JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

夢も希望もいっぱいに

Tags: ,

DSC_0012b
 台風で延期になった孫娘の運動会。秋晴れの空の下、元気いっぱいにかけっこ、ダンス、玉入れをしていました。夢も希望も可能性もいっぱい持った子供たち。目を細めて孫たちを見つめる私たち夫婦。

hqdefault
 今日の曲は、「When I Dream」。「私が夢見るのは」とでも訳しましょうか。歌い手は、「キャロル・キッド/Carol Kidd」。私は、コンピ・アルバム、「Best Audiophile Voices」(2003)で知ったため、ほとんど馴染みはありませんが、スコットランド人のジャズ・シンガーのようです。1945年生まれというから、私とほぼ同じ年。3人の子育てを行いながらホテル運営しており、その副業として歌手活動をしていたという。

 1990年、45歳の時にプロ・ボーカリストとして、遅咲きの活動を始めており、「When I Dream」は1992年にリリースされた同名のアルバムから。デビュー後、ロンドンにあるジャズ・クラブ「ロニー・スコッツ・クラブ/Ronnie Scott’s」や、エディンバラでの国際ジャズフェスティバルなどへの出演が続き、「ブリティッシュ・ジャズアワード」において数々の賞を受賞、1998年にはその功績から大英帝国勲章「MBE」を授与されているという。

 この「When I dream」、たしか韓国映画「シュリ」のエンディングで使われていたので、聞けばご存知の方も多いのでは。

【 When I Dream 】   by Sandy Mason

「♪ I could build the mansion     家を建てるなら
   that is higher than the trees     木より高い家がいいわ
  I could have all the gifts I want   私が望むすべてのものを贈られても
   and never ask please        決して「プリーズ」なんて言わない

  I could fly to Paris.          パリまで飛んでいけるとしても
  It’s at my beck and call,        それは自分の意思によるもの
  Why do I live my life alone      なぜ私がなんにもなしで
    with nothing at all          ひとりぼっちで生きているかって

  But when I dream,          でも私は夢を見るのは
  I dream of you,             いつもあなたのこと
  Maybe someday            いつの日にか
  you will come true           きっと夢がかなうでしょう

  ・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

614aOZIbCiL
     
Best Audiophile Voices
Compilation(オムニバス)
Premium Records


         
          

91D3+pLhS7L__SL1398_
    
When I Dream Import
Carol Kidd
Linn


    
     

51R2BP2GWHL
    
   
シュリ [DVD]
キム・ユンジン, ハン・ソッキュ (出演), カン・ジェギュ (監督, 脚本)
カルチュア・パブリッシャーズ


       
       
       

    

「Carol Kidd – When I Dream」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

      

    

あの頃は裸足のままだった

Tags: , ,

DSCN8507
 近くの小学校で運動会の練習が始まった。少子化の流れの中で、近くの小学校と統合化の計画も出ている小学校だが、子供たちは元気いっぱい跳ね回っている。私が小学生だった頃、60年以上も前のことである。娯楽のなかった時代。学校の運動会だけでなく、地域、町内会の運動会もあって、生活用品なんかが賞品としてもらえた。

 戦後間もないことで、スニーカーなんて洒落たものはなく、布製のズック靴を履いていた。それも大事に履いていたから、遊ぶときはむしろ裸足、あるいは下駄のことが多かったと思う。革靴を買ってもらったのは、たしか大学入学の時であったと記憶している。今では、ウォーキング、ボランティア作業等にスニーカーは欠かせないものになっているが ・・・。

top

 さて、今宵の曲、AOR界を代表するヴォーカリストとして、一時期大変な人気のあった、「マイケル・フランクス/Michael Franks」の曲から、「Barefoot On The Beach」。同名のタイトルのアルバム(1999)からです。

【 Barefoot On The Beach 】 Lyrics by Michael Franks / Music by Charles Blenzig

「♪ Barefoot on the beach     裸足でビーチを歩く
  Warmed by the subtropic sun  南国みたいな太陽に暖められいる
  Easily seduced – I’m in     すぐに虜になってしまった
  Safely out of reach        ファックスや電話も
  From faxes and the telephone   届かない
  I get happy when         イルカが一緒に泳いでくれたら
  A dolphin joins me for a swim    最高に幸せさ

