JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

夏の終わりの風物詩、愛宕山の火祭り、そして地蔵盆

Tags: , , , , , ,


 京都の「大文字送り火」が終わると、残暑はまだ厳しいものの関西人は、秋の気配を敏感に感じとるようだ。そんな秋を前にした供養の祭りが信仰心の強い近畿地方のあちこちの辻や路地で行われる。「地蔵盆(じぞうぼん)」。そして「愛宕山」と名付けられた山で行われる「火祭り」。
 
「地蔵盆」は、お盆の期間中でもある旧暦の7月24日を中心とした3日間の期間に行われる地蔵菩薩の祭のことをいうが、地蔵菩薩の縁日(毎月24日)ではあるが、寺院に祀られている地蔵菩薩を対象とした祭りではなく、道祖神信仰と結びついた路傍あるいは街角、辻の地蔵が対象となっているという。近畿地方では特に盛んであり、この時期、古い町並みのある町では、あちこちの路傍にあるお地蔵さんを祀っているのをよく見かける。今日では地蔵盆は子供のための祭となり、地蔵の前に集まった子供達に供養の菓子や手料理などを振るまわれる場合が多い。地味であるが、地域の濃密な縁(えにし)と歴史を感じさせる祭りを見かけると、どこかで「ほっ」としたような気持ちになる。
 

 そして、8月24日にこれも各地で行われるのが「火祭り」。この北摂地域で有名なのが、隣町池田市で行われる「池田五月山のがんがら火祭り」。五月山にある「愛宕神社」の夏祭りである。この「愛宕火(がんがら火)」は、1644年(正保元年)にその起源を持ち、重さ100キログラム、長さ4メートル、3基の大松明を担いで、全行程3キロメートルの道のりを火の粉を散らしながら練り歩く、北摂を代表する勇壮な伝統的火祭りである。「がんがら火祭り」と呼ばれる由縁は、大松明に随行して打ち鳴らす、八丁鐘や半鐘を音に由来があるとのこと。
 
 「がんがら火」は、その火を御燈明に灯すと火除けになると信じられ、五月山にある「愛宕神社」の「火伏せ信仰」と結びついている。「愛宕神社」の大元は「火伏に霊験あり」と信じられている京都の「愛宕神社」。私の勤めていた会社でもそうだったが、ここのお札をもらって炊事場などに貼ってあるのを関西ではよく見かける。正保元年(1644)に、地元の旦那衆が、五月山山上で百味の箱を竹に立て火をともしたところ、人々がその火を見て、池田に愛宕が飛来したといいながら、競って参集したのというのが「池田の愛宕神社」のはじまりとされている。京都まで行かずに、手軽にお参りできるのが有り難いと、この五月山の新愛宕は忽ち大繁盛したという。近畿地方はもとより、全国に「愛宕山」、「愛宕神社」はあるが、このことが「火伏せ信仰」と一緒に各地へ広がって行ったのではなかろうか。
 

 そして、池田市のシンボルである五月山には、京都の送り火の如く、西は「大一」、東は「大」の文字に御神火が点され、池田の夜空に浮かび上がる。そしてその麓に開けた狭い路地や階段の多い町では、火の粉を撒き散らしながら、コンチキチンの鐘の音とともに近づいてくる大松明の灯りと、浮かび上がる地蔵盆の提灯の灯り、「大」の字の御神火が、「動」と「静」のコントラストに満ちた陰翳を醸し出す。、
 
「がんがら火」は、その起源から350年以上経った現在も大事に受け継がれ、まちおこしのイベントであるが、池田に隣接する近在近郷の者にとって秋を迎える季節の風物詩となっている。
 

 と、ここまで長々と盛大に行われている池田市の「地蔵盆」と「がんがら火祭り」のことを書いたが、私の住む住宅団地の隣の地区でも、この二つの祭りが、小規模ではあるが、細々と伝承されている。この地区の中心には、地元の氏神様でもあり、延喜式にもその名が載っている「多太(たぶと)神社」があり、その近くには、いくつかのお地蔵さんと私の家から間近に見える、地図にもその名が載っていないような小ぶりの山、「愛宕山」がある。毎年、8月24日、「地蔵盆」の日にそこで、「愛宕山火祭り」が行われていると知ったので、行ってみた。

 


 「火祭り」といっても山の上での焚き火状態。参加者は少なく、「なんとか今年も登ってこられた」という20人くらいのお年寄りが集まって、山上のちいさな祠にお参りする祭り。以前は「多太神社」の脇に祀られているお地蔵さんの「地蔵盆」とともに、夜行われるのが習わしであったらしいが、防災上の理由や少子化・高齢化などで、二つの祭りとも残念ながら昼間に簡素行われるようになったという。集まった地元の人達の会話を聞いていると、我々の住んでいる住宅団地にはない濃密な縁(えにし)を感じる。一瞬なにか故郷に戻ったような印象すら受けた。難しい課題はいろいろあるが、伝承の行事、細々でもいいから続いて欲しいものである。
   
