JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

紅葉の始まった公園で

Tags: , ,

DSC_0010
DSC_0012
DSCN1411
 紅葉が始まった。「クヌギ(椚、櫟)」や「イタヤカエデ(板屋楓)」は、もうとっくに色づいているが、主役の「イロハモミジ(いろは紅葉)」、公園で一番早く色づくのは、決まって駐車場脇のそれである。この日は、地域一帯のイベント、「黒川里山まつり」の一環で、クラブ主催の「ひとくら里山ツアー」。我々の活動フィールドである公園内の里山で、今も活用されている、炭窯、クヌギ林など、里山の営みを巡る園内ツアー。薪割り体験、のこぎり体験も。炭の販売はあっという間に完売となってしまった。

 今宵の曲、「ノルウェイの森/Norwegian Wood」。この曲がヒットした当時、「Norwegian Wood」って、「ノルウェイ産の木材」という意味。どうして「ノルウェイの森」という訳になるのか?などと論議を呼んだこともあった。歌詞を読むと、彼女の部屋の内装が「ノルウェイ産の木材」でされているという意味に取れる。

【 Norwegian Wood (This Bird Has Flown) 】  by John Lennon / Paul Mccartney

「♪ I once had a girl         昔、ナンパして付き合っていた女がいた
  Or should I say she once had me  いや、ナンパされたといったほうがいいのかな
  She showed me her room     彼女は僕に部屋を見せてくれた
  Isn’t it good Norwegian wood?    いいじゃない ノルウェイ産の白木の内装って

  She asked me to stay        彼女は泊まっていったらと言った
  And she told me to sit anywhere   どこでも好きなところに座ってとも
  So I looked around          そこで周りを見回すと
  And I noticed there wasn’t a chair   椅子なんかどこにもない

  I sat on a rug biding my time   仕方がないから絨毯の上に座ってチャンスを待っていた
  Drinking her wine            彼女が差し出したワインを飲み
  We talked until two and then she said  なんと夜中の2時までしゃべった
  ”It’s time for bed”            そこでやっと彼女は「ベッドの時間」と言った

  She told me she worked         しかし彼女は言った 朝から仕事なんだ
  In the morning and started to laugh   そう言って笑いだした
  I told her I didn’t          僕は次の日は何にもないと言ったがベッドに入れてもらえず
  And crawled off to sleep in the bath   結局、バスタブまで這っていって、寝る羽目になったんだ

  And when I awoke I was alone   次の朝、起きるともう彼女は出勤して、僕一人だった
  This bird had flown        せっかく手に入れた「鳥」が飛立ってしまったような癪な気分
  So I lit a fire             だから部屋に火をつけた
  Isn’t it good Norwegian wood?     よく燃えるんだ ノルウェイ産の木材って  ♪」

 さて、歌姫。前回に続いて、ジャズ、ロック、POPSの壁を易々と乗り越え、独自の世界をつくるアーティスト、「パトリシア・バーバー/Patricia Barber」。この心象世界を歌った歌でも、独自の世界を構築している。YOUTUBEで見つけました。

510hRARGZAL
   
Live: A Fortnight in France
パトリシア・バーバー/ Patricia Barber
Blue Note Records


      
   
        

「Patricia Barber Quartet ー Norwegian Wood」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

   

10月が過ぎると ・・・

Tags: , ,

DSCN8835
 台風22号の接近で、今日予定されていた、地域の活性化イベント、「黒川里山まつり」が中止となってしまった。わがグループも参加を予定していたのであるが ・・。私の住む町の北部にあり、かっては、「菊炭」が特産品。その原木である台場クヌギ林の輪伐の景観が残り、「日本一の里山」とも呼ばれているが、やはり住民減少、高齢化、過疎に喘いでいる。この地域の活性化のために始めたこのイベント、地域住民はもとより、市やその地域をフィールドとして活動しているボランティア・グループなどの協力によって、なんとか今年12回目を迎えるはずだったが、残念である。

