JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

鶯の初鳴きを聴く

Tags: , ,

DSCN1027

ウォーキングの途中。「ホーホケキョ ・・・」。見事な一鳴き。今年初めて聴く鶯である。春がすぐ近くまで来ていることをさらに実感。

今年のブログ始めは、正月番組で偶然目にしたノルウェー出身のジャズ・ピアニスト、「トルド・グスタフセン/Tord Gustavsen」でスタートした。ECMトリオ3部作の最後を飾る「Being There」のあとトリオ休止宣言。カルテット、アンサンブルへと活動を移し、その実験的試みは評価するものの、美メロ、泣けるピアノのグスタフセン・ファンとしては、期待するものとは少し違い、正直物足りない思いを続けていた。(参照拙ブログ「初春に ・・・」など)

tg2

しかし、1月下旬に最新トリオ作品が発売された。しかし、実は躊躇していたのである。これまでもトリオで長年一緒だったドラマー、「ヤーレ・ヴェスペスタ/Jarle Vespestad」と、アフガニスタン出身、ドイツで活動しているヴォーカリスト、「シミン・タンデル/Simin Tander」をヴォーカルに迎えた変則的トリオで、ノルウェーの教会音楽に取り組んだ異色作という。

躊躇したのも無理からず、女性ヴォーカリストを加えたアンサンブルのアルバム、「Restored, Returned」には、かなり違和感を感じたからである。もちろん、リスナーのわがままには違いないのであるが ・・・。

しかし、おすすめもあって一聴して驚いた。神秘さと厳かさと美しさに満ちている。彼自身の曲が半分以上、その他の曲は、ノルウェーの賛美歌であるという。その賛美歌をシミンが出身であるアフガニスタンの言語、「パシュトー語」に訳して歌っている。深いところまではとても分からないが、キリスト教的観念とイスラム教的観念との融合。まさにグスタフセンは今世界が直面している問題を、新しい世界として提示して見せてくれたのかもしれない。彼はこのアルバムの制作についてこんなふうに語っている。

3543

「今回のプロジェクトでのレパートリーに取り組むため、シミンと僕はアフガン詩人と一緒に僕がノルウェーでこどもの頃からずっと歌ってきた数々の賛美歌をパシュトー語に訳したんだ。 ・・・ どんどん理解が深まり、最終的にはスーフィズム(Sufism 注;デジタル大辞泉 – イスラム教における神秘主義。自我の意識を消滅し、神との神秘的合一の境地をめざす)とキリスト教が実際に出会ったような境地にまで達した。ノルウェーの賛美歌は僕のスタンダードで典型的なジャズよりも僕の音楽、精神の奥にずっとあるものなんだ。」

注目のアルバム。「トルド・グスタフセン」を今年のブログ始めとしたのには、偶然にも十分な意義があったのだ。
 

what was said

gustavsen/tander/ves / ecm

パーソネルは「Tord Gustavsen (p,electronics,synth bass)」、「Simin Tander (vo)」、「Jarle Vespestad (ds)。録音は2015年4月、オスロの「Rainbow Studio」で。そしてリリースはECM。アルバム・プロモーション・ビデオから。

「Tord Gustavsen – What was said. w/ Simin Tander and Jarle Vespestad (Album Trailer) 」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

春告げ魚が入荷します

Tags: , ,

DSCN8959

「いかなごが入荷します。」 関西地方のスーパーや魚屋さんにこんな札やポスターが掲げられると、関西は一気に春モードが高まる。例年、2月の下旬には「いかなご漁」が解禁になるからである。「いかなご」は、「春告げ魚」とよばれ、その漁が、大阪湾と播磨灘で一斉に解禁され、漁師らが次々と「いかなご」の稚魚「新子(しんこ)」を水揚げする模様がTVや、新聞紙面を賑わす。そして多くの家庭では、「釘煮」を作るため、その「いかなご」の入荷を待ちかねているのである。今年は2月26日が解禁日。早朝から網を入れるという。

いかなご

春の訪れを告げるこの「いかなご」は、水面を長い群(玉)になって泳ぐので、 「玉筋魚」と表記され、それを「いかなご」と呼ぶのは、何の魚の子か判らなかったことから、「いかなる魚の子なりや」という意味で「いかなご」と呼ばれるようになったという。(出典 Wikipedia) そして、水揚げ後しばらくすると、関西の春の味覚の風物詩、新子の「いかなごの釘煮(くぎに)」が店頭に並ぶ。

そして今日、ウォーキングの途中で「うぐいす(鶯)」の初鳴きを聴いた ・・・。

piano387

さて、だいぶ春めいてきた今宵のピアノ。風呂井戸さんから紹介されたスウェーデンの新星ジャズ・ピアニスト「マティアス・アルゴットソン・トリオ/Mathias Algotsson Trio」と参りましょうか。

「マティアス・アルゴットソン」は、1971年生まれ。5歳でピアノを始めたという。音楽学校で学び、聖歌隊で歌ったこともあったが、特にミュージシャンになりたいという思いがなかったため、その後工業高校へ進学し、そこでジャズにであったようだ。その後、「ストックホルム音楽アカデミー」で学び、その後「リーグモル・グスタフソン/Rigmor Gustafsson」、「マルガリータ・ベンクトソン/Margareta Bengtson」などの歌伴ピアニストとして着実にキャリアを重ねて行ったようだ。2006年自身のトリオを結成、その後はスウェーデンの人気ピアニストの地位を確立している。(参照拙ブログ「スエーデン美女シンガー図鑑(その8) ~マルガリータ・ベンクトソン~」「スエーデン美女シンガー図鑑(その10) ~アンナ・シセ&リーグモル・グスタフソン~」

テクニックに走らず極めてリリカル、それでいて北欧ジャズ特有の透明感、哀愁に満ちた陰影も併せ持つ。どんな状況でも聴いても楽しく、最近の弾丸帰省のお供になっている。

ニュー・トラディションズ

マティアス・アルゴットソン・トリオ / スパイス・オブ・ライフ

ヤング・アンド・フーリッシュ

マティアス・アルゴットソン・トリオ / スパイス・オブ・ライフ


 
アルバム、「Young And Foolish」(2006年1月録音)から、「I Will Wait For You」。パーソネルは、「Mathias Algotsson(p)」、「Martin Hoper(b)」、「Sebastian Voegler(ds)」。

「Mathias Algotsson Trio – I Will Wait For You」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.