歌ってきたという。カリフォルニアで開催される「モントレー・ジャズフェスティバル/the Monterey Jazz Festival」、1991年に家族でエントリーしたときは、彼女は何と12歳だったという。

 デビュー・アルバムは、2006年にリリースされた「モダン・ロマンス/Modern Romance」ということになっているが、実際は、「The Darkling Thrush – Sasha Dobson with The Chris Byars Octet」(2004)であるという。自由奔放というか、その荒削りの歌い方にちょっと魅力を感じたのがきっかけ。2008年に、彼女と「ノラ・ジョーンズ/Norah Jones」、「キャット(キャサリン)・ポッパー/Catherine Popper」の女子三人によって結成されたカントリー・バンド、「プスン・ブーツ/Puss N Boots」(「長靴をはいた猫」の意味)が、アルバム、「No Fools, No Fun」をリリースして、ちょっと話題になったこともある。

 アルバム、「モダン・ロマンス」から、「ノラ・ジョーンズ」の出世作、「Don’t Know Why」の作詞・作曲を手がけ、本作もプロデュースしている「ジェシー・ハリス/Jesse Harris」の作詞・作曲のボッサ・テイストが心地よい「Without You」を。

【  Without You 】   by Jesse Harris

「♪ So you roam, and you roam     あなたは一つところに落ち着けないのね
  You say that no place is your home  ここは俺のホームと違うと言ってね
  So I will roam too           だから私もまた一つところに落ち着けない

  I don’t wanna stay, without you    あなたと一緒じゃなけりゃいやなの
  There’s nothing here, nothing here    だって何もないから
  It’s time for me to disappear       もし愛が続かなければ
       if love won’t come through     わたしは消えるわ

  I don’t wanna stay without you      だってあなたと一緒じゃなけりゃいやなの

・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

モダン・ロマンス

サーシャ・ダブソン / プランクトン

「Sasha Dobson – Without You」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

紅葉のたよりを聞き、急いで ・・・

Tags: , ,

DSCN0242

紅葉のたよりが各地からちらほら聞こえてくる。今年は秋が急速に深まっているようだ。ところでわが「遊びの山」には、「出会いの谷」という紅葉の名所がある。湖畔の駐車場から山腹の公園へと続く長い階段の両側のモミジがそれは見事な真っ赤なトンネルをつくるのである。紅葉のたよりを聞いたからには、この紅葉が今年も一層鮮やかに見えるようにと、昨年から続けている手入れを急いで始めた。作業は、景観を邪魔する雑木の伐採や枝打ち、枝に絡み覆いかぶさる藤蔓(ふじづる)の除去などである。作業を終えた階段は、見違えるように見通しがよくなり、紅葉の見頃を迎えられそうである。

DSCN0241

そして、この谷にはもう一つの隠れ名所がある。「猪の沼田場(ヌタ場、ぬたば)」である。「沼田場」とは、イノシシなどの動物が、体に付いているダニなどの寄生虫や汚れを落とすために、泥を浴びる場所のことである。私自身は実際にその行為は見たことがないのであるが、夜に現れて泥浴びをするという。「のたうちまわる」言葉があるが、これは「ぬたうちまわる」から変化したという。遊びの山にある野生動物の習性の痕跡の一つ。

akikoosada1

さて、今宵の女性ボーカル、久々の日本女性ボーカルで、「Akiko Osada/長田明子」。私にとっても、あまり馴染みのない歌手であったが、CDショップの店先で視聴して、ちょっと気にいって手に入れた一枚だったように記憶している。

ライナーノーツによると、1947年生まれ、私の一つ年下。「昭和音楽大学」の前身でオペラを学んだ後、レコード会社の制作部に勤務し、「小椋佳」、「上田正樹」など数多くのアーティストのレコーディング・ディレクターをつとめたという。1986年、ビッグバンドを結成し、専属ボーカリストとして音楽活動を始める傍ら、ヴォイス・トレーナーとしても活躍を続けていた。そんな彼女の夢が、ファンである「エディ・ヒギンス/Eddie Higgins」との共演、アルバム制作であったという。その夢が、1999年、52歳、ニューヨークでやっと実現した。

50を過ぎて夢を実現した彼女に拍手を送りたいが、昼間は、晴れたらウォーキングに山遊び、そして炭焼き。そして、夜と雨が降ったらJAZZ、読書、映画三昧にブログ書き。現役時代漠然と思い描いていたそんな私の生活が定着したのは、60を過ぎて半ばの頃であった。

自然体、円熟味のあるヴォーカル。ヒギンズ率いるトリオの軽快なサポート。ジャズへの愛情あふれるスタンダード集、「マイ ロマンス/My Romance」。

マイ・ロマンス

エディ・ヒギンズ・トリオ・フィーチャリング・長田明子 / セレソン

「Eddie Higgins Trio Featuring Akiko Osada – East Of The Sun」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.