 2週続けての台風の襲来とともに去っていく10月。ハロウィンの盛り上がりもいまひとつのように感じる今宵の曲は、「When October Goes」。「10月が過ぎると ・・・」とでも訳しましょうか。「バリー・マニロウ/Barry Manilow」の自身の作曲になるヒット曲。「ミスター・アメリカ」と呼ばれ、「Moon River」、「The Days Of Wine And Roses」などでオスカーをとった有名な作詞家、「ジョニー・マーサー/Johnny Mercer」(1976年没)の作詞である。彼の妻が彼の死後、遺品を整理していた時に偶然見つけたそうである。彼女は、そのとき直ちに「マニロウに曲をつけて歌ってもらおう」というインスピレーションが閃いたそうで、また詩を渡されたマニロウも、この詩の奥に流れている「スピリチュアルなもの」に動かされ、曲を完成させるのに15分もかからなかったそうである。

o-BARRY-MANILOW-facebook

 「バリー・マニロウ」。1943年生まれ。私と同世代で、「コパカバーナ/Copacabana」という大ヒット曲をもつアメリカのポピュラー音楽の歌手、ピアニスト・作曲家・アレンジャー・プロデューサー。この歌は、ポピュラー畑の彼にしてはJAZZ・ブルース色の濃厚な、全曲オリジナルで構成されたアルバム、「2:00 AM Paradise Cafe」(1984年)に収録されている。これからの秋の夜長、グラスを傾けながらゆったり聴くにはぴったりの一枚であろう。まるでNYあたりの小さなジャズ・クラブの片隅に居るような気分に浸れる極上のジャズ・バラード・アルバム。

【 When October Goes 】  by Johnny Mercer,Barry Manilow

「♪ And when October goes    そして、十月が過ぎ去ると
   The snow begins to fly     雪が降り始める
   Above the smokey roofs    煙たなびく煙突の上に
   I watch the planes go by    飛行機が飛んでゆく
   The children running home  子どもたちは家路を急ぐ 
   Beneath a twilight sky      暮れなずむ空の下
   Oh, for the fun of them     なんと楽しかったか
   When I was one of them    私もそんな子供達の一人だった

   And when October goes      そして、十月が過ぎ去ると
   The same old dream appears   かってのあの夢がよみがえってくる
   And you are in my arms      今あなたは私の腕の中で
   To share the happy years     幸せな時を共に味わっているが
   I turn my head away         私は頭を逸らせ         
   To hide the helpless tears      流れる涙を隠す
   Oh how I hate to see October go   ああ、十月よ、行かないで
   ・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

2:00 Am Paradise Cafe

Barry Manilow / Sbme Special Mkts.

「Barry Manilow ー When October Goes」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「ローズマリー・クルーニー/Rosemary Clooney」でも聴いてみましょう。アルバムは、「Sings Johnny Mercer」(1987)。

Sings Johnny Mercer

Rosemary Clooney / Concord Records

「Rosemary Clooney – When October Goes」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

里山と炭焼きを知ってもらおうと

Tags: , ,

dscn2401
dscn2402
b0102572_17401144

「黒川里山まつり」。昨年までは黒川地区の会場で、木工やらクラフトを楽しんでもらったが、今年は、活動のフィールドであるこの公園で、自然観察林として残された里山と、古くからこの地域で焼かれていた伝統の菊炭との関わりを知ってもらおうと、「ひとくら里山ツアー」を企画。

あいにくの天気でツアー参加者は少なかったが、炭窯体験、クヌギ林やエドヒガン群生地の散策、ノコギリや薪割りの体験などを楽しんでもらった。写真はノコギリに手こずっている男の子と薪割りマシンが気に入った女の子。そうそう、アツアツの焼き芋も喜んでいただきました。

今宵の歌姫は、コンスタントに魅力ある女性ジャズ・シンガーを輩出しているボーカル大国、カナダ。そのカナダからの歌姫、「キャロル・ウェルスマン/Carol Welsman」。

caroll

1960年、トロント生まれのカナダのジャズ・ヴォーカリスト、ピアニスト。ボストンの「バークリー音楽大学」でピアノ演奏を、また、ヨーロッパに渡って声楽を学んだという。1990年、トロントにもどった彼女は、トロント大学でジャズ演奏の実技を担当する教員となり、学生への個別指導やジャズ・ヴォーカルの即興アンサンブルを編成して指導にあたっていたが、1987年、「Just Imagination」でデビュー。2000年には、本格的に全米進出。「オスカー・ピーターソン/Oscar Peterson」が絶賛し、「ハービー・ハンコック/Herbie Hancock」が惚れ込んだという。

