プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

最近の車内事情

.  通勤は毎日電車を使っているので車内でのモラルについて、如何かと思うことが度々ある。腹に溜めて置くのも健康に悪いから書いてしまおう。

  満席の車内。優先席のドア側の隅に座って若者(と言ってもサラリーマン風)がスマホのゲームに熱中している。当然優先席は携帯禁止区域である。次の駅で80歳過ぎと思しきお婆さんが杖をつきながらゆっくりゆっくり歩いてその若者の前に立った。

  気付いてか、気付かずにか、彼は相変わらずゲームに熱中している。その時、彼の直ぐ隣のお年寄り(お婆さんよりは若いと思われるお爺さん)がサッと立ち上がって、お婆さんに席を譲った。「これはこれは、ありがとうございます」と言ってお婆さんは若者の隣に座った。

  その間、若者は全く意に介さずゲームをしている。席を替わったお爺さんも、流石に腹がったのか「オイ君! ここは携帯禁止だぞ!」と注意した。若者はジーとお爺さんを睨んだが何も言わず、再びゲームに戻った。

  僕は、彼の直ぐ隣のドアと座席の角に立っていた。この間の成り行きは全て見ていたのだが、注意されたにも関わらず、年寄を立たせたままいい若者が座り続けてゲームをしているこの態度にはかなりムカついた。「ここは優先席だ。君の座る場所じゃない!」と言ってしまった。

  「うっせーんだよ、ジジイ。こんな年寄くせー場所、こっちから願い下げだぁ!」と僕に凄んでスタスタと車両の反対方向に行ってしまった。お婆さんに席を譲ったお年寄りは、僕に「本当に困ったもんですね」と声を掛け一礼して空いた席に座られたのだった。

  大半の若者は、疲れていたり体調が悪くない限り、空いていても優先席は避けるのが普通だから、この若者をして全体がそうだとは思わないが、最近の日本人のモラルは一体どうなっているのかと思ってしまう。

  優先席のことで言えば、問題は決して若者だけではない。60過ぎの人達の中にも、携帯メールを一生懸命に見て、返信している者も多い。車内放送で「優先席付近での携帯電話はご遠慮ください」と流しても全く気にせずメールを続ける人。酷い時は、電話をしている人もいる。

  掛かって来た電話に出て、「今電車の中だから、後で電話する」と言って切るならまだしも、こちらから電話を掛けるのだからとんでもない。

  子供の靴を脱がせないで座席に座らせ、隣の人に靴底が当たっても平気な母親。「ちゃんと真っ直ぐ座りなさい」と言って足を前に揃わせはするが、靴は脱がせない。だからまた直ぐに足を横に投げ出して隣の人に土足が当たる。隣の人も我慢しているから偉い。

  僕が座ってうつらうつらした時足を蹴られた。駅に止まる電車のブレーキで隣の人に少し凭れたらしい。次に途中で電車が減速した時も同じように蹴られた。薄目で隣の人を確認した。若いOLだった。流石に僕はもう眠気が冷めた。次に駅に着く時、もう一度ブレーキの時に少し凭れ掛かってみた。蹴られた。

  眠った僕が悪い。だけど、ブレーキで体重が少し隣の人を押した程度だ。慣性の法則で仕方ないではないか。その都度蹴飛ばすOLの底意地の悪さを感じた。周りに聞こえるような声で言えば、彼女も恥じるだろうと思って「ごめんなさいね、凭れちゃったみたいで。でも3回も蹴飛ばさなくたっていいでしょう? 注意すれば済むんだから」と謝罪とも抗議とも付かない言い方をした。案の定周囲はこちらに注目したのが分かる。

  「ちゃんと座っていて下さい!」かな切り声に近い。3回も蹴飛ばされた上に注意までされてしまった。おお怖! 各々方、座席ではゆめゆめ、まどろみ召さるな!

 

0 comments

コメンはありません。

下記のフォームへの入力が必要となります。

コメント欄