プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

Posts from — 1月 2018

13周年記念

今年最初のライブのお知らせです。

「のどごし生バンド」は、皆様のお蔭をもちまして、2月に結成
13周年を迎えます。

つきましては、ゲストバンドをお呼びして、いつものライブとは
違う形で一味違う音楽を、皆様にお楽しみ頂きたと思います。

皆様のお越しをお待ちしております。

なお、「のどごし生バンド」は、結成当時より平均13歳も歳を
重ねておりますが、まだまだ青春はこれからの心で20周年を
目指して頑張りますので、どうか宜しくお願い致します。

.              記

日時  2月17日(土)、18:00開場、18:30開演、21:15終演
場所  「グレコ」 横浜市神奈川区新子安
.                            JR・京急 「新子安駅」徒歩4分
出演  のどごし生バンド、OGsounds、K&B
料金  無料 但し、飲食は店のメニューの通り

詳細は下記案内チラシをご覧ください。

注)
ゲストバンドのOGsounds(Old Generation Sounds 日本名:お爺
さんず)は、僕の出身会社のロック・バンドです。
親友のK君がアダモの「雪が降る」を歌います。乞うご期待。

2018.02.17 グレコ ライブ チラシ

1月 21, 2018   No Comments

珍しい新年会

IMG_1230

今夜は、上野の森の中にある「韻松亭」という高級料亭で、若き頃大規模
システムの共同開発で苦楽を共にしたN総研のメンバーと、D火災のシス
テム・メンバーとで新年会を開催した。
18時に会場に駆け付けたときは、上野の森は真っ暗。それでも、桜並木
を模したイルミネーションが綺麗に輝いていた。

IMG_1235

IMG_1236

当日体調を崩して来れなかった人もいたが、同じ釜の飯を食った懐かしい
メンバーと昔話や近況報告で盛り上がり、何とも楽しいひと時を過ごすこ
とが出来た。


DSC_0690

次回の再開を約束して解散するまで、3時間があっという間に過ぎたので
あった。

IMG_1233

1月 12, 2018   No Comments

ある新年会

IMG_1200

正月の3日、地元の鉄板居酒屋(マスターは鉄板バルと言うが)「ぼんのてい」の新年会に招待されて参加した。招待と言っても会費制ではあるが。午後3時からと言われていたのだが、娘と息子夫婦&孫娘2人が午前中から我が家に集まっていたこともあり、少々出遅れて30分ほど遅刻した。

既に新年会は始まっていたが、まだ人数は5人ほどで、聞けば夕方から来る人が多いとのことだ。いろいろな新潟のお酒が並んでいて飲み放題らしい。一升瓶大のワインもある。更に、様々なオードブルが皿の上に小分けされたものが一人一人に出された。その中の一つは、何と煮汁のアワビではないか。

マスターに聞いた。「これ山梨のアワビだよねぇ?」。「そうです。良くご存知ですねぇ」とマスター。それを聞いていたホーさんが「山梨のアワビって何よ? 海無いじゃん」と来た。こうやって食い付いて来てくれるからホーさん大好き。

直ぐにマスターが答えようとするから、それを制して、「それがね、山梨でも獲れるの。それも海じゃなくて山でね」と真面目に答える。「え~???」とホーさん。「木になったのをもいで獲るの」と冗談顔で答える。流石はホーさん「嘘でしょ」。「はい、嘘です」。

IMG_1202

そこで、山梨のアワビの由来を簡単に説明した。戦国時代に遡る。当時、甲斐の武田信玄と駿府の今川義元は同盟関係にあった。両家は交誼の証として、甲斐からは山の幸を、駿府からは海の幸を運んだ。

ところが、山の幸と違って海の幸は日持ちがしない。何日も掛けて甲斐に届けるためアワビは煮汁に入れて運んだ。それが甲府につく頃には、程よい加減に味の滲みた保存の効くアワビになったという訳だ。

今も甲府駅周辺の土産物店では、この山梨のアワビを1つ7千円から1万円くらいで売っている筈だ。高いけど、ほうとう料理の王様だから一度はご賞味あれ。これまで港町でアワビを刺身や踊り焼きで食べたことはあるが、正直、僕はこの山梨産のアワビが一番好きかも知れない。酒の肴にはもう最高なのである。

IMG_1199

そのオードブルの後も続々と鉄板料理が出され、メインディッシュの柔らかいジューシーなステーキで腹づつみ。食べきれないくらいだった。マスターのギター演奏もあり、常連客への感謝のイベントとは聞いていたものの、とても満足感、否、幸せ感一杯のおもてなしだった。

IMG_1203

1月 9, 2018   No Comments