  ・・・・・・・・・・・・・・・

  Barefoot on the beach      裸足でビーチを歩く
  The Gulf invites me to get wet  入江が僕を海で泳ぐように誘っている
  Is it green or blue? I’m in     緑なの青なの
  Perfect as a peach         ピーチのような女の子のようにパーフェクト
  Please send yourself to me by jet  ジェットに乗って飛んでおいで
  Make me happy when        君が着いて、一緒に二人で泳いだら
  Your flight arrives and we dive in   最高に幸せになれるさ   ♪」

516jt1mFFkL

    
   
   
  
   

   
Barefoot on the Beach/Michael Franks
Windham Hill Records



「Michael Franks – Barefoot On The Beach」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

運動会、よく頑張りました

Tags: , ,

DSCN0191

「When October Comes」。10月が来れば、それは「キンモクセイ(金木犀)」の季節。ウォーキングの道筋に薫りだした。見るといっぱいの蕾をつけている。

DSC_0394

そして、「When October Comes」。10月が来れば、それは運動会の季節。息子夫婦、孫娘に来てと請われれば、嫌とは言えない保育園の運動会。去年は行けなかったとあって、今年は山遊びをお休みして見に行くことにした。保育園の運動会なので、「競技」というより、「これだけ成長したよ」ということを家族に見てもらうのが主な目的のようだ。いろいろなストーリーにしたがって、ダンス、縄跳び、竹馬、平均台渡り、跳び箱、ジャンムプ ・・・・。もちろん、定番のかけっこ、障害物、玉入れなども。孫娘もよく頑張って走ったし、成長が身体能力の成長が、この目で確かめられた。「よく出来ました」と花丸印をあげなくてはと、大好きな回転寿司へ ・・・。

Barry_Manilow__1419805c

さて今宵は、「When October Goes」。「10月が過ぎ去ると ・・・」とでも訳しましょうか。「バリー・マニロウ/Barry Manilow」の自身の作曲になるヒット曲。「ミスター・アメリカ」と呼ばれ、「Moon River」、「The Days Of Wine And Roses」などでオスカーをとった有名な作詞家、「ジョニー・マーサー/Johnny Mercer」(1976年没)の作詞である。彼の妻が彼の死後、遺品を整理していた時に偶然見つけたそうである。彼女は、そのとき直ちに「マニロウに曲をつけて歌ってもらおう」というインスピレーションが閃いたそうで、また詩を渡されたマニロウも、この詩の奥に流れている「スピリチュアルなもの」に動かされ、曲を完成させるのに15分もかからなかったそうである。

「バリー・マニロウ」。1943年生まれ。私たちと同世代で、「コパカバーナ/Copacabana」という大ヒット曲をもつアメリカのポピュラー音楽の歌手、ピアニスト・作曲家・アレンジャー・プロデューサー。この歌は、1984年ポピュラー畑の彼にしてはJAZZ・ブルース色の濃厚な、全曲オリジナルで構成されたアルバム、「2:00 AM Paradise Cafe」に収録されている。これからの冬の夜長、グラスを傾けながらゆったり聴くにはぴったりの一枚であろう。まるでNYあたりの小さなJAZZクラブの片隅に居るような気分に浸れる極上のジャズ・バラード・アルバム。

2:00 Am Paradise Cafe

Barry Manilow / Sbme Special Mkts.

「♪ And when October goes    そして、十月が過ぎ去ると
   The snow begins to fly     雪が降り始める
   Above the smokey roofs    煙たなびく煙突の上に
   I watch the planes go by    飛行機が飛んでゆく
   The children running home  子どもたちは家路を急ぐ 
   Beneath a twilight sky      暮れなずむ空の下
   Oh, for the fun of them     なんと楽しかったか
   When I was one of them    私もそんな子供達の一人だった

   And when October goes      そして、十月が過ぎ去ると
   The same old dream appears  あの夢がよみがえる
   And you are in my arms      今あなたは私の腕の中で
   To share the happy years     幸せな時を共に味わっているが
   I turn my head away         私は頭を逸らせ         
   To hide the helpless tears      流れる涙を隠す
   Oh how I hate to see October go  ああ、十月よ、行かないで
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

「When October Goes – Barry Manilow」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「ローズマリー・クルーニー/Rosemary Clooney」でも聴いてみましょう。アルバムは、「Sings Johnny Mercer」(1987)。

Sings Johnny Mercer

Rosemary Clooney / Concord Records

「Rosemary Clooney – When October Goes」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.