女性ジャズ・ボーカル王国カナダを代表する本格派シンガー&ピアニスト、「キャロル・ウェルスマン」のアルバムから何曲か ・・・。最初は、彼女を知ったアルバム、「What’cha Got Cookin’」(2006)。「グレン・キャンベル/Glen Campbell」と「ジェームズ・ディーン/James Dean」へのオマージュでしょうか ・・・。

Whatcha Got Cookin

キャロル・ウェルスマン / 日本コロムビア

「By the time I get to Phoenix – Carol Welsman Live」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video


「Carol Welsman – I Can’t Stop Loving You….feat. James Dean」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

自身の名をタイトルにした「Carol Welsman」(2007)から。

Carol Welsman

Carol Welsman / Justin Time Records

「Brazasia – Carol Welsman」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「ルーファス・リード/Rufus Reid(b)」、「ルイス・ナッシュ/Lewis Nash(ds)」、「ウォーレンス・ルーニー/Wallace Roney(tp)」などの凄腕ミュージシャンを従えたスタンダード集は、「Alone Together」(2015)。

Alone Together

Carol Welsman / Idla

「CAROL WELSMAN – Day by Day」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

先日梅田へ出かけたときCDショップの店頭に並んでいたのは、「キャロル・ウェルスマン」の最新作、「ディス・イズ・キャロル – ラヴ・ソング20/This is Carol Love Song 20」。このブログでも、「ふたりのボサノヴァ」で紹介したブラジルのギタリスト、「ポリーニョ・ガルシア/Paulinho Garcia」との共演。試聴してみたが、おなじみの曲ばかりをズラリと並べ、ボッサテイストにあふれた聴きやすそうな一枚のようだ。残念ながらYOUTUBEへのアップはないようです。(参照拙ブログ『「母の日」の花届く』

ディス・イズ・キャロル – ラヴ・ソング20

キャロル・ウェルスマン / MUZAK,INC.


  

  

里山のまつりも気がつけば10年目

Tags: , ,

DSCN0331
satoyamayume

遠い昔から現在に至るまでも利用され続け、いつの間にか「日本一の里山」と称されるようになった地域が、わが川西市にはある。最北部の黒川地区。その里山で育てられた「クヌギ(櫟、椚)」を材料とする炭は、太閤秀吉の時代から、お茶席で高級炭「菊炭」として重用され、現在もたった一軒だけであるが、炭焼きを生業としている家が黒川地区にある。そして周辺には「エドヒガンザクラ」の群落が広がり、集落の中心には明治37年に建てられ、今は公民館として利用されている県内でも最古の部類の木造小学校、黒川小学校が残る。ここはかっては信仰の山、「妙見さん」への上り口としても賑わったという。そんな黒川に今残るのは35軒。

黒川地区の町興しを兼ね始まった「黒川里山まつり」も今年で節目の第10回を迎えた。まつりは主会場の旧小学校の校庭を中心に6箇所で開催され、シャトルバスが会場をつなぐ。今年は雨のため中止となった昨年と違い、天気は上々。我々は主会場で例年のように、木工教室を、同じ公園で共に活動する他クラブは、キャンドル作り、草木染め作品販売、燻製の実演販売などで参加。天気もよく大勢の来客で賑わった。

DSCN0332

ずっと参加もしてきたこのまつりも、10年目を迎えたが、ちょっとマンネリの感も否めない。食物や物販などの一過性のイベントが、長期的な活性化や町興しにつながっていくのかという疑問も当然起こってこよう。節目を迎えたこのまつり、また新たな視点や企画が必要になってきている。

自治会長さんの次の言葉が印象的。
『きれいやね、ええとこやね。「じゃあ住もか」とはならんのです ・・・ 』

seekers

「祭り」といえばカーニヴァル。「カーニヴァルの朝」なんて映画「黒いオルフェ」(1959年公開)の有名なテーマ曲がありますが、同じ時代の曲に「ザ・シーカーズ/The Seekers」の「The Carnival Is Over」なんて曲があったことを思い出しました。たしか、原曲は、ロシア民謡の「ステンカ・ラージン」だったと思いますが、学生時代は結構ロシア民謡がブームで「ステンカ・ラージン」も馴染みの曲。最初聴いたとき、「なぜロシア民謡が ・・・」という違和感を感じたことも覚えている。。

