プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

Posts from — 5月 2009

新聞によれば

新聞によれば、最近の麻生さんは大そうご満悦だとか。最近の世論調査で自民党支持率が少し上向いて来て、特に、誰が首相に相応しいか?という問いに対しては遂に小沢さんから一位の座を取り戻したからだそうな。

それにしても世論はいい加減なものよ。あれだけマスコミも叩き、世論も70%以上が反対していた「定額給付金」が配られた途端、麻生支持率が大いに上がったというのだから。庶民にしてみれば、選挙対策だろうが何だろうが、折角お国が個人にお金をくれると言うのだから「貰わな損そん!いよっ!麻生総理!」という訳だ。自分が納めた税金なのに。

側近達は麻生首相が、調子に乗り過ぎて何か失言をしでかすのではないかと心配しているそうな。

それにしても小沢さん、辞めないねぇ、しぶといねぇ。あの人に全く似合わない涙の会見までやって、いやはや。秘書が逮捕されたのは検察の横暴、政局への不当介入と思っているんだろうね。自陣営の黄門様から潔く辞めよと迫られても辞めない。粘るねぇ。

秘書逮捕直後に小沢さんは代表を降りるべきだと発言したオバサン議員は、折角目立ってたのに、近頃はその役をすっかり他の人に取られてしまったみたいだね。

古くて新しい「政治と金」の問題。その一方の悪の代表とされて来た「ゼネコン」。違法か適法かは素人には分からないので触れないとして、「ゼネコン」から何年にも亘って多額の献金を受けていたこと自体が、相当なイメージ・ダウンだな。

麻生さんにしてみれば、天佑とも言える敵失だ。解散総選挙を任された総理就任以来初めての追い風が吹いた今、だが、どうも解散に打って出る気配が無い。様々な予算措置を打って、もっと世論が自分の味方になってくれてからと考えているのか、このまま9月の総裁選まで行っちゃおうというのか、決断の出来ない人だねぇ。

小沢さんは、これまで常に周りがビックリするような決断の連続で、自民党を野党に突き落としたり自民党と組んだりして、世の中をアッと言わせて来た人だ。僕の見るところ、彼は地位に綿々とするようなつまらない人間じゃないから、解散の流れが見えた瞬間、代表辞任を表明して、民主党の代表選で世論を引き付け、その勢いで総選挙突入を考えていると思うな。それが分かっているから、麻生さんも簡単に「解散!」とは言えない。

そういう意味では、小沢さん、やはり政局の行方を握るキーマンだが、とことん総理の似合わない人でもある。

ただこの見方、以前の小沢さんだったらという条件付きの話で、今回は首相になれるラスト・チャンスと思って執着しているとしたら、それは大いに麻生さんを利する結果になるだろう。

5月 12, 2009   No Comments