JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

こども里山探検隊がやってきた

Tags: , ,

DSCN9647
DSCN9651
 真剣になにかを缶に詰めている子供たち。里山ウォーキングをしながら、森で集めたいろいろな葉っぱ、どんぐり、松ぼっくり、栗のイガなど、飾り炭の材料を缶に入れているのです。この日は、里山のいろいろな事を体験してもらうというイベント、「北摂こども里山探検隊」の日。そのお手伝いを我々の仲間でするのですが、寒い中、総勢59名の家族がやってきました。  

 メニューは、里山ウォーキングのほか、飾り炭づくり、竈(かまど)体験、薪割り体験、鋸体験など。その指導やら、昼食のご飯炊きと豚汁作りやらで、我々は大忙しでしたが、子供たちはもちろん大人にも楽しんでもらい、みんな笑顔で帰ってもらった。
  
 さて、「ビル・エヴァンス/Bill Evans」のアルバムに、「探検」という意味の「Explorations」(1961)というアルバムがあります。YOUTUBEにフルアルバムがアップされていたので、今宵はそのアルバムを ・・・。パーソネルは、「Bill Evans (p)」、「スコット・ラファロ/Scott LaFaro (b)」、「ポール・モチアン/Paul Motian (dr)」。
 
トラック・リストは、
   
1.Israel (6:08) 
2.Haunted Heart (3:25) 
3.Beautiful Love (take 2 / 5:03) 
4.Beautiful Love (take 1 / 6:03)* 
5.Elsa (5:08) 
6.Nardis (5:48)
7.How Deep Is The Ocean? (3:30)
8.I Wish I Knew (4:39)
9.Sweat And Lovely (5:50)
10.The Boy Next Door (5:06)*

となっていますが、トラック4と10は、オリジナルアルバムには収録されていません。

Explorations

Bill Evans / Ojc

「Bill Evans – Explorations (1961 Album) 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

Joy Joy Joy

Tags: , ,

DSCN9415
DSCN9417
 炭焼き体験教室二日目である。この日は「窯焚き」、8時間から9時間、ただひたすらに薪を焚く。その火力で、窯内の温度を、窯木が自身で熱分解を起こす500~600℃の温度にまで上げるためである。我々にとっては、この工程がいい菊炭を焼くための、大事なポイントであるが、体験教室の参加者にとっては、極めて退屈な一日である。

DSCN9421

 そこで飽きないように我々もいろいろなイベントを用意して、参加者に楽しんでもらう。まず里山ツアー。自然観察の森を散策して、里山やそこの住む野生動物、クヌギ林、炭焼、エドヒガン群生林、かっての銀銅鉱脈の露天掘りした跡である「間歩(まぶ)」などのガイドをしながら、炭焼きと原理は同じ、「飾り炭」をつくる材料を集めてもらう。そして、餅を焼いておいしいぜんざいを食べてもらう。炭焼きに欠かすことができない薪割りを、「電動薪割り機」と「玄能(げんのう)」と「楔(くさび)」を使う二つの方法で体験してもらう。

 こんな単純できつい作業も参加者にとっては新鮮で面白いらしく、子供までもが盛んに挑戦、楽しんでもらった。

 今宵の曲は、ゴスペルで、「I Choose Joy」。ずばり「楽しい」という意味でしょうか。歌姫は、バブル絶頂期の頃、ディスコで大ヒットした曲、「恋のサバイバル/I Will Survive」を歌った「グロリア・ゲイナー/Gloria Gaynor」のカバーで。元々は、ゴスペル、R&Bシンガーで作詞家の「ラーネル・ハリス/Larnelle Harris」によるものだという。

【 I Choose Joy 】

「♪ I choose joy               私はいま楽しい
  I’ll never let the problems keep me down  私を打ちのめした悩みから立上がれる
  ’Cause the Lord is working all things out   主が私を善き方向に行くように
  For my good                すべてを取り計らってくれるから
  I choose joy                私はいま本当に楽しい

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・    ♪」

51AQASV7FML

 
恋のサヴァイヴァル〜ベスト・ヒッツ (I’LL BE THERE)
グロリア・ゲイナー /Gloria Gaynor
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント


   

「I Choose Joy ー Gloria Gaynor」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 もう一曲は、弾むようなスウィンギーな演奏で、「Jump for Joy」。「ビル・チャーラップ/Bill Charlap」率いる「ニューヨーク・トリオ/New York Trio」のアルバム、「Love You Madly」から。

4198RG95EKL

 

ラブ・ユー・マッドリィ/ Love You Madly
ニューヨーク・トリオ/New York Trio
ヴィーナス・レコード


 「スィングしなけりゃ意味がない/It don’t mean a thing」とメドレーで。

「It don’t mean a thing / Jump for joy – New York Trio」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