「ザ・シーカーズ」は、1962年にオーストラリアで結成されたコーラス・グループ。イギリスに渡り活躍し、1965年に「ふたりの世界/A World Of Our Own」、「The Carnival Is Over」、1966年には「ジョージー・ガール/Georgy Girl」をヒットさせた。その後、解散、再結成を繰り返し、現在に至る。

Very Best Ot the Seekers

Seekers / EMI Import


「The Seekers – The Carnival Is Over」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

img_2

もう一つ、古い時代のPOPSから、「カーニバル/Carnival」。この曲もよく流行りましたね。スェーデンのPOPSグループ、「カーディガンズ/The Cardigans」のヒット曲。キュートな女性ボーカルと60年代風のアコースティックなロック・サウンドでスウェディッシュ・ポップのブームを巻き起こしたバンドだそうだ。1992年に結成、1994年レコード・デビュー。「カーニヴァル」が収録されている1995年発表の2作目のアルバム、「ライフ/Life」は日本でも大ヒットし、プラチナ・アルバムとなったという。

Life

Cardigans / Polydor

「The Cardigans – Carnival」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

古き良き(?)時代のセピア色のPOPS ・・・ 。

 

まっくろくろすけ、出てきそうな

Tags: , ,

DSCN9755 (2)
DSCN9761

毎年11月、「日本一の里山」と称されている川西市黒川地区で行われている「黒川里山まつり」。地域振興のため、自治会を中心に、行政やわれわれも含めた地域のボランティア団体、地元企業などが協力して開催をしている。今年の「まつり」についての実行委委員会の初会合があった。会合の開催された場所は、かって明治37年(1904年)に建築された旧「黒川小学校」の木造校舎で、過疎化の進行などで廃校され、現在は地区の公民館と資料館になっている黒川公民館。100年以上経た木造校舎、教室、廊下、小さな机や椅子、黒板など ・・・。まるで「宮崎駿」の映画に出てくるような雰囲気。ほら、薄暗い廊下の曲がり角から、「まっくろくろすけ」が ・・・。41x25BnwDiL__SX300_

このブログに登場する常連、「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」の最近のアルバムに、「スタジオ・ジブリ」の作品を中心に取り上げたアニメ音楽集、「アニメッシ~天空の城ラピュタ ほか~ 」がある。レーベルが変わってからの多分日本から提案された企画物。彼の大ファンであるが、ちょっとあざとい感じがして手は出さずにいるが、「澤野工房」からリリースされていたころのアルバムの「プリマ・オ・ポワ/Prima O Poi」」(移籍先からもリリース)にも、実は宮崎アニメの音楽が取り上げられている。「久石譲」が作曲した「ハウルの動く城/英題:Howl’s Moving Castle」のテーマで、「人生のメリーゴーランド」というタイトルで、「倍賞千恵子」やシャンソン歌手の「クミコ」などが歌っている。こちらは、ミラバッシらしい美しく叙情的な演奏に満ちている。

アニメッシ~天空の城ラピュタ ほか~

ジョバンニ・ミラバッシ / 日本コロムビア

プリマ・オ・ポワ

ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ with フラビオ・ボルトロ / ビデオアーツ・ミュージック

Prima O Poi

Giovanni Mirabassi / Bang



mirabassi_1

「ジョバンニ・ミラバッシ」。ヨーロッパを代表するジャズ・ピアニストの一人。1970年、イタリア北部の都市ペルージャの生まれ。3歳よりピアノを始め、10歳の頃に、ジャズに興味を持ち自己流で勉強を始めたという。1992年パリに移住後、1996年には「アヴィニョン・フェスティヴァル」で大賞を受賞、フランス・ジャズ界最高の栄誉である「Victoire du Jazz」、「Django d’Or」といった賞を総ナメにしている。最も影響を受けた音楽家として、同じイタリアが生んだジャズ・ピアニストの巨匠、「エンリコ・ピエラヌンツィ/Enrico Pieranunzi」をあげている。世界各国で民衆に歌い継がれている反戦歌、革命歌をソロ・ピアノで演奏したアルバム「AVANTI! 」を2001年にリリース。このアルバム、ジャズの、それもピアノ・ソロの作品としては、日欧で異例の10万枚セールスを記録して、日本のジャズ・ファンに一挙にその名を知られることとなった。現在は、パリのモンマルトルに居を構えて世界を股にかけた音楽活動を展開している。

