プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

原点回帰

僕と同じ町に住む友人のKに誘われて、近くの有名ゴルフ場の練習場で、レッスン・プロからの指導を受けた。これは、成人の日を含む三連休にのみ行われる新春イベントとして開催されるもののようだ。

生徒は8人限定、1時間半の予定でプロが順番に指導してくれる。僕は28歳の時にゴルフを始めたので、もう40年以上のゴルフ歴となる。だが、これまで一度もプロから教わったことはなかった。

初心者の頃は、それこそゴルフ雑誌を愛読書にして、テレビでプロの試合を見ては、練習場で真似る練習を一生懸命やった。まだ20代だった僕は、身体も柔らかくバネがあったから、少しずつだが目標にした選手のスウィングに近付いて行ったように思う。

少年時代野球を長くやっていたことも幸いして、フルショットでボールを捉えることはかなり自信があった。コンペでも度々ドラコンを獲得した。猛練習の成果もあって、始めて1~2年経つと会社の大勢の先輩達を含めて、上の下くらいにはなったと自負していた。

今じゃ100を切るのに四苦八苦の僕だから誰も信じないが、これは40年も前の自慢話なので、どうかお許しを。兎も角、当時、プロからレッスンを受けたいなどと思ったことは一度も無かった。

それが、40代、50代、60代と10年毎に飛距離が落ちて行き、距離が出ないから、打ち方をああだこうだといろいろ変える。距離を出そうと力むからフォームも崩れてまともに当たらない。そんな悩める神童君の窮状を見て、Kは僕にプロのクリニックを受けることを勧めてくれたのだと思う。

さて、プロのレッスンが始まった。彼は8人の生徒を順番に指導して行く。僕の番が来た。彼は僕のスイングを2~3球じっと見た後、こう言った。「右手は添えるだけ、左手一本で打ちましょう」。

初心者だった頃、まだ野球打ちの癖が治らず、弩スライスを連発していた。それを直すのに左手一本で打つ感覚で練習して弩スライスを克服した経験がある。今はスライスに悩んでいる訳でなく、球が上がらなかったり、引っ掛けたり、トップしたりが多いのだが、プロの「左手一本で打ちましょう」の一言にハッとした。

飛距離が出ず打ち方をいろいろ変えている内に、利き腕(右手)の力で打つようになってしまっていたのだと悟ったからだ。

彼は更に、「アドレスの時から右腕の力は完全に抜きましょう。バック・スウィングは右手でグリップを引き上げるのではなく、左肩と左腕で右に押すイメージです。トップから戻す時、特に右手右腕に力が入っていますね。それは絶対にタブーです」。

「何故右手で打っちゃいけないかと言うと、インパクトよりかなり前にフェースをスクエアにしてボールに当てようとするから、実際のインパクトでは、フェースが閉じたり、かぶったりして、引っ掛けや低い球しか出ません」。

「或いは、手前でスクエアにしたヘッドをインパクトまで維持しようとするから、ヘッド・スピードが落ちて距離も出ません。右手で打つのは左手の良いスイングを邪魔するだけです。右手以外は両足含めて全てに力が入っていても構いませんからね」。

言われたことを守って打ってみる。とても違和感があって(正しいスウィングに違和感って???)直ぐには左手打ちが出来ない。それでも6~7球目に惚れ惚れするような打球が真っ直ぐに飛んで行った。プロは「そうです、そうです。身体の回転と左腕一本で打つことだけを意識して練習してみて下さい」と言って、次の生徒に移って行った。

この日のレッスンは90分間だ。彼は順番に都合3回ずつ生徒の指導に当たってくれた。その3回目の時に僕はある疑問をプロに投げ掛けてみた。「ゴルフ雑誌など読むと、右手の使い方とか、パワーは右手とか書いてあるけど、それって邪道なんですか?」。

プロが答えた。「いや、プロ・ゴルファーやシングル・プレーヤー達は、しっかり身体を鍛えて左腕もしっかりしていますから、右手のパワーを使っても、左サイドの形が崩れません。パワーの足し算になるんです」。

「しかし、アマチュアの殆どは、左サイドの強靭さは持ち合わせていないので、右手で打とうとすると、必ず左手のシンプルなスウィングを壊してしまいます。引き算なのです」。

成程、である。40年前に必死に練習した「左手一本のスウィングよ、もう一度」だ。これぞ本当の原点回帰だ。トンネルの先に微かに明かりが見えた。この打ち方で常時違和感なく打てるようになるには時間が掛かるが、練習でマスターすべき課題が明確になった。Kよ、ありがとうね、貴重な機会を与えてくれて。10年前にこのプロに習って置けば今頃は・・・、なんてね。

3 comments

1 Terry { 01.16.17 at 7:06 pm }

私が受けたレッスンでは一言、立ち方の注意「後ろに重心がある」という注意だけでした。それに比べ、何と適切なアドバイスでしょう。

2 Terry { 01.16.17 at 7:15 pm }

イギリスでは、山で道に迷ったら「ゴルフスイングがわ分からない」と叫べばいいと言われます。必ず誰かが現れるからだそうです。しかし、正解を示してくれるかは?

3 シンドバッド { 01.17.17 at 12:15 pm }

Terryさん、コメントありがとうございます。
長い間に身に付いてしまった悪い癖を直すのは、簡単ではないですね。意識している時はそれなりでも、それを忘れて「よーし」と力一杯打ってしまう時は、元に戻って酷いことに。技術だけでなく、冷静な心・平常心を養う必要もありそうです。

コメント欄