炭焼きの合間に楽しむ

Tags: , ,

DSCN8640
DSCN8639

さて皆さん、上の写真、容器に入った真っ黒いものに炭化したものは何でしょうか? 答えは、うどんとお揚げさん。カップ麺の食材です。そうです、こんなものまでが炭になるです。

炭焼きの二日目は、最低でも8時間、ただひたすらに薪を燃やして、窯の温度を上げる一日。正直に言うと、「火の番」の担当以外は、暇なのです。そこで、一般参加者の皆さんを飽きさせずに、その時間をなんとか楽しんでもらおうと、いろいろな体験をしてもらっている。その一つが、飾り炭づくり、とにかくいろんなものを炭にしてみようという遊びである。そこでできたのが、なんと「うどん炭」。

作り方はいたって簡単。山にあるどんぐり、葉っぱ、栗、野生の柿など、あるいは蜜柑、バナナなどを小さな孔を開けた缶に入れ、炭の上で蒸し焼きにすれば、「遊び炭」というか「飾り炭」が出来上がる。細い栗のイガの一本一本まできれいに炭化される。その他過去の経験では、蜘蛛の巣、蛾の繭(まゆ)なども炭にしたことがある。

DSCN8627DSCN8631
 

 

 

 

 

 

そのほかの楽しみ方は、ふんだんにある炭を使って、七輪での炭火熾しの仕方、焼き芋づくり、縁起ものの炭細工、薪割り機を使っての薪割りや、竈(かまど)で薪を使ってのの炊飯、火打石による発火など ・・・。次回は、クヌギを使って、椎茸のほだ木づくりもしてもらおうかなと思っている。こんなふうに楽しむことはいっぱいあるし、また、それはサバイバルの知恵ともなっている。

DSCN8619DSCN8625

 

 

 

 

 

 

 

さて、CD収納チェストを整理していたら、出てきた本当にお久しぶりシンガー。「ジェニファー・ウォーンズ/Jennifer Warnes」。あまり馴染みがないかもしれませんが、映画「愛と青春の旅だち(原題:An Officer and a Gentleman)」(1982年)の主題歌、「Up Where We Belong」を、つい先日旅立ってしまった、「ジョー・コッカー/Joe Cocker」とデュエットで歌い、アカデミー歌曲賞を受賞した歌手といえば、思い出される方がいるでしょう。

「Joe Cocker & Jennifer Warnes – Up Where We Belong」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

Jennifer%20Warnes

 

「ジェニファー・ウォーンズ」は、1947年生まれのアメリカ、ワシントン州シアトル出身で、南カルフォルニア育ちの歌手。私も「愛と青春の旅だち」の主題歌を歌った歌手、そんな程度の認識しかなかったが、聴くことになったいきさつは、もう大分前のことですが、私の好きな「レナード・コーエン/Leonard Cohen」の作品群を歌ったアルバムをTSUTATAで見つけたからである。それが「ソング・オブ・バーナデット 〜レナード・コーエンを歌う/原タイトル;Famous Blue Raincoat」。

 

lc-jw-looking

 

「レナード・コーエン(Leonard Norman Cohen)」は、1934年カナダ・モントリオール生まれ。デカダンな雰囲気で特にヨーロッパで絶大な人気を獲得。日本でも熱心なファンも多い詩人、小説家、シンガー・ソングライター。同じカナダ出身の「マデリン・ペルー/madeleine peyroux」のアルバム「ケアレス・ラブ」で知った曲、「Dance Me To The End Of Love/哀しみのダンス」のオリジナルがコーエンだった。(参照拙ブログ「60歳過ぎたら聴きたい歌(15) ~ Dance Me To The End Of Love~」

 

全曲がコーエンの曲であるアルバム「Famous Blue Raincoat」は1986年リリースのLPアルバムの再発。

ソング・オブ・バーナデット 〜レナード・コーエンを歌う

ジェニファー・ウォーンズ / BMG JAPAN


 
コーエンがこのアルバムのために書き下ろしたという曲、「First We Take Manhattan」。ギターは「スティーヴィー・レイ・ヴォーン/Stevie Ray Vaughan」。

「Jennifer Warnes – First We Take Manhattan」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

アルバム・タイトル曲、「Famous Blue Raincoat(素敵な青いレインコート)」

「Jennifer Warnes - Famous Blue Raincoat」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

カントリー・タッチの「Ain’t No Cure For Love」。

「Jennifer Warnes – Ain’t No Cure For Love」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

このアルバム最大の収穫は、私は見ていませんが、「ユースケ・サンタマリア」、「菅野美穂」主演のフジテレビ系ドラマ「アルジャーノンに花束を」(2002年10月~放映)の主題歌、「ソング・オブ・バーナデット/Song of Bernadette」。ロマンティックなピアノで優しくしっとり歌い上げる。

「Jennifer Warnes - Song of Bernadette」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