「ジョバンニ・ミラバッシ - アニメッシ ~天空の城ラピュタ ほか~」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Giovanni Mirabassi – Howl’s Moving Castle」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

まつりの秋 ~ご近所の里山まつり~

Tags: , ,

DSCN6003
DSCN5989
 
「連休」といっても私には意味のないことだが、その2日目は、「日本一の里山」と称されている川西市黒川地区で行われた、今年で6回目を数える「黒川里山まつり」。現在も里山が本来の里山として今も利用されている地区である。そして、我々が活動している公園もこの黒川地区に隣接した場所にある。地域の自治会を中心に、行政やわれわれも含めた地域のボランティア団体、地元企業などが協力して開催をしている。開催された場所は、かって明治37年に建築された旧黒川小学校の木造校舎が残り、現在は地区の公民館として使われている黒川公民館の広場。(参照拙ブログ「ご近所の櫻 (2)~美しき里山のエドヒガン~」

地域の団体やボランティア団体など約20団体ほどが、新鮮野菜、木工、餅、ぜんざい、燻製、ピザ焼などを出店、あいにくの小雨模様の天気ではあったが、多くの来場者が訪れ、また地元の女性グループによる和太鼓のパフォーマンスもあり、会場は大いに盛り上がったのである。我々のクラブも、「可愛い動物を作ろう」という木工の店を出店、子供たちを中心に忙しい一日であった。こんな風に地元の町興し、村興しに多少でも協力できるなら、いつも山で遊ばせてもらっているじいさん達にとっては恩返し、望外の喜びというものである。
 
vab-fotooficial
 
さて、祭りの夜、日本シリーズ最終戦の感動に浸った後は、興奮を鎮めるため、時々お邪魔するあるブログで知ったブラジルのミュージシャンに思いを馳せてみた。私にとってまだ行ったことのない南米、「ブラジル」、「アルゼンチン」は渇望の地と言ってもいいくらい。
 

そんなブラジル・ジャズ界のアルト・サキソフォンニスト、「ヴィトル・アシス・ブラジル/Vitor Assis Brasil」が1966年に残した、傑作アルバムが、「デゼーニョス/Desenhos」(デッサン、描画という意味)。このCD化を世界中のジャズ&ボサノヴァ・ファン待ち焦がれていたという。1966年といえば、米国、日本をはじめとして、世界中でボサノバ絶頂期である。そんな中での本場ブラジルでのサンバ・ジャズ、ボッサ・ジャズ、歴史的にも意義のあるアルバムであろう。
 

当時、1945年生まれの弱冠21歳、これがデビュー作だという天才アルト奏者の台頭に人々は驚きと共に本作を「the first great Jazz LP recorded in Brazil (ブラジルにおける最初の偉大なジャズ・アルバム)」と讃えたという。この後、彼はバークリー音楽院へと留学するが、残念なことに1981年、わずか36歳にして夭逝 ・・・。サンバ・ジャズにおけるマイルスの「カインド・オブ・ブルー/Kind of Blue」と例えられてもいるという美しい響きのバラード群にしばし酔ってみましょうか。
 
51LIrgcFVLL
 

Desenhos

ヴィトル・アシス・ブラジル / インディーズ・メーカー

 



 
 

パーソナルは、「ヴィトル・アシス・ブラジル/Vitor Assis Brasil (Alto Sax)」、ヴィトルとの素晴らしいコンビネーションを聴かせる「テノーリオ・ジュニオール/Tenorio Junior (Piano)」、バラードに渋い冴えを見せる「エヂソン・ロボ/Edison Lobo (Bass)」、リム・ショットが冴えわたる「シコ・バテーラ/Chico Batera (Drums)」。

アルバムからのピックアップは、至高のバラードは「Devaneio (夢)」。 

「Vitor Assis Brasil – Devaneio」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

そして、歯切れの良いリム・ショットが心地良いジャズサンバ、「Minha saudade」。

「Vitor Assis Brasil – Minha Saudade」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.