プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

スマホを洗濯しちゃった(1)

スマホをズボンのポケットに入れたまま洗濯物入れに入れたらしい。僕が。カミサンはそうとは知らず、そのまま洗濯機を回したら、洗濯槽がカタカタと音がするので、変だと思って、一旦洗濯機を止めて中を改めた。

そしたら、僕のズボンからスマホが出て来たと言う。僕を直ぐ呼んだ。「これ! 洗濯しちゃったでしょ! もう!」と言って濡れたスマホ渡すのであった。「えーっ!?」と驚く僕。スマホ画面の左上が、薄い明かりが差し込んだように微かに光っている。もうこりゃダメだなと悟りながらも、ティッシュで一生懸命拭く。

電源を入れてみる。ウンともスンとも言わない。あーぁ。内部のショートで一巻の終りだなと覚悟した。無駄と分かっていても、またスマホを拭いて何度も電源をいれてみるのだった。この気持ち、わかる? 割れたお皿を手でくっつけようとするのと同じ。

前の晩は川柳の会で、その後は恒例の飲み会だった。カミサンには「酔っ払って帰って来るから、こんなことになるのよ」と責められたが、僕は僕で、ズボンにスマホを入れたまま洗濯物として出したのは確かに僕だけど、それを洗濯しちゃったのはお前だろう、と思っても絶対に言わない(笑)。

それよりも、スマホが使えないと誰とも連絡出来なくなることに大きな焦燥感が襲った。電話番号やメールアドレスは全部スマホの中だ。昔のように皆の電話番号をノートに書き留めている訳ではない。更に悪いことにPCも故障しているので、誰とも連絡が出来ず、「外界との完全遮断」という深刻な事態に頭を抱える。

仕方ない、取り敢えず、auショップに行こう。朝10時の開店に合わせて店に飛び込んだ。事情を話すと係員はiPhonの修理はここでは出来ないので、八王子のApple修理受付カウンターに行くように地図を渡された。

その指示に従って、20分後、八王子駅ビルの中にある修理受付カウンターに到着。午前中なのに結構混んでいる。係員から必要事項の記入用紙を渡される。住所氏名電話番号を記入し、次の欄。「破損」か「水没」かのどちらかに丸せよという。「水没」に丸印する。破損の場合は更に細かく記入を要するようだが、「水没」は記入が簡単だった。

それを提出した後、順番が来るまで何人か待たされ、やっと係員が僕の所に来たので、受付けてくれるのかなと思ったら、彼は事前の聞き取り確認だと言う。僕のスマホの管理データ(Apple社側の顧客データ)を確認して、「水没は新しいスマホに取り換えることになります」と仰る。それはそうだろうと僕も思う。

係員は、PCで僕の管理データを見て、「保証が2月末まで付いているので、交換のスマホ代は掛かりませんが、作業料・手数料として7,800円掛かります」と言う。この場合、幾ら掛かろうが、早く復旧して欲しいというのが本音。

ただ参考のために聞いてみた。「保証が切ていたら新しいスマホ代は幾らなんですか?」。「はい、これと全く同じものですと34,000円です。手数料含めて41,800になります」「あっそう」。

要するに、スマホの洗濯があと1ヶ月遅かったら、41,800円掛かったということだ。今日、洗濯したのはとても幸運だったのだ(笑)。

そして係員が言う。「神童様のスマホは紛失時GPSで探す設定になっていますので、それを解除しないと交換が出来ないんです。このPCから解除できますので、Apple ID とPW を入力してください」。

おっとー。そんなの覚えてねーよ。au ID とは別に Apple ID があるのは知っていたが、購入以来使ったことのない ID だから困った。

係員は、途方に暮れる僕に「修理カウンターの受付は予約制なので、午後3時以降になってしまいますが3時で良いですか?」と聞く。「OK」と答えたものの、今11時だから4時間もある。普通だと「何でそんなに待たされるのだ」と文句の一つも言いたくなるところだが、それまでに何らかの方法でIDを思い出してくださいと言われ、素直に納得。

係員はAppleのコールセンターの番号を教えてくれた。そこに電話して、購入時に、ペット名やら車名・上司名など、3つのヒントを登録してある筈なので、2つ以上答えられれば、ID を教えてくれるとのことだった。それとても微かな記憶があるものの、不確か以外の何ものでもない。

一旦、僕は店を出た。何か良い方法はないかと必死に考えた。その時閃いた。au ID はメールアドレスをそのまま ID にしているから、きっとApple ID も同様の筈だと。 PWはいつも同じにしているから多分大丈夫。

ところが、自分の携帯メルアドなんか覚えていないし、スマホが使えないからメルアドを確認することも出来ない。誰かに電話して僕のメルアドを教えて貰おうと思い、財布の中に自分の会社の名刺が入っていることを思い出した。会社に電話して聞こう。

 

2 comments

1 carmenc { 02.02.17 at 11:10 pm }

大変だあ!
水没しましたか…
IDなんて覚えてないですよね。
何種類かのメルアドも微妙に変えてたりしてたり…
咄嗟になんて思い出せません。焦れば焦る程頭真っ白になります。
地獄のときですね

2 シンドバッド { 02.06.17 at 11:11 am }

carmenc さん、スマホとPCの両方が使えなくなると、世の中から完全に遮断されてしまうあの感覚は、初めての経験でした。携帯の時代になって、手帳に相手の番号を記入しなくなり、誰にも連絡出来なくなる大きなリスクが存在することを嫌という程味合わいました。やっぱり、洗濯しちゃダメですよねぇ。はい。

コメント欄