JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

野生の鹿に遭遇した子供たち

Tags: , ,

DSCN1168
DSCN1169
 朝から小雨であるが、今日は地元の小学校4年生、88人が里山体験学習にやってきた。10月はそのシーズンで、5校ほどが予定されている。定例活動日であるが、一部の仲間はそのサポートに。雨天の屋内プログラムかなと思ったが、小雨くらいなんのそのと、元気に外へと飛び出していった。

 ウォークラリー、その途中。子供たちの視点の先に、運良く3頭の親子連れの鹿が ・・・。見つけた子供たちが歓声をあげるので、鹿たちは驚いて、一目散に林の中へ逃げ込んでいった。なかなか野生動物を目撃することは少ないので、今日はいい体験ができたようだ。

31_0104_01

 今宵の曲、ずばり、「キッズ/Kids」。その妖艶な容貌と歌いっぷりで、「おやじキラー」との声も高い、アルゼンチン出身の「カレン・ソウサ/Karen Souza」。アルバムは、「Velvet Vault(邦題:夜空のベルベット)」(2017)から。

 彼女を取り上げるたびに、いつも書いていますが、彼女の妖艶さというか、コケティッシュなお色気は、「おやじキラー」というより、もう枯れている爺さんを、三途の川から引き戻すほどの「チカラ」がありますね。ブルージーで、けだるく歌うそのセクシーさは、いまや、「ダイアナ・クラール/Diana Krall」を抜き、セクシー・ジャズ・ボーカルの代表格に躍り出たといっていい。

 さて、「Kids」、オリジナルは、私は全く知りませんが、「MGMT」というバンドのアルバム、「Oracular Spectacular」(2007年) に収録されている曲だという。

 詩を読むと、私には、自然との共存を歌った歌のように感じられる。このアルバム、彼女のセルフ・プロデュースという。この選曲に外見とは全く違う彼女の人生観、価値観が垣間見られるようだ。

【 Kids 】  by Andrew VanWyngarden / Ben Goldwasser

[♪ You were a child           あなたが子供だった頃
  Crawling on your knees toward him  ハイハイしながら彼の方へ這っていく姿は
  Making momma so proud       ママを誇らしげにしてくれたけど
  But your voice is too loud       でも泣き声はちょっとうるさかったわね
  We like to watch you laughing    パパとママはそんなよく笑うあなたを見るのが好き
  Picking insects off of plants      葉っぱから虫をつまんだりしてね
  No time to think of consequences  そんな行動が後でどう影響するかなんて考えずにね

  Control yourself             自制しないとだめよ
  Take only what you need from it     自分が必要とする分だけ伐りなさい
  A family of trees wanting to be haunted  森だって頻繁に来て欲しいと思っているわ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

71YySzI1y7L__SL1200_
    
Velvet Vault/夜空のベルベット
カレン・ソウサ/Karen Souza
ビクターエンタテインメント


      
       

「Kids – Karen Souza」

      You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    

    

体験しなければ分からないことがある

Tags: , , ,

DSCN0645
DSCN0654
 頬を膨らませて、一生懸命、火吹き竹を吹く男の子。「火吹き竹」なんて言葉は多分死語になっているくらい、竈(かまど)で煮炊きをするなんてことはなくなってしまった。この日は、地域の小学4年生の里山体験学習のサポート。カリキュラムの一つとして、竈で豚汁を子供たちで作ってもらう。マッチで焚付に火を点け、火をおこし、湯を沸かし、それぞれが持ってきた具材をいれ、火加減を見ながら味付けをする。そして、柴や薪が、炊事、風呂、暖房など、電気やガスがなかった昔の生活にとって、どれだけ大切だったかを理解してもらったあとで、山に入り、のこぎり体験、柴刈り体験をしてもらっている。ほとんどの子供にとって、初めての経験だっただろう。自分たちでつくった豚汁はよほど美味しかったと見えて、最後の一汁まで見事完食。私の子供の頃のアウトドアの調理体験といえば、「飯盒炊飯」。あの焦げたご飯も美味しかった。そんなことを思い出しながら ・・。

DSCN0672
DSCN0682
 午後は、ウォークラリー。クイズ形式の質問への答えを探して、グループに分かれて、園内を探索してもらう。途中、もう一週間もすれば採り頃となる「ヤマモモ(山桃)」の実を口にいれ、まだまだ甘味が少ない酸っぱさを味わう子もいる。樹液に集まる「クワガタムシ(鍬形虫)」を運良く捕まえては、観察する子もいる。体験しなければ分からないことがある。子供たちにとっては、そんな一日だった。

