JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

謹賀新年

Tags: , ,

DSCN1757a
     

    今年もよろしくお願いいたします。

trio
 今年の初ピアノは、「ジョヴァンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」。このピアニストとのお付き合いも長い。昨年、ソロで「Live in Germany」をリリースしたが、トリオとしては、4年半振りのリリースで、「Summer’s Gone」。「アストル・ピアソラ/Astor Piazzolla」の「Ausencias」をのぞいてすべてオリジナル。どの曲も叙情あふれるメロディが印象的で、「待ってました」と声をかけたくなるイタリアの抒情ゆたかな美メロが溢れる待望のトリオ作。

 パーソネルは、「ジョヴァンニ・ミラバッシ (piano)」、「ジャンルカ・レンツィ/Gianluca Renzi (bass)」、「ルクミル・ペレス/Lukmil Perez (drums)」と最近の鉄壁メンバーである。

813nD-I9IPL__SL1200_
    
SUMMER’S GONE
ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ/Giovanni Mirabassi Trio
CAMJA


        
       

     
 まだ冬の真っ最中ですが ・・・。

「Summer’s Gone (live version) - Giovanni Mirabassi Trio」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
     

      

謹賀新年

Tags: , ,

DSCN6418
 
今年もよろしくお願いいたします。

数年前から、ミニ門松を自作するようになった。この年末も作ったが、比較的出来のいい方は、次男とそのお嫁さんの実家に差し上げた。出来不出来よりも、「願いを込める」ということが大事と思って差し上げている。
 
522
 
お年賀代わりに「和」のテイストのジャズを聴いてみましょうか。米国で活躍した日本のジャズ・ピアニストのパイオニアと言っていい、「龝吉(秋吉)敏子」。その彼女と結婚し、「マンディ満ちる」をもうけたのが、サックス奏者、「チャーリー・マリアーノ/Charlie Mariano」(2009年没)。その短い3年ほどの結婚生活の間に吹き込まれた数枚のアルバムに、「イースト&ウエスト/East & West」(1963)というアルバムがある。今聴いても、その「和」のテイストに驚かされる。「渡辺貞夫」、「菊地雅章」、「原田政長」、「富樫雅彦」ら当時の新進気鋭の若手ジャズメンが加わっていたのも特筆される。

イースト&ウエスト

秋吉敏子&チャーリー・マリアーノ / BMGメディアジャパン


 
ウエスト・サイドの曲には、映画「ウエスト・サイド物語」から、そしてイースト・サイドは、「春の海」、「竜安寺の石庭」の2曲が収録されている。マリアーノの手になる「竜安寺の石庭」を聴いてみましょうか。マリアーノは、「龝吉敏子」を通じて、日本の美を完璧にイメージできていたのかもしれないと思わせるほど ・・・。

「Charlie Mariano ― Stone Garden of Ryoan Temple (竜安寺の石庭)」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.