こども里山探検隊来たる

Tags: , ,

DSC_0543

一面の雪景色である。私の住んでいる地域は滅多に雪は積もらないが、シーズンに多くて2、3回程度うっすらと積もることがある。この日は、我が遊びの山に「こども里山探検隊」がやってくる日。前の晩、雪が降り出したのをみて、「さて、どうだろうか?」と心配していたが、どうやら道路には積もっていないため、駐車場までは上がれるということで、決行という判断。

DSCN6538 DSCN6545

 

 

 

 

 

雪の中を40人を超える子供連れの探検隊家族がやってきた。受付を済ませるとすぐに雪だるまづくりに興じる子も ・・・。積もった雪で遊ぶことがあまりないこの地域の子ども達にとっては、これも貴重な体験。今日の探検メニューの一つは、「飾り炭づくり」。缶の中に山で見つけたいろいろなものを入れ、炭にしたらどうなるかという遊び。あいにくの雪であったが、缶に入れるものを探して雪の山へ。探すのが大変な雪であったが、まあなんとか思い思いに探したようだ。そして「竈(かまど)体験」。この日の昼食は、竈で炊いた古代米のご飯と豚汁。子供たちにも竈で火を焚くということがどんなことか体験してもらう。

DSCN6560DSCN6569

 

 

 

 

 

 

午後は、集めてきた木の葉、枝、松ぼっくり、どんぐり、柿、蛾の繭、竹などを缶に入れ、いわゆる蒸し焼きにして飾り炭を作る。どんな風になるのか子供も親も興味津々。炭焼きの合間には、クヌギを使って椎茸の「ホダ木」作りも ・・。さあ、どんな炭が焼けるのか? 開けてみると、長い針のような突起に覆われた「楓(フウ)」の実も、熟れた真っ赤な柿の実も、青々とした羊歯の葉も、みんな崩れずにそのままの形で真っ黒に炭化している。これには子供たちもびっくり。そして、帰る頃には、もうすっかり雪も溶けて、いつものような公園に戻っていた。
 

laura-fygi-685x320
 

さて、今宵のお久しぶり熟女シンガーは、「ローラ・フィジィ/Laura Fygi」。ヴィジュアル・フェロモン系ですね。1955年アムステルダム生まれのオランダの女性シンガー。幼少期の8年間は、ビジネスマンでオランダ人の父親と元・ベリーダンサーのエジプト人の母親と一緒に、海外勤務先の南米ウルグァイで、ラテン音楽やジャズに親しんで育ったという。

オランダに帰国後芸能界入りし、20歳で「Terra」という名の多国籍グループを皮切りに、29歳には、オランダ発の挑発的なコスチュームで歌うお色気系3人組女性ユニットのポップス・バンド「Centerfold」のメンバーとなり、ヨーロッパ各国での人気を得た。
 
imagesCAXTKQD0
 
その後、レコード会社に認められ、ファースト・ソロ・アルバム「Introducing “Laura Fygi”」で1991年にデビューを果たし、ベルギー出身のジャズ・ハーモニカの巨匠「トゥーツ・シールマンス/Toots Thielemans」や「クラーク・テリー/Clark Terry(tp)」、「ジョニー・グリフィン/Johnny Griffin(sax)」らと、重厚なストリングスによってフィーチュアされたこのアルバムは、「Bewitched」のタイトルで再プレスされ、世界各国でリリースされヒットした。その後、「ミシェル・ルグラン/Michel Legrand」等との協演も果たし、スタンダード・ナンバーからシャンソン、ラテンの名曲まで、英語・仏語・スペイン語・ポルトガル語・中国語などでカヴァーし、20年間に15枚以上のアルバムを発表している。

そのレパートリーの幅の広さ、ソフトでハスキーな歌唱と艶やかな美貌は、異論があるかもしれないが、私には日本で言えば「阿川泰子」のポジションを想起させる。

Bewitched

Laura Fygi / Polygram Records

そのデビュー・アルバムのタイトル曲、「Bewitched(魅せられて)」を。

「Bewitched – Laura Fygi」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

そして「マイケル・フランクス/Michael Franks」とのデュエットでうたうボッサ・テイストの「Tell Me All About It」もお気に入り。アルバムは、「The Lady Wants to Know」。

The Lady Wants to Know

Laura FygiVerve Forecast

「ll Me All About It – Laura Fygi & Michael Franks」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

そしてとっておきの一枚。もっとジャズ・テイストが楽しめる「Laura Fygi at Ronnie Scott’s」。かって一度だけ行ったことのあるロンドンのジャズ・クラブ、「ロニー・スコッツ/Ronnie Scott’s」でのライブである。フルバンドをバックに小気味よくスウィングする。

Laura Fygi at Ronnie Scott’s

Laura Fygi / Verve

なんといってもお気に入りはこの一曲。映画「シェルブールの雨傘/Les Parapluies de Cherbourg」の挿入曲で「ミシェル・ルグラン」の名曲、「I Will Wait For You」。ベースのイントロと軽快なスウィング感が身震いするほどたまらない。 

「I Will Wait For You – Laura Fygi」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.