 1959年オレゴンの小さな町。森の奥に子供の死体がある。そんな噂を聞いた12才の仲良し4人組は、死体探しの旅に出る。もう子供ではない、でもまだ大人にも成りきれない。そんな少年たちの一夏、2日間の冒険を描いた小説とその映画。

 「スティーブン・キング/Stephen King」の短編小説を原作にした「ロブ・ライナー/Rob Reiner」監督の映画、「スタンド・バイ・ミー/Stand By Me」(1986)。その主題歌に使われたのが、「ベン・E・キング/Benjamin Earl King」の「スタンド・バイ・ミー」。この歌、1961年に発表され、世界で大ヒット。後に「ジョン・レノン/John Lennon」ら多くのアーティストによってカバーもされた。そして、映画の主題歌として取り上げられた1986年に、リバイバル・ヒットした。

【 Stand By Me 】    by B.King/J.Leiber and M.Stoller

「♪ When the night has come          夜が訪れ
   And the land is dark             あたりが闇に包まれて
   And the moon is the only light we’ll see   月明かりしか見えなくたって
   No, I won’t be afraid             恐れることなんてないさ
   Oh, I won’t be afraid             怖がることなんてないさ
   Just as long as you stand,           君がずっとそばにいてくれたら
   stand by me                 ずっとそばに ・・・

   So darling, darling             だから、そばにいてくれないか
  Stand by me, oh stand by me        ずっとずっと
   Oh stand, stand by me           いつまでも
   Stand by me                 そばにいてほしいんだ
   ・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編 (新潮文庫)

スティーヴン・キング / 新潮社

スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


 

Stand By Me

Ben E King / Not Now UK

「Stand By Me ー Ben E. King」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

    

    

耳を澄ませば秋の音が

Tags: , ,

DSCN8715
DSCN8711
DSCN8730あ
 今日は地元の小学4年生100人が、里山体験学習で公園にやってくる日。この公園はダムが出来る前は、里山として利用されていたので、それを活用して、春と秋に里山体験学習を行っている。この日は、朝から小雨が降っていたが、スタートの頃にはほぼ止んだので、予定のウォークラリーを実施することに。受け持ちの場所で小学生がやって来るのを待つ。静かである。鳥のさえずりしか聞こえない。しかし耳を澄ますと、時折、「コ~~ン」という音が聴こえる。どんぐりが落ちて、ウッドデッキにあたる音である。しばしそんな秋の音の余韻に浸っていたが、やがて元気いっぱいの子供たちの声。

 そんな宵にしみじみと聴くピアノは「ダスティン・オハロラン/Dustin O’Halloran」。「色彩のピアニスト」とも呼ばれ、「ソフィア・コッポラ/Sofia Coppola」監督の映画「マリー・アントワネット/Marie-Antoinette (2006年)」への楽曲提供で注目を集めたピアニストである。

b0102572_1729221

 「ダスティン・オハロラン」。1971年生まれ、ベルリン在住のアメリカ人ピアニスト/作曲家。1990年後半にデビューし、これまでに数枚のアルバムをリリースしている。そんな彼がソロ・アーティストに転身したのは、2004年のこと、ソロ・ピアノ作品「Piano Solos」をリリースし、その後、2006年には2作目の「Piano Solos Vol.2」をリリースした。これらの作品には「ソフィア・コッポラ」の依頼で作曲した「マリー・アントワネット」のための曲も含まれてる。この映画への仕事をきっかけに、彼の知名度は世界的に広まったという。2012年9月には初来日を果たしている。

 彼のアルバムに、ドイツ・ベルリンのグルネヴァルド教会での2009年の演奏を録音した「Vorleben」というアルバムがある。「Vorleben」は、ドイツ語で「過去、前歴、前身、素性 ・・・」という意味である。「Opus(作品)××」とだけ名づけられた曲のタイトルは、その奥に潜む「物語」を聴き手に自然に想起させる。

Vorleben

Dustin O’Halloran / Fat Cat

研ぎ澄まされたような「ダスティン・オハロラン」のピアノの音色を何曲か ・・・。

「Dustin OHalloran Opus 54」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Dustin O’Halloran – Opus 17」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Dustin O’Halloran – Opus 23(Mαrie Antoinette)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Dustin O’Halloran – Opus 28」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

