プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

Birthday Live

                              Photo by Matsumoto

.                     Photo by Matsumoto

 

先日、「のどごし生バンド」は、いつもの通り、横浜・新子安の「グレコ」でライブを行った。「グレコ」でのライブはこの日で26回目となるが、僕ら「のどごし生バンド」にとっては、特別なライブであった。

今年は酉年だが、一周り前の酉年の2月にバンドを結成したので、この日は丁度バンドの12回目の誕生日となるのだ。12年前もこの7人で立ち上げ、今も全く同じ7人で活動が出来ていることが何とも嬉しいではないか。最低あと8年は続けて20周年は迎えたいもの。

12年前は7人とも、それはそれは若かった。フッ君や38階佐藤さんやアンディ―は何せ40代だったのだから。サンシャイン大木も浜ちゃんも中保さんも50歳を過ぎたばかり。最年長の僕だって、確か40代後半だった。とう年取ってだけど・・・。それが今じゃアンディ―以外全員60代だからねぇ。えっ! 僕? 勿論60代ですよ、あと1週間だけど。

この12年間を振り返ればいろんなことがあったなぁ。大木先生が「グレコ」を開店してからこの5年間は、「のどごし生バンド」は、あたかも「グレコ」の所属バンドの如く、隔月定期ライブをさせて貰っているが、それ以前は結構あちこちに出演していた。例えば、NHKホール、例えば東京国際フォーラム、よみうりホール、或いは、日比谷野音や初台のオペラシティ―など。

勿論、それらは僕らが主役ではなくて、「C&S」というプロ2人組のバックバンドとして出演したんだけどね。でも、他のバンドからは、アマチュア・バンドがどうしてそんな凄い場所に立てるのかとビックリされる。「のどごし生バンド」は、実力はさて置き、これまでに立ったホールは超一流なのだ。

各地への演奏旅行も楽しかったなぁ。沖縄・福岡・名古屋・長野。それもこれも、「C&S」とは身内のような付き合いをして、常に行動を共にしていたからこんな貴重な経験が出来たのである。現在、メンバーの間で当時のことは話題にこそならないが、これらの体験について、今も皆んな「C&S」には感謝していると思う。

しかし、そんな「C&S」の世界から「のどごし生バンド」が卒業する時が来た。徐々に、「C&S」と「のどごし生バンド」の間に、活動を巡って意見の違いが生じ始め、遂に、僕らは独立することにしたのであった。6年半前のことだ。

独立後、銀座タクトやブルースアレイと言った都内有数のライブハウスでのライブでも、少しも気後れせず、図々しくステージ上でまず自分達が楽しんじゃう、いつもの「のどごし生バンド」を出せたのも、以前の経験が生きていたからだろうと思う。

さて、この日のライブ。前日に38階佐藤さんから「38℃を超える熱があるので、ライブを欠席させて欲しい」との連絡が来た。残念だが仕方ない。「のどごし生バンド」のBirthday Liveは、佐藤さん抜きでも出来る曲目に急遽変えて当日のライブに臨むことにした。

前回のライブ(2016年12月)で、遠くから来てくれた来場者から、帰りの時間が気になるので、もう少し早めに初めて早めに終わって欲しい、との意見があったので、いつもより開演時刻を30分早めて、6時開場(これはいつもと同じ)、6時半開演(いつもは7時)とした。

そのせいか、6時から6時20分の間に来場予定の9割方の人々が揃ってくれた。いつもは6時半でも5割なのに。皆さんやはり開演時刻を意識して集まって来られるのが良く分かる。

この日は、僕の高校同期が3人来てくれた。O、M、Yの3人だ。彼らが来てくれて、会場は丁度満席状態となった。Yは高校同期のバンドで一緒だったから、過去にも数回来てくれているが、OとMは初めだ。特にMは事前連絡もなくいきなり現れたから、僕がビックリした。

と言うのも、Mはある合唱団に属していて、オーストリアやドイツの有名ホールで毎年のように歌っている声楽家なのだ。彼のような専門家に来られると、なんちゃってドラマーとしては緊張せざるを得ない。しかしまぁ、緊張しても、いつもより上手くなる訳じゃないので、緊張するのは止めたけどね。

でも、3人よく来てくれたね。ありがとう。他にもアンディーが新しいお客様を3人呼んでくれたし、これまた初めての僕の後輩が友人と共に来てくれて、常連のお客様を含めてとても暖かい雰囲気の中、思いっ切りライブを行うことが出来た。初めてのお客様の評判も頗る良く、次回もまた参加してくれるとのことだ。

特に、Mから「仙台でプロと一緒にディナーショーをやったというドラムの腕前に嘘はなかったな」とお褒めに預かったのは流石に嬉しかった。

             Photo by Matsumoto 

.               Photo by Matsumoto

 

【セットリスト】

 

第一部    (6:40~7:20)

1. マイアミビーチ・ルンバ

2. この胸のときめきを

3. ラブ

4. 鈴懸の径

5.  シェルブールの雨傘

6.  イマジン

7. アンチェイン・マイ・ハート

8. 時空の風に

 

第二部  (7:40~8:00)

      K&B   4曲

 

第三部  (8:15~9:00)

1. 朝日のようにさわやかに

2. 嘘は罪

3. バードランドの子守歌

4.  ファイブ・スポット・アフター・ダーク 

5. ユー・ビー・ソー・ナイス~

6. キリング・ミー・ソフトリー

7. 素直になれなくて

8. センチメンタル・ジャーニー

 

e. ハウンド・ドッグ

             Photo by Matsumoto 

.           Photo by Matsumoto

 

0 comments

コメンはありません。

下記のフォームへの入力が必要となります。

コメント欄