JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

一足早く春の味を ~ Something with spring taste ~

Tags: , ,

DSCN9631
 厳寒の日々が続いている。一足早く春の味を食べたくなったので、母の四回忌が近づいてきたことに託けて、「鯛茶漬け」を食べに行く、ほんのり桜色の鯛の切り身に、鰹節・昆布ベースの熱い「白だし」をかけるのが関西風である。

 そして、鯛茶漬け、節分の恵方巻きといわし、いかなごのくぎ煮、ひなあられ、関西では春の味覚である鰆(さわら)・・・と、春の味が続く。そうそう、チョコレートも間近です。

 今宵の曲、「A Taste Of Honey(蜜の味)」。「リック・マーロウ /Ric Marlow」作詞、「ボビー・スコット/Bobby Scott」作曲で、1960年に上演された同名のブロードウェイ・ミュージカルのために作られたという。多くのミュージシャンがカバーし、「ビートルズ/The Beatles」もこの曲を取り上げていが、なんといっても、1965年、「ハーブ・アルパート&ティファナ・ブラス/Herb Alpert & The Tijuana Brass」のカバーが大ヒットとなり、同年のグラミー賞最優秀レコード賞を獲得した。今宵は、スピリチュアル・ヴォイスで、独自のR&B/ブルースの世界を創り上げているご贔屓「リズ・ライト/Liz Wright」の歌唱。

【 A Taste Of Honey 】

「♪ Cold winds may blow   冷たい風が
  Over icy seas        厳寒の海を渡って吹いてきたら
  I’ll take with me      君を温暖の地に
  The warmth         連れて行こう

  A taste of honey      蜜の味
  A taste much sweeter   その味は
  Than wine         ワインより甘い

  ・・・・・・・・・・・・・・    

  I will return        きっと
  I will return        きっと
  I’ll come back       帰ってくるよ
  For the honey       あの蜜の味と
  And you          君のために  ♪」

Photo_TheOrchar_300RGB

 「カサンドラ・ウイルソン/Cassandra Wilson」の後継者なんてささやきもある「リズ・ライト/Liz Wright」。1980年、米南部、ジョージア州生まれ。父は教会の牧師で、音楽監督を務め、母はオルガン奏者だったという。その影響で、幼少よりゴスペルに親しんできたため、彼女の音楽の原風景はゴスペルにあるという。ハイ・スクール時代は聖歌隊に参加、やがてブルース、ジャズに開眼する。その後進学したジョージア州立大学では本格的なバンド活動をスタート。 シンガーとしての頭角を現した彼女は、「ジョー・サンプル・バンド/Joe Sample Band」のメンバーとして初来日、「ブルーノート東京」のステージに立った。

 アルバム、「ソルト/Salt」(2003)でデビュー。しかし寡作である。デビュー15年にしてわずか6作を数えるのみである。しかし、ゴスペルで培った深みと憂いのあるこの独特のスピリチュアルな世界観、ただものではない。もっともっと評価されていい歌手。

 「A Taste Of Honey」は、とりわけ私に好きな2ndアルバム、「ドリーミング・ワイド・アウェイク/Dreaming Wide Awake」(2005)に収録されている。本作ではオリジナル曲を始め様々なジャンルの音楽が取り上げられており、「リズ・ライト」のスピリチュアルな個性にくわえ、その奥にある暖かさも前面にでてきている。

51OnTzIrRaL

   
Dreaming Wide Awake
リズ・ライト/Lizz Wright
Verve Forecast


  
  

「Lizz Wright – A Taste of Honey」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

続・春を告げる食卓は

Tags: , , ,

b0102572_2135744

 「サクラダイ(桜鯛)」の鯛茶漬け。「マダイ(真鯛)」は、12月初頭から3月の終わりにかけてが、旬だという。特に産卵期である春は、桜のように鮮やかな美しい色彩を持っていて、オスの「真鯛」には、ちょうど開花する桜の花びらのような斑点が浮かび出ることことから、別名「桜鯛」や「花見鯛」とも言われ、瀬戸内の春の訪れの代名詞のようになっている。そんな「桜鯛」の贅沢な茶漬けが食卓に ・・・。感謝。しかし、次は「鯛めし」が食べたくなるから、わがままなものだ。

 さて、海への感謝、第2弾は「桜鯛」ならぬ、名花3人のボッサ競演。「リーサ」、「ガブリエラ・アンダース」、「アストラッド・ジルベルト」。

か51c7onVjAJL31TZYDJBVKL

  
  
  
  
  
  
  
  

 まず、「リーサ/Lisa (Lisa Lovbrand)」。スウェーデン、ストックホルム生まれの美女シンガーで、ハリウッド映画で女優としても活躍するというコケティッシュ&セクシーなディーヴァ。ジャズ歌手としてのデビュー作は「エンブレイサブル/Embraceable」(2007年)。そのアルバムから、「Seagulls(かもめ)」。

エンブレイサブル

リーサ / スパイス・オブ・ライフ

「Seagulls – Lisa」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 ボッサ・ユニット、「ベレーザ/Beleza」のリード・ボーカルだったアルゼンチン出身の歌姫、「ガブリエラ・アンダース/Gabriela Anders」。その抜群の容姿と美貌は、初のソロ・アルバム「Wanting」(1999)を見て、即、ジャケ買いをしたほど。「ベレーザ」時代のアルバム、「Tribute To Antonio Carlos Jobim」から、「Wave」。

Tribute To Antonio Carlos Jobim

Beleza / Snapper Bay’s Music Company

「Wave - Beleza」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 最後は、なつかしい私の最初のJAZZディーヴァ、「アストラッド・ジルベルト/Astrud Gilberto」。1940年、生まれ、リオ・デ・ジャネイロ育ち。その後離婚することになったが、あの「ジョアン・ジルベルト/João Gilberto」と結婚したことでも知られている。彼女はプロの歌手として歌ったことはなかったが、キッチンか何かで、鼻歌を口ずさんでいるのを、夫のジョアンがきいて、「これはいける」というんで、プロデューサーの「クリード・テイラー/Creed Taylor」に推薦し、彼女が英語で歌う「イパネマの娘」がレコーディングされ、これがアメリカを中心に大ヒットする。これがボサノバ・ブームの発端である。

 日本でも、「The Astrud Gilberto Album/邦題:おいしい水」(1965年)、「The Shadow of Your Smile(邦題:いそしぎ」(1965年)と立て続けにアルバムをリリースし、瞬く間にボサノバのミューズとなっていった。歌は、「Beach Samba」。アルバム、「The Best Of Astrud Gilberto」から。

イパネマの娘~ベスト・オブ・アストラッド・ジルベルト

アストラッド・ジルベルト / ポリドール

ビーチ・サンバ

アストラッド・ジルベルト / ユニバーサル ミュージック クラシック


「Astrud Gilberto – Beach Samba」 (1966)

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.