ノコギリは少し難しかったかな

Tags: , ,

DSCN0425
DSCN0429

台場クヌギと伐採した炭焼きの窯木を見ている子供達。里山自然体験学習のウォーク・ラリーで学んでいる小学校3年生たちである。春に、秋にと、年間何校もの小学生たちが体験学習に訪れるが、今年はこの子達が最後の組である。近隣の街I市から、なんと178名もの子供たち。今年最多。I市は阪神間にあって、大型のマンションの建設が急速に進んだベッドタウン。どこもかしこも少子化の昨今にあって、この学校だけはびっくりするほど子供が多い。

今日のメニューは、ウォーク・ラリー、木のコースター作り、ノコギリ体験であったが、一番難しかったのが、のこぎり体験のようである。とにかくノコギリを使った経験のある子は皆無。まず挽く姿勢が悪いのは言うまでもないが、力も握力もない。直径4、5cmほどの枝を伐るのに5分以上もかかる。私の子供時代には、勝手に親父ののこぎりを持ち出し、自分の遊び道具を作っていたのだが ・・・。こんなところにも、体力低下、遊びへの適応力のなさが垣間見られる。178名の鋸体験。時間がなく多分全員はできなかったが、サポートしてあげただけで、爺さんたちはもうぐったり疲れてしまった。

ウォーク・ラリー、今日の花の名前を探す問題は、「サザンカ(山茶花)」。椿に劣らない美しい大輪の山茶花が、今豪華に咲いている。

DSCN0415

bebo_cigala

さて今宵の哀愁の男唄、癒しの男唄とくれば、それはもう私の大好きな嗄れ声、だみ声である。スペインは、フラメンコの歌い手、「フラメンコ・カンタオール/flamenco cantador」と呼ばれる「ディエゴ・エル・シガーラ/Diego el Cigala」と、キューバ・ジャズの「ゴッドファーザー」とも呼ばれる、キューバ音楽界の伝説的ピアニスト、「ベボ・バルデス/Bebo Valdés」、ふたりの共演による「Lágrimas negras(黒い涙)」。

「ディエゴ・エル・シガーラ」。1968年生まれ、マドリッド出身。私はフラメンコの世界はよく知りませんが、この世界で絶大なる人気を持っているそうだ。「ベボ・バルデス/Bebo Valdés」。1918年、キューバ、ハバナ出身で、現在も活動していれば94歳である。1950年代のハバナのナイトクラブでピアニストとしてキャリアをスタートさせ、キューバ音楽の黄金期に活躍したが、1960年に「フィデル・カストロ/Fidel Castro」率いる革命政権後のキューバを去り、どのような政治信条であろうとも、独裁的な政権のある場所には二度と戻らないという本人の意思から、妻の故郷のストックホルムに住み、その後一度もキューバを訪れていないという硬骨の音楽家だという。

そのふたりが組んで、2003年に発表したのが、「ラグリマス・ネグラス/Lágrimas negras(黒い涙)」。このアルバムは、世界的大ヒットとなり、2004年のラテン・グラミー賞の最優秀トラディショナル・トロピカル・アルバム賞を受賞した。「ベボ・バルデス」はこの時なんと85歳。普通のミュージシャンならとっくに引退している歳になって、初めて世界的な評価を獲得した。お見事!

1363981610_0

「Lágrimas negras(黒い涙)」は、失恋した心の痛みを唄ったキューバの名曲。そしてこのアルバムは、キューバ音楽とフラメンコというジャンルを越えた哀愁のアルバムである。

Lagrimas Negras

Bebo Valdes & Diego El Cigala / Bmg

「♪ あなたが去ってしまったので深く傷ついてしまったわ
    あなたの知ら ない所で私は涙にくれる
      私の命のような黒い涙をながして 
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

フラメンコ独特の絞り出すようなしゃがれ声、キューバのリズムに乗って哀愁ほとばしるピアノ、胸の奥深いところに、深々と沁みてくるような嘆き節 ・・・・。スペインを旅し、こんな声を聴いたフラメンコ酒場を思い出す。

「Bebo Valdés y Diego “El Cigala” - Lagrimas Negras (Black Tears)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Bebo Valdes & Diego El Cigala – Veinte Anos」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.