 さて、今宵の音楽は夏の終わりの哀愁のラテン。JAZZYなラテンを歌わせたらピカイチの「MAYA」の夏のJ-POPSカバーを今宵は聴いてみます。作詞・作曲、サザンの「桑田佳祐」の「夏をあきらめて」。収録アルバムは、「ラブポーションNo.9/LOVE POTION NO.9」(2005)。「ラブポーション」、いわゆる「惚れ薬」っていうやつ。


     
Love Potion No.9
MAYA/マヤ
日本コロムビア


   
    

「MAYA - 夏をあきらめて」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 アルバム、「She’s Something」(2002リリース、2011復刻リリース)、「Best Of Early Years」(2005)に収録の「Eu Sou Um Piano(私はピアノ)」。


     
She’s Something
Maya
SPACE SHOWER MUSIC(オリジナル:JAZZFREAK)


    
    


    
ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ/Best Of Early Years
MAYA
日本コロムビア


    
    

「MAYA - Eu Sou Um Piano(私はピアノ)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    
     
     

熱中症も怖いですが ・・・

Tags: , ,

DSCN5574
 
さて本日、猛暑の中での山作業は「熱中症」が怖いのであきらめて、手入れをしている山の「ナラ枯れ調査」をすることになった。「ナラ枯れ」は、「松枯れ」とならんで、全国に被害が拡大していて、深刻な問題になっている。「ナラ枯れ」とは、「ナラ菌」というカビの仲間の病原菌と、その病原菌を媒介する「カシノナガキクイムシ」という体長5㎜ほどの昆虫によって、ナラ類、シイ、カシ類の樹木を枯らす「樹木の伝染病」である。

d0128163_18243227
 
ミズナラ、ブナ、コナラ、クヌギなどのナラ類、シイ、アラカシ、シラカシなどのカシ類は、身近な森林を形成している馴染のある樹木であるから、「ナラ枯れ」は身近な自然に係わる怖い問題でもある。「カシノナガキクイムシ」は、病原菌を体内に入れて運び、夏から秋に樹木に無数の穴をあけ、卵を産み付け、翌年の6月にその幼虫が羽化し、また新しい樹木に卵を産み付け ・・・といったことを繰り返すのである。ナラ菌は孔道を伝わって蔓延するため、水分が上がらなくなり、真夏から晩夏にかけ急速に葉が萎れ、茶色や赤茶色に枯れてしまう。1本の木から数万頭が羽化するといわれ、一度罹ると、その森には爆発的に被害が拡がるという。

実は、京都府は全域、兵庫県でも丹波篠山あたりまで被害が拡大しており、この近くの山でも被害が見つかったという報告もあるので、我々の山でも時間の問題かと危惧されていた。早い時期に被害を発見し、拡大しないように、対策うつため、幼虫が羽化した後の被害を発見しやすいこの時期に、目視により被害確認を行おうとするものである。

「ナラ枯れ」は木に水分が上がらないために発症し、「熱中症」も水分不足で熱がこもるため発症する。ナラ枯れ調査の我々が、熱中症になってはシャレにもならないので、十分な水分と塩飴などを持って、調査を開始する。2時間ほど調査を行ったが、我々の受け持ち区域では、幸いなことに被害木は発見できなかった。

森に入ると、緑陰。すっと暑さが和らぎ、尾根に出ると吹き抜ける風に爽快感を覚える。今年初めて聴く蝉の声。やはり梅雨は明けたんだ。山頂近くで見つけた「野いちご」の「赤」が、この日の厳しい暑さを忘れてしまうほど、一際鮮やかであった。
 
午後からは、この暑さにめげずやってきたシニアの里山ウォーキングのグループを案内し、さらにこの暑さで例年より早く熟れてしまった「ヤマモモ(山桃)」の実を、食育イベントのために採集して、この暑い一日を終える。

img_179894_1431231_2
 
「熱中症」も怖いが、もっと怖いらしい「恋の熱中症」に誘う薬は、「惚れ薬、媚薬、ラブ・ポーション/Love Portion」である。「愛の妙薬」という偽の惚れ薬をめぐるオペラを半分眠りながら見たことがありますが ・・・。さて、その昔、1960年ころだったと思うが、「ザ・クローヴァーズ/The Clovers」だったか、「ザ・サーチャーズ/The Searchers」だったかによってヒットした曲に、「ラブ・ポーションno.9/Love Potion No.9」という曲があった。邦題は、「恋の特効薬」、たしか「サザン・オールスターズ」もカバーしていたと思います。いまや「寺嶋レコード」の看板女性ボーカル、「MAYA」もカバー・タイトルのアルバムをコロンビア時代に出しています。ハスキーがかった声で、ジャズ、ラテン、ポップスを自在に歌いこなす小悪魔的な独特の魅力を持つ彼女に、インディ・レーベル時代から魅かれていた。まっ、彼女の振り撒く「ラブ・ポーション」にすっかりやられたのでしょう ・・・。

Love Potion No.9

Maya 松尾明 TAKE TEN フェビアン・レザ・パネ 吉野弘志 岩瀬立飛コロムビアミュージックエンタテインメント

タイトル曲のいいアップがYOUTUBEに見当たらないので、ここはひとつ、「祝!サザン復活」、「夏をあきらめて」と参りましょうか。「LOVE POTION NO.9」、「MAYA BEST」に収録されています。

「MAYA - 夏をあきらめて」
 
        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 
 
 



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.