プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

時代おくれ

何故か今頃になって、河島英五の歌が心に沁みるようになった。早逝した彼が残した「酒と泪と男と女」「野風増」「時代おくれ」「てんびんばかり」等々名曲が数多くある。しかし僕は、河島英五の現役時代は全く知らないし、興味もなかった。仕事仕事に明け暮れていた最も多忙な時期だったからだろう。ただ、カラオケで誰かが「酒と泪と男と女」を歌ったから、聞いたことがあるという程度の認識だった。

それが、数年前から河島英五を聞きたいと思うことが多くなり、YouTubeで聞いたりカラオケで歌うようになって行ったのだから、自分でも不思議なのだ。世界で一番遅れてやって来た河島英五ファンとでも言おうか。

そんな彼の曲の中で、僕は「時代おくれ」がダントツに好きなのだ。恥ずかしながら、当時のニューミュージックのシンガーが全てそうだったように、彼の歌う曲も全部本人の作詞作曲だと思っていたが違った。勿論、彼はシンガー・ソングライターだから、自作の曲が多いのは当たり前なのだが、僕のお気に入りの「時代おくれ」は、阿久悠作詞、森田公一作曲なのだ。

阿久悠が河島英五に詩を提供していたことにも驚いたが、あの「青春時代」を歌っている森田公一が作曲した歌だったとは。まっ、誰の作った曲であれ、良いものは良い。流石は阿久悠! 何故この曲に惹かれたのかと、改めて詩を見てみた。答えはうしろの方にあった。

 

.   時代おくれ

.               唄   川島英五
.               作詞  阿久悠
.               作曲  森田公一

一日二杯の酒を飲み
さかなは特にこだわらず
マイクが来たなら 微笑んで
十八番を一つ 歌うだけ

妻には涙を見せないで
子供に愚痴をきかせずに
男の嘆きは ほろ酔いで
酒場の隅に置いて行く

目立たぬように はしゃがぬように
似合わぬことは 無理をせず
人の心を見つめつづける
時代おくれの男になりたい

.    (間奏)

不器用だけれど しらけずに
純粋だけど 野暮じゃなく
上手なお酒を飲みながら
一年一度 酔っぱらう

昔の友には やさしくて
変わらぬ友と信じ込み
あれこれ仕事もあるくせに
自分のことは後にする

ねたまぬように あせらぬように
飾った世界に流されず
好きな誰かを思いつづける
時代おくれの男になりたい

 

2 comments

1 carmenc { 01.20.20 at 9:37 pm }

お久しぶりです。
今月でクローズになるんですね
以前使っていたiMacが壊れて神道さんのブログを見失っていました
間に合って良かったです
今日先ほど二代目SのサイドギターOさん初代Sのドラムさんのブログを見失ったとメールに書いたら2代目AのYさんに教わって私に知らせてくださり、こちらに伺えました
このつながり、大屋地さんや神道さんのお陰です
ありがとうございました
大屋地さんに行き着いた二代目AのYさんがそこからcarmencの所にいらしてこんなすばらしい事になりました
今月10日に二代目SのOさん、Kさん、二代目AのYさん、ハワイアンのSさんと私と5人が会いました
ブログを通して再会、ホントに考えてもなかったですし、夢のようで信じられないです
その時のことを記事にしておりますので良かったら見てくださいませ
amazing!!奇跡の夜…*R.Stones & Beatles & Righteous Brothers & R.Charls
https://saramartin.blog.fc2.com/blog-entry-4772.html

そして長い間ブログをつづけられておつかれさまでした

2 シンドバッド { 01.22.20 at 11:37 am }

Carmencさん、最後のコメントありがとうございました。
貴女の「奇跡の夜」読みました。素晴らしいことが起きましたね。
何だか私まで、あの頃に引き戻された気分です。日の出会館のダンパには数え切れないくらい出演しましたね。それで授業料払ったり(笑)。
2代目sが引き継いでくれたお陰で、今もsは続いてくれているようで。ありがたいことです。
14年続けて来たブログですが、この1〜2年はネタ切れで投稿もままならず、遂に終了しますが、ライブ活動は、続けて行くつもりです。
そちらの模様は、フェースブックに載せますので、よかったら覗いてみて下さい。
FBのハンドルネームは「村山浩司」